MOVIE KINGDOM Ⅱ

映画に関する話題やライブ&イベント、ローカルなグルメ情報など色々話題を広げて行きます ポイントは★~★★★★★★(満点)

No.131 「アバター 」(3D版) (2009年 162分 シネスコ)

2009-12-30 00:05:41 | 2009年劇場鑑賞
監督 ジェームズ・キャメロン
出演 サム・ワーシントン
   ゾーイ・サルダナ
   シガーニー・ウィーヴァー



引き続きなんばパークスシネマでの鑑賞・・・なんか最近ここ多いな~
合いも変わらずとどまる勢い知らずの「ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD」!
またしてもロビーは大混雑ですね~ほとんどは「ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD」目当てです。
またコミック0巻をもらう行列が出来ております・・・そんな行列を尻目に私が向かったのは話題作「アバター」の3D版を上映してるスクリーンです。

(あらすじ)

下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。
彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。
慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。



予告を初めて見たとき、たしかに凄いと思ったが正直ほとんどCGアニメーションなんだから何だって出来るがな・・・と、それほど期待もしなかったんです。
でも公開が近づくにしたがって色んな映像も公開され少し期待が高まり、どうせなら3D版で見ようと思いました。
そして見た「アバター」3D版は・・・凄い映像でした。

ジェームズ・キャメロン監督が元々3Dの積もりで撮影してるだけに、まさに3Dを想定した画面構成は白々しい3Dを意識した演出もなく、自然と3D映像と違和感なく一場面一場面が3Dと合致しています。
この作品は2Dより3Dで見ることを絶対お勧めしますね(IMAX3Dはもっと凄いようだが)
公開されてるのは2Dがメインで3Dは限られた劇場のみのようだが、正直本来は逆であるべきなんでしょうね~
2Dではここまでの感動は無いかも知れないと思います。



森の中のシーンの奥行き感や森の妖精のような発光体の浮遊感は3Dならではの効果が出てるし、クライマックスのバトルはまさにライド感溢れる”鑑賞”というより”体験”に近い気分になります。
最近みた「カールじいさんの空飛ぶ家」の3D版とはまったく異なった感覚でした。

ストーリーもSFでありながら環境破壊と先住民族への侵略が連想され、まるで今の現代を現してるかのような重いテーマとなってます。
一番愚かなのが人間・・・それに気づいた主人公ジェイクがアバターとしてナヴィ族側に付いて戦おうとする気持ちもわからないでもない。
でもそんなテーマを二の次にしてしまう3Dによる革命的な映像を是非見ていただきたいです。
今後もしかしたら過去の作品(「スター・ウォーズ」「エイリアン」「ジュラシックパークなど」)が3Dに変換され上映される日が来るかも・・・?
そんな予感をさせるほどの可能性に満ちた映像でした。



☆☆☆☆ 12.28(月) なんばパークスシネマ シアター6 20:10 C-17

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.130 「パブリック・エネ... | トップ | No.132 「アンヴィル!夢を諦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2009年劇場鑑賞」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アバター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採...
アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す (労組書記長社労士のブログ)
【1】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを今年からで貯め直したかったために、封切りしてからも年が変わるのを待っていた「アバター」を...
アバター IMAX-3D/サム・ワーシントン、シガーニー・ウィーヴァー (カノンな日々)
指定席も発売初日にゲットして公開されるのをとても楽しみに待っていました。XPANDでの3D予告編も観ましたけど、IMAXは鑑賞環境というかシステムそのものが根本的に違うんだなァということがとてもよくわかってこれは絶対にIMAXシアターで観ようと決めてたんですよね。 ...
アバター (だらだら無気力ブログ)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の...
アバター (Movies 1-800)
Avatar (2009年) 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーブン・ラング、シガーニー・ウィーバー 惑星パンドラを舞台に、人間と先住民ナヴィとの戦争を描くSFアクション映画で、パンドラに眠る貴重な鉱物資源を狙う企業に雇...
「アバター」★★★★ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラングほか 2154年、地球は自然破壊が進行して荒廃し、破綻の一路をたどっていた...
あなたが見える~『アバター』 (真紅のthinkingdays)
 AVATAR  未来。車椅子の元海兵隊員ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、事故死し た双子の兄の代わりに惑星パンドラへと向か...
アバター (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月23日(水) 20:50~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(3Dレイトショー料金) パンフレット:未確認 『アバター』公式サイト ストーリーは凡庸で捻り無く一直線。 これは豪華映像を楽しむ映画。 CGらしさを感じさせない見事なCGは、歴史を塗り替えるもの...
映画:アバター 3Dが実現する、驚異の「もうひとつ」の地球の自然世界。。。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
数年前、年末に「いちおう押さえなくちゃ.....」レベルで見に行き、これは「そうとうヤバイ」とあせった「タイタニック」 それはもう12年前のこと..... その監督が、満を持して送り出す3Dアドベンチャーと言えば、「映画」あるいは「劇場」の未来を占う意味でも、早々...
アバター (サム・ワーシントンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
映画「アバター」 (FREE TIME)
話題の映画「アバター」を3Dで鑑賞。
ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 (水曜日のシネマ日記)
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
『アバター』・・・“もうひとつの体”が運命を決める (SOARのパストラーレ♪)
やっぱりジェームズ・キャメロンはこういう映画を撮らせたら天下一品だ。
アバター (まさとの素人映画レビュー)
ジェームズ・キャメロン監督が久しぶりにメガホンを取った大作、アバター。 アバターというのはインターネット上でよく使われる自分の分身の事。 映画では他の惑星の先住民を模して作られ、自分の自由に動かせる体の事。 映画の予告は何度か観ていたけど、あまり興味...
『アバター』(3D/吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、CCH・パウンダー、ジョエル・デヴィッド・...
アバター 3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...
アバター 3D 日本語吹替え版 (映画道)
元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。 パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思い...
アバター、字幕版3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
映画史に残るような実写版3D映像が、驚異的な体験をさせてくれる。パンドラが、すべて製作された世界とは思えない。物語の内容が目新しくないことが、この体験をしない理由にはならない。技術の進化を是非体感してほしい。
アバター/AVATAR(3D映画) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....
アバター(AVATAR) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ジェームズ・キャメロン監督、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ。うへえ、まるで手塚治虫のジャングル大帝かオオカミ少年ケンか。というか、このアバターのモ...
【映画】アバター Avatar (3D) (HASの庭)
タイタニックのジェームズ・キャメロン監督、映像技術を駆使した壮大な3D映像美、これだけでも見たいゾ!と思わせる映画なんですが、ショウビズの予告編を見ましたが、青緑インディアン(ナヴィ族)の地(星)で超高価な石(だったかな)を探す白人(人間)族。障害のある...
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
「アバター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ
【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行くのが目的だったので、私の収穫は長袖Tシャツが1枚のみ{/face_acha/}{/down/} 帰りの古賀サービスエリアで食...
mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサ...
アバター (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン...