MOVIE KINGDOM

映画に関する話題やライブ&イベント、ローカルなグルメ情報など色々話題を広げて行きます ポイントは★〜★★★★★★(満点)

2009年度ベストテン発表

2010-01-01 22:58:28 | ベストテン
新年明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年度は劇場鑑賞本数が132本とブログ開設してからは最高鑑賞本数となりました(歴代では2位)
昨年は3D映画が台頭してまいりまして何本かは3Dバージョンで鑑賞したりしましたが今年はますます増えてくるでしょうね。
それでは新年1発目は恒例のベストテン&ワースト5を発表しますが、案外いざノミネートすると候補になったのは10数本とやや少ない目であっさりベストテンが決まってしまいました。
では2009年132分の10本はこちら!




第10位 「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」



巨匠マーティン・スコセッシ監督が作ったザ・ローリング・ストーンズのライブ映画。
超一流同士のぶつかり合いの末、完成したのはスクリーンの向こうの観客までがライブ会場に居るような臨場感溢れるハイパーライブ映画。
客席目線のカメラアングルやステージの色んな角度から撮影された映像は微妙に音質までも変わる凝ったもの。
そして年齢を感じさせないミック・ジャガーのパフォーマンスに驚かされる!



第9位 「ファニーゲーム U.S.A.」



ミヒャエル・ハネケ監督自らハリウッドでリメイクした陰湿度200%のサイコスリラー。
オリジナル「ファニーゲーム」同様のストーリーにカメラアングルまでもほぼ同じという完全なそのまんまリメイク。
よってハリウッドだからって容赦しないオリジナル同様のイヤ〜な映画になってます。
とにかく最高に嫌な映画!



第8位 「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」



昨年最後に見た映画が滑り込みベストテン入り!
数々の勝ち組のビッグなメタルバンドから尊敬される負け組バンドのドキュメンタリー。
それでも夢を追い続ける前向きな姿勢は見る者に力を与えてくれる。
それだけにラストの幕張メッセ満員のオーディエンスたちのメタルサインの乱れ咲きに男泣き!



第7位 「沈まぬ太陽」



何かと話題になった10分間インターミッション付きの3時間25分の超大作。
長ければ良い訳ではないけどテーマの重さと壮大な男の半生記としては必然の3時間25分に見応え充分!
そうそうたる役者たちの名演もよかった。



第6位 「グラン・トリノ」

 

クリント・イーストウッドの映画出演引退作?なんて言われてるけど、渋い名演はまだまだ見てみたい・・・そう感じさせてくれるイーストウッドが全世界の男どもに贈るラストメッセージ!



第5位 「チョコレート・ファイター」



そんなイーストウッドを抑えて5位に躍進したのがタイ発のカンフー映画
特殊なキャラの主人公を演じたジージャー嬢が見せる超絶リアルアクションは気の抜けた同系列のハリウッドアクションを凌駕する!
平成の女活殺拳ここに誕生す!今後が楽しみです。



第4位 「エスター」



昨年はリメイク版「13日の金曜日」やダリオ・アルジェント監督待望の新作「サスペリア・テルザ 最後の魔女」サム・ライミのホラー帰還作「スペル」などホラー映画でも話題作が多かったけど、ほぼノーマークのこの映画こそ2009年最恐ホラー映画!
結末知った後にもう一度思い返してゾッとさせられる久々に怖い、怖い恐怖映画!
子供と思って甘く見てははいけない・・・お〜こわっ!



第3位 「ヤッターマン」



あの懐かしいアニメの実写版・・・そうそう新版がTVでしてるんですね。
でもオリジナル版のリアルタイム世代に取っては山本正之の主題歌や深キョン、ケンコバ、生瀬らの天才ドロンボーの歌、負けたらチャリンコで逃走するなど忠実に実写化してくれた三池監督にただ感謝。
2号演じる福田沙紀ちゃんの大股開きの股間にこん棒がスリスリなどのお下劣ネタもグーよ!



第2位 「スラムドッグ$ミリオネア」



アカデミー作品賞受賞のダニー・ボイル監督奇跡の1本!?
日本でもおなじみクイズミリオネアが題材になってるのが分かりやすいし(流れる音楽まで世界共通)みのさん以上に陰険な司会者に追いつめられる主人公の苦難の生い立ちとクイズのシーンをクロスオーバーさせながら、最後は見事なマサラダンスで締めくくる後味スッキリの爽快ムービー



第1位 「レスラー」



ミッキー・ローク完全復活の作品。
この映画の主人公ランディ・ザ・ラムと演じるロークの人生がオーバーラップしてしまう「ビヨンド・ザ・マット」のドラマ版のような映画。
かつての栄光だけで生きてるプロレスラーの光と影の影の部分のドラマが見事でした。
体がボロボロでリングを降りるも恋するストリッパーにも去られ、娘との関係も修復出来ず、スーパーの仕事も投げだし、結局はリングの上しか居場所が無かったという主人公の姿はまさにミッキー・ロークに打ってつけでした。
命を投げ打ってでも必殺技ランディジャムにこだわる姿勢はまさに”プロ”レスラーの鑑!ここで男泣き!



