波紋

一人の人間をめぐって様々な人間関係が引き起こす波紋の様子を描いている

思い付くままに   「一年を顧みて」

2016-12-28 10:46:27 | Weblog
間もなく今年も終わる。年末というほどの感慨もないが区切りの時間として考えてみると、さまざまなことが思い浮かぶ。事象現象を取り上げるつもりはないが、やはり大事な事はいかにこの一年の時間をどんな思いで何が出来たかということである。そして二度と還らないこの尊い時間をどれだけ悔いを残さないで(充足感)過ごしてくることが出来たかを考えざるを得ない。
残念ながらそれは満足感の得られるものではなく、むしろ罪悪感と後悔
一年であったといわざるをえないのだが、それは偽らざる気持ちであり、反省でもある。
その中にあってこの一年を顧みるとき、まず健康を持って過ごせた事を感謝せざるを得ない。それはまだこの世にあって、為さなければならないことがあることを思わせられるし、それが何であるか(悔い改め)をしっかり見つめなおさなければならない。
そして私を取り巻く人間関係に対する(友)への「愛」について何処まで果たしえているかを考えるときでもある。人間は罪を犯しながら生きている存在である。その罪をどれだけ意識して
その贖罪の念を持ちながら生きることができるかという事は大事だな事と考えている。
それは若いときには自己中心でしか考えて生きてくることができなかった事への回生でもある。
こうして全てを為し終えてその人生を終わらんとするときにこそ、その思いを強くもって
残る人生の時間を大切にしたいと思うからである。
「友のために自分の命をなくす事ほど大きな愛はない」とは聖書の言葉であるが、私もまたこのような小さな片隅に生きていながら何が出来るかを考えつつ生きている。
先日クリスマスに民生委員の人が中学生の子供たちとお祝いのプレゼントの花を持って訪ねてくれた。私はこの喜びに応えることに僅かな「飲み物」を用意した。こんな気持ちになれることで
小さな交わりを持つことが出来たし、頂き物を近所の人へおすそ分けできた事も嬉しかった。
一日、一日は誰の目にも留まらず、静かに過ぎていくが、その中にあってどんなに小さく僅かな事でもその「愛」に応える事のできる人生を来年も持つことが出来ればとささやかに考えている。




















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  足跡   ... | トップ |  足跡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事