J-Blueの雑記帳(近場を歩く)

此のBlogを雑記帳代わりにと始めました。最近はハイキング・旅行等の写真を中心に記録性を高めた内容と編集にして居ます。

今年は「九鬼山」から始まりました。

2016年12月28日 | Weblog
2016年1月15日 山梨県都留市「九鬼山」を登る
この記事で使用する写真は未公開の写真を使用する事を前提にしました。
この写真は山頂から「滝子山」方面を撮った物で右端の方は「大菩薩峠」では無いかと思います。
今年始めに登ったのは山梨県都留市「九鬼山」でした。
富士吉田線「禾生駅」(かせい)から歩き始め杉山新道を登ります。この辺りの山域は登山道の整備が不十分で可成り荒れ気味でした。藪漕ぎを覚悟で歩いた方が良いようです。



写真は山頂から田野倉駅に下りますが、藪漕ぎから出て辛うじて踏み跡が見えてホッとした所、下山口も近い。



写真は次に行った。2016年2月11日奥多摩「高水三山」を歩く。某SNSイベントに参加して3人で行きました。
写真は山頂から西北方向を撮った写真、中央奥に見えるのは雪を被った「雲取山」です。
雲取山は私の足で歩くには大変そうで単独では行きにくく、未だに行けていません。東京で一番高い山なので一度は登って登ってみたい山です。
この時使用したカメラはオリンパスのコンデジでした。



写真は同じく山頂から「棒ノ折山」を見たところ。




3月は結局山には行かず「北海道」へ家族旅行でした。

「茨城県「筑波山」男体山から女体山を廻る」2016年4月20日に行きました。
写真は「カタクリ」の花。筑波山へはこの花を見る事が目的でした。



スミレも沢山咲いていました。

4月はその他「鳥取砂丘~三朝温泉~島根県松江城~宍道湖を廻る」にも行っています。



5月に入り2016年5月14日「大月市「御前山」から「菊花山」周回コースを歩く」
写真は「大月御前山」から「馬立山」方面に向かう途中で撮った物で此から向かう「菊花山」方面です。



「菊花山」から見える大月駅。まるで電車がおもちゃのように小さく見えます。写真はズームアップした物です。

又、2016年5月28・29日に山菜採りにも出かけている「大白川(入広瀬村)山菜採りと赤城自然園廻り」



2016年6月26・27日 「群馬県片品村「尾瀬ヶ原」を歩く」
この時も某SNSイベントの参加でした。男女合わせて7名レンタカーで都内から出発しました。
写真は「至仏山」初日は曇りで「至仏山」「燧ヶ岳」両方とも山頂が見えなかった。



翌日は好天に恵まれ写真の様に「燧ヶ岳」が良く見えました。
尾瀬ヶ原の木道は平坦なので楽に歩ける。しかし日差しを遮る物が無く一日中炎天下を歩くと可成り体力を消耗する。この次は「至仏山」か「燧ヶ岳」に登ってみたい物だ。




2016年7月16・17日「秋田県「鳥海山」登山」
この時も某SNSイベントの参加5名のパーティーです。
写真は「チングルマ」鳥海山は花の山でもありますが、この時は悪天候で色彩も今一でした。
泊まりがけの登山の場合、自分自信は経験が少なく初心者のような物です。
年齢的にメンバーより体力も落ちるので、迷惑を掛ける心配が常に付きまといます。持病こそ在りませんが何があってもおかしくない年齢ですので仲間と一緒ならば心強い。



翌日は大荒れの天候で、単独で悪天候の時は撤退するのと体力的に弱いのでメンバーに迷惑を掛けられず、又何時もの自分スタイルなので私だけ山頂には行かず下山する事にしました。しかしリーダーに相談も無く勝手に決めた事でかえって迷惑を掛けた様な感じでした。
写真は翌日の下山道から「鉾立登山口」まであと僅かな所からの写真です。



2016年7月26・27・28日「岐阜県「西穂山荘~西穂独標」登山」。
写真は2泊3日で「新穂高温泉」に連泊したのですが、西穂独標へ登ったのは最終日の28日でした。天候が思わしくなく1日ずらしその間「飛騨古川」等の観光をしました。
その時の写真で廃線になった線路を利用して足こぎトロッコで往復数キロの鉄路を走ります。