2009年度ベストテン

1位. レスラー
2位. スラムドッグ$ミリオネア
3位. ヤッターマン
4位. エスター
5位. チョコレートファイター
6位. グラン・トリノ
7位. 沈まぬ太陽
8位. アンヴィル!夢を諦めきれない男たち
9位. ファニーゲーム U.S.A.
10位. ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

次点 アドレナリン:ハイ・ボルテージ

相変わらず好みが入ったベストテンですが、なかなか満足いく順位ではないでしょうかね〜
ベスト3は数か月前かだいたい決めてましたね〜
ちなみにマイケル・ジャクソンの「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」がベストテンに入れてもいいようなもんなんですが、正直映画としていいのか?、劇中のマイケルがいいのか?微妙なとこだったんで敢えて外しました。
まぁ特別賞ってことで・・・
続いてこれまた2009年のトンでも5の発表です。



第5位 「バビロン A.D.」



ヴィン・ディーゼルの映画はあまり外さないんだが、外れる時もあるんですね。
ヴィン・ディーゼル主演なんだからもっと単純にしてくれたら良かったけど、チョイ話がややこししたのが致命的でした。
単にオモロナイ・・・



第4位 「Blood ブラッド」



まったく見るべきところがない杉本彩の女バンパイア映画。
唯一の見せ場である杉本彩のお色気シーンもアップになるとやや年齢を感じてしまいゲンナリ・・・



第3位 「DRAGONBALL EVOLUTION」



私はアニメの「ドラゴンボール」はよく知らないので第3位です。
多分知ってたら1位でしょうね〜
知らない私ですら「これは違うやろ〜?」と感じづにはいられない!
全世界のドラゴンボールファンを敵に回したであろうハリウッドなんちゃってリメイク。
「ほんとハリウッドって奴ぁ・・・」とドラゴンボールファンのため息が聞こえてきそう。



第2位 「ピンクパンサー2」



相変わらずのベタギャグ連発の新生ピンクパンサーシリーズの第2弾。
ベタギャグはいいんだが、ほとんどピーター・セラーズの初代クルーゾー警部のネタの焼き直しってとこが笑うに笑えない・・・スティーブ・マーチンのオリジナル部分を出してはいかが・・・



第1位 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」



ポッタリアンのみんなスマン!
オジさんとうとう付いていけないや〜!
前作及び過去のシリーズを予習しておけばまた違うんだろうけど・・・
2年前に見た展開なんてほとんど憶えてないので、まるで途中から見てるような感じで話に入れず・・・
ま、ここまで来たら完結編は見ますけどね。



ワースト5

1位. ハリー・ポッターと謎のプリンス
2位. ピンクパンサー2
3位. DRAGONBALL EVOLUTION
4位. Blood ブラッド
5位. バビロン A.D.



案外ワースト選出は苦戦したりしました・・・基本天六シネ5ビル作品は出来るだけ外してますので・・・
さて2010年がいよいよ始まりましたね〜
あの「2010」の時代に追いついてきました。
今年も150本目指してがんばります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.132 「アンヴィル!夢を諦めき... | トップ | No.001 「宇宙戦艦ヤマト 復活... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明けましておめでとうございます♪ (由香)
2010-01-03 12:06:03
今年も宜しくお願いします!

1位のレスラーは未見です。評判がいいですね〜観てみたいな。
他にもエスター、チョコレートファイターも観たいです。

今年もいい映画に沢山出会えるといいですね!
由香さん (キング)
2010-01-04 00:22:17
あけましておめどとうございます
今年もよろしくお願いします

