ゆったりと写真を楽しむ。

どんなジャンルにも挑戦しています。
舞台撮影の他、動物・祭り・スナップ・乗り物・風景と幅広く挑戦しています。

虫メガネレンズ

2017-06-19 15:32:59 | 昆虫
20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1一眼レフカメラ用[中一光学]を使える素材を探していたところ、
小さな2mmにも満たないアリの巣を見つけました。図鑑で調べますとコツノアリと言う蟻だと判明。
よし、これを撮ってやろうと手持ちで試してみましたが話になりません。
動いているアリを撮るのは至難の業、ましてマニュアルピントでしか合わせれません。
段ボールで置きピンで撮れる距離を想定して箱型固定できる物を作って再度挑戦。
モニターを見ながらの撮影、一瞬の間に通り過ぎてしまいますので慣れる必要があります。
これがコツノアリの頭です。

偶然撮れたのですが、巣に運ぶ葉切れの中に潜む蜘蛛の鋭い爪!この後どうなったのかは判りません・・・・。

小さな巣穴から土を運び出す働きアリです。

これも石を運ぶアリですが、1mm~2mmなので石とは言えない小ささです。

全体の写真ですがこのレンズ、被写界深度が浅すぎて全体にピンが来ることはありません。

アリの巣から出てきたところを撮影しましたが、ほんと難しいです。

メルヘンチックなアリの写真をご覧ください。ロシアの写真家アンドレイ・パブロフ氏の作品です。
http://www.youbaokang.com/odai/2144816261031012901


『愛知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | アオスジアゲハのはばたき飛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。