MOVIE KINGDOM Ⅱ

映画に関する話題やライブ&イベント、ローカルなグルメ情報など色々話題を広げて行きます ポイントは★~★★★★★★(満点)

No.104 「キック・アス」 (2010年 117分 シネスコ)

2010-12-30 00:03:47 | 2010年劇場鑑賞
監督 マシュー・ヴォーン
主演 アーロン・ジョンソン   
   クロエ・グレース・モレッツ
   ニコラス・ケイジ



以前から何かと一部で話題になっていたこの映画。
梅田のそれも単館でしか上映していないので見るチャンスが限られていたんですが晴れて年末ぎりぎりに鑑賞が間に合いました
そして見た感想を一言で言えば時間無理してでも梅田に出てきたかいがあったて言う事ですね~

(あらすじ)

コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。
何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で一躍有名になってしまう。



オタクで何の取り柄もなく、女子にも持てないし話ベタ・・・そんなボンクラ男子の象徴のような主人公がヒーローに憧れ、ネットで調達したスーツで悪党退治に出るもボコボコにされ瀕死の重傷!
ヒーローになりたい・・・男子なら一度は憧れる願望をこの映画は見せてくれます(「ゼブラーマン」もそう言う映画でしたね)
またコスチュームのカッコ悪さとドン臭い行動が上手くマッチしてます(笑)
でもひょんな事からユーチューブでその行動が流されて一躍時の人になってしまうのは、まさに現代的ですね。

でもこの映画の事実上の主役はそんなボンクラ男子のデイヴ=キックアスではなく、そんな彼を救ったビックダディとその娘ヒットガール!
特にヒットガールの11歳の少女にしてはお下品にも「このオ○○コ野郎!」と毒つきながら悪党をバッサリと切り捨てるカッコよさは今年度のベストガール決定!
この久しぶりに感じるこの作品の爽快感というかカタルシスは全てこのヒットガールのおかげ!
大人相手にまるで舞踊るかのような華麗な動きでバッタバッタと打ちのめすカッコよさ、また暗視ゴーグルを付けて暗闇の中で悪党を片づけるシーンもスッキリ爽快!



ニコラス・ケイジ扮するビックダディはバットマンそっくりのコスチュームで、こちらはまさにそのバットマンのごとくの見事な活躍を見せるが、妻を殺された復讐のため娘を幼少の頃から殺人マシーンに育て上げた、ある意味罪な父親・・・と思ってしまった(でもそれも宿命でしょ・・・で片づけてしまおう)

そして肝心(?)の主人公キックアスは人気が高じて憧れの彼女もGET出来て有頂天!
でも相変わらずのヒーロー活動のダメっぷりに、これでいいのか?!と思わせるが、これが涙なくしては見れない?クライマックスの感動への布石へとなっていきます。

旅行鞄に武器をしこたま忍ばせて、最初は可愛らしい11歳の少女として悪党のアジトに乗りこんでいく(バックに流れるエンニオ・モリコーネの「さすらいの口笛」がまた見る者の闘争心に火を付ける(アラフォー男子限定?)シーンのヒットガールのカッコよさ、チョンユンファばりの銃の乱れ打ち!にさらにアクロバティックな動きでゴロツキどもをアッと言う間に成敗してしまうそのスタイリッシュさがたまりません!
キックアスもラストは拍手喝采の大活躍も見せるし、こんなに見る者をエキサイティングな気分にさせる作品は最近無かったな~単館系でしか公開してないのがホント残念です。



おバカなヒーローコメディながらもスタイリッシュでバイオレンスな場面を随所に畳みかけ、定番のイケてないボンクラ野郎たちも出てきて、カワイイお姉ちゃんもヒロインとして出てくる・・・そして悪党は徹底的に悪く(マーク・ストロングが憎たらしく好演)、その分ラストはスッキリ爽快・・・
私の理想とする娯楽映画の要素がギッシリ詰まった久しぶりにもう一度見たいと思わせるまさに本年度最高の後味のいい映画だった。



★★★★★★ 2010.12.27(月) テアトル梅田1 21:00 B-3





ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.103 「キス&キル」 (2... | トップ | No.105 「トロン:レガシー(I... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (日本インターネット映画大賞)
2010-12-30 03:44:52
突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
遅れてきた傑作 (ゾンビマン)
2010-12-30 12:14:19
キングさんの仰る通りですね。「キック・アス」は今年最も遅れてきた傑作でした。
なぜこの作品が単館公開なのか理解に苦しみますよね。
今年一番、劇場内が熱気に包まれ、一番ウケてた作品でした。
ニコラス・ケイジのヘナチョコ演技と死にっぷりも最高に良かったですね。

いつも見て思うんですが、キングさんって、スクリーンに向かって左前方の席がお好きですね(笑)・・・。
ゾンビマンさん (キング)
2011-01-01 01:15:35
あけましておめでとうございます

キックアスはたしかに前評判通り素晴らしい作品でしたね

座席の件・・・そうそう(笑)おっしゃる通り何故か左サイドを取ってしまうんですね~
好きって訳ではないんですがね~自分でも気が付いてました

今年もよろしくお願いします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
キック・アス (だらだら無気力ブログ)
『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの 執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。 スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が 思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードな...
キック・アス / Kick-Ass  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
「キック アス」R指定?過激なオタクアクションムービー (ノルウェー暮らし・イン・London)
コスプレ好きなオタクが、頑張って本物のヒーローに成長していく、ほのぼのコメディだと思ったら大間違い! こーれは、面白いよ♪ でもアメコミヒーローいっぱい出てきて、子供と楽しめる?と思っちゃいけない。 さまざまな国でR指定になった、過激なアクションムービ...
『キック・アス』 あなたが戦わない理由は? (映画のブログ)
 Wikipediaに "Japan is the only country that nears the US in output of superheroes." と解説されているように、おそらく世界でもスーパーヒーローを輩出している大国は日米2ヶ国である。  しかしなが...
キック・アス (映画的・絵画的・音楽的)
 『キック・アス』をシネセゾン渋谷で見てきました。  先だっては、恵比寿ガーデンシネマの閉館が報道されましたが、今度はこの映画館も2月27日で閉館の予定だとか。26年間も続いたようで(ガーデンシネマは17年)、最近では『森崎書店の日々』、『恋愛戯曲』、『悪夢....
[遅ればせながら、映画『キック・アス』を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いやはや、素晴らしいですね。  何が良いって、<ヒットガール>ですよね!  私、今年の<ナカデミー賞>は、この娘以外には考えられないほど夢中になりました。  まだまだチンクシャ顔の11歳の女の子ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)です。      ...
『キック・アス』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 キック・アス 』 (2010)  監  督 :マシュー・ヴォーンキャスト :アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロン...
キック・アス (Kick-Ass) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル...
キック・アス (RISING STEEL)
キック・アス / KICK-ASS 2010年 アメリカ/イギリス合作映画 監督・製作・脚本:マシュー・ヴォーン 製作:ブラッド・ピット  クリス・サイキエル  アダム・ボーリング 原作:マーク・ミラー...
キック・アス (C'est joli~ここちいい毎日を~)
キック・アス'10:イギリス+アメリカ◆原題:KICK-ASS◆監督:マシュー・ボーン「スターダスト」◆出演:アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ ...
マシュー・ボーン監督 「キック・アス」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
今、公開されている「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の監督が昨年撮った映画 雑誌・映画秘宝でベスト1として紹介されていました。 全然知りませんでした。 いったいとんな映画なんだろうか? 「X-MEN」も気になるところですが、まずは先にこの映画...