是非、未見の作品はDVDなどでご覧ください
個人的にはレスラー、エスターあたりはホントおすすめです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2009年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
 10年間のベストもあるよ! 
2009年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
   Merry Christmasいよいよ暮も押し迫り、年末のベスト10を選ぶ時期がきましたそして今月の20日でブログが無事3周年を迎えました―3年もブログを続けるなんて自分でも信じられませんが、これも仲良くして下さった皆さま、拙い記事を読んで下さった皆さま、エールを...
2009年、マイフェイバリットムービー (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
2009年は映画館・試写会での観賞が全部で91本。 12月の観賞本数失速も手伝って、今年も100本オーバーは達成できず。。。 2010年、今年こそは頑張りたいと思いますー。 ということで、2009年のお気に入り映画を振り返ってみようかなーと。 1.『キャラメル』 な...
2009 My Favorite Movie 映画一般 (カノンな日々)
2009年もいよいよのこり僅かになりましたね。今年も多くの皆さんにご訪問、TB、コメントを頂きまして本当にありがとうございました。毎年思うことですがこうしてみなさんと交流し繋がりが持てることを大変嬉しく思ってます。では、恒例になりましたが私が個人的に選ぶ今年...
2009年のベスト20です。 (めでぃあみっくす)
ABCアシッド映画館が完全閉館してしまった2009年。明るいニュースの少ない一年ではありましたが、今年も多くの方と新しい「つながり」を築けたことは大変嬉しいことでした。特に年末に発表させていただいたアシッドリスナーズ2009シネマグランプリに多くのアシッドリスナ...
2009年のまとめ・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2009年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2008年はココ 2007年はココ 2006年はココ 2005年はココ 2004年はココ   
[輝け! ドキッ、幼女だらけの<ナカデミー賞☆2010'>発表!!] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆明けましておめでとう御座います^^  <ナカデミー作品大賞(私の本名がナカムラなので、アカデミー賞と引っ掛けて^^;)>・・・、悩みに悩みましたが、この2作品のダブル受賞です。  両者に共通するのは「希望」です。                   ...
2009年ひらりんアカデミー賞 ノミネート編 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
明けおめでございます・・・ 今年の一発目も、恒例の「ひらりんアカデミー賞」のノミネートから。 2009年は合計220本鑑賞(うち100本が劇場鑑賞)。 その中から厳選した作品・俳優です。
2009年公開映画 MOVIEレビューの星ランキング! (MOVIE レビュー)
私が今年1年間に映画館で観た映画の総まとめをしてみました。 一応、映画を観た時に星評価はしていたので、その星の高い順に並べてみました。 観たけど感想をUPしていなかった映画も、思い出しながら星評価をしましたから、 その時と星の数が微妙に違うかも知れません...
映画2009 総決算! (たいむのひとりごと)
2009年の映画鑑賞も一応終了。(時間があれば「のだめ」と「this is it」の再上映を観に行きたいが)鑑賞作品総数(DVD含):110本 (外画:64本 邦画:46本 内アニメ:15本)。昨年が
『2009年特別企画:無人島に15日。フォーンと行くならこの15本』 (ラムの大通り)
----2009年も、あと3日。 恒例の『無人島に行くなら〜』。 確か、昨年はお休みだったけど、 あらら、今回も少し違う感じだニャあ。 えっ、今回は『速報 シネマグランプリ』だって? それってニャによ? 「うん。 これは、元『シティロード』の副編集長 “れがある”さん...
2009年度の個人的映画BEST(^-^☆ (みはいる・BのB)
今年もこの記事を書く時が来てしまった・・・ 毎年こういう書き出しなんですが、今年はついに四十路突入・・・ ですが、心は青年のまんまでこれからもいきたいと思います。
2009年 総まとめ (心のままに映画の風景)
1年が終ります 寒いだの、暑いだのと、あれやこれや言っている間に――やっぱり早い1年でした〜 今年もたくさんの映画が公開されました。 ...
ブログ納め2009 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今年も皆様のオカゲで、当ブログも無事に大晦日を迎えることができました。1年間本当にありがとうございました。と言うワケで、この記事をもちまして2009年のブログ納めとさせていただきます。映画ブロガーの皆様は年間TOP10を発表される方が多いと思うのですが、当ブロ...
2009年度勝手気ままにマイベストシネマ発表!! (ひるめし。)
もう2010年になっちゃったけど・・・ 去年の一年間映画館で観た映画のまとめです。 今年は94本(日本映画28本・海外映画66本)を鑑賞。 2006年は合計113本・・・ 2007年は合計159本・・・ 2008年は合計145本・・・ 去年より約50本も減った。 やっぱり生活環境が変わると鑑...
2009年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝〜♪)
2009年ベストシネマ15(洋画編)  邦画に比べ洋画を鑑賞する本数が落ちてしまいましたが、仕方がないでしょうかねぇ(笑) 観たいと惹き付けられる映画が僕的に少なかったことも事実です。 今年はどんな洋画が上映されるのか楽しみにしています〜   ベスト1...
2009年ひらりんアカデミー賞 発表編 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年もひらりんアカデミー賞発表のときがやってきました。 今回は通例を破り、反転文字無しで発表します。 そして、前年度受賞者などの写真を拝借してプレゼンターに見立て、盛り上げちゃいます。