最新の情報

個人の考えで情報に対して意見を発表する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世襲を批判すれば反発を招くようにしたのは、一体誰なんだ。

 | Weblog
争点隠し支持訴え=小泉と横粂、世襲に触れず-神奈川11区【09衆院選】(時事通信) - goo ニュース  チョウチン持ちを全く抵抗なくやっている筆芸者自身ではないのか。この半世紀以上、それが当然の風潮であったが。それも、この選挙が終るまで続くのではないか。いや、まだ当分は続く、そんなに簡単に代えられるものではない。

 こうやって世襲をいかにも批判しているようだが、この爺も締めくくりは相手を批判している。書く記事の汚い事、読みたくはない。ウエブサイトでも見ただけで、読んだとカウントされるのだろうから、開けてもいない。

 だから近頃はどんな書き方をしているのか、全く分からない。その方が精神的に負担にならないので助かる。読んだってしょうがない、書いてゼニにしているのに誤植、誤字の多い事、落ちたものである。

 読者諸兄に言いたい。中立、公平の公器はすでに日本には存在しないという事である。毎月、身銭を切って取っておられる方は考え直すべきだ。要らぬお世話、と言わればそれまでだがドブに捨てている事をお忘れなく。
 
 ロシア、中国の公開度が非常に低いと、何時も書いているが、都合の悪いものは記事にしない筆芸者の方がもっと悪質である。選挙期間中は自粛すべし、と為っているのでこれ以上は書かないが、もっと目を大きく見開いて国内、国外をじっくりと見る事だ。

 お人好が過ぎます。ウマイ汁を吸われているのも気が付かないのだから、好い気なもんである。米国のユダヤ人、近隣の政治家、軍人が大笑いをしているのを知っておくべきです。

  怒り心頭の69歳。
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己主張できる日本人は居な... | トップ | ナメている米要人。ナメられ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事