この写真は「飛騨古川」の町並みで昔の宿場町の景観を維持しているようです。祭りの屋台などの展示館なども在り結構楽しめます。



翌日は本来の目的「西穂山荘~西穂独標」登山です。写真は独標への登り道から上高地が見えていました。



写真は西穂山荘の荷揚げのヘリコプターで本文記事とは又別の角度から撮りました。




2016年8月5・6・7日「南アルプス「塩見岳」登山」
某SNSイベント参加で、この時総勢12名、2泊3日の山行。初日は雨が降ったり止んだりと不安定な天候でしたが翌日以降好天に恵まれました。
写真は翌日「三伏山」から此から歩く稜線越しに「塩見岳」を見た所。



写真は塩見岳東峰と西峰の鞍部から南方面を撮った物。
3千メータクラスの登山は矢張り単独では心配。こうしたSNSイベント参加出来てつくづく有り難い事です。しかし極力メンバーに迷惑が掛からないようにと思いますが歩く速度は矢張りそれなりに若いメンバーと違いどうしても遅くなります。その為配慮して頂き先頭を歩かせて頂きました。




2016年8月20・21日 「飯縄山登山と戸隠高原キャンプ」此も某SNSのイベント。
男女合わせて10名長野駅集合となり、キャンプ翌日「高妻山」組と「飯縄山」組に別れて登山をしました。
写真はキャンプ場で夕食・宴会の準備。



写真は「飯縄山」山頂付近から。
この日は風も無く非常に暑くキャンプ場から登山口まで2時間ほど一般道を歩きます。
登山口から登り初めた時は既に熱中症に成るのでは無いかと思えるほどでした。

又、この月の最後に「伊豆半島周遊「堂ヶ島~伊豆長岡~箱根」に家族旅行へ行っています。



2016年9月9日 神奈川県「荒崎シーサイドコース」を歩く
次の日高尾山に行くイベントがありましたが参加者が少なく、てっきり中止に成ると思って居ましたので。山では無いのですが単独で海辺を歩きました。
この日も非常に暑く。僅かの時間でしたが非常に体力を消耗して仕舞いました。



9月と云っても未だ初旬、海水浴をして居る人は見掛けませんが、夏の終わりの海は静かな物です。
写真はコースも終わりに近い場所ですが、地形的に波の荒い所も在るようです。

又、この9月4日に埼玉県小鹿野町「二子山西岳」に登りましたが、この時は天候が悪く岩場の登山である事からリーダーの判断で途中から撤退となりBlog記事するほど写真も撮りませんでした。機会が在れば単独で行くつもりで居ます。



2016年10月12日「高尾山~城山~バリエーションルートを下山する」
10月になり涼しい日も多くなりハイキングには良い季節に成りました。
天気が良くない日が続き晴れ間を見計らって、思い付きで急遽登る事にしました。
写真は一丁平から南方向を撮った物。



バリエーションルートも終わり、写真の日影沢を渡り林道へ出ると登山道も終わります。
此の路を左方向へ5分ほど歩くとバス道路へ出ます。
日影バス停までは15分ほどです。

又、10月の初旬に「筑波山と茨城県フラワーパーク」の記事を書いています。



2016年10月15日 大月市「本社ヶ丸」を登る
天候のぐずついた日が続き、兎に角晴れ間が貴重な日々。高尾へ登ってまたすぐに本社ヶ丸へ登るという強行軍でした。
写真は此から登る「本社ヶ丸」に続く山並み(どの山が本社ヶ丸か不明)
この日偶然に「たけぱぱさん」に笹子駅でばったり在ったのには驚きました。



写真は山頂近くから北方面を撮った所。

この月2016年10月28日には「茨城県ひたち海浜公園に「コキア」を見る」の記事をアップしています。



2016年10月29日大月市「雁ヶ腹摺山」を登る」
この日も某SNSイベントに参加者5名、本来は新潟県「裏巻機渓谷」へ行く予定でしたが天候不順の為急遽変更に成りました。写真は「大峠」から見た富士山



写真は山頂から南方面を撮った物ですが、南方面は雲が多くご覧のような景色です。




2016年12月2日 山梨県上野原市「高柄山」を登る。その1
        山梨県上野原市「高柄山」を登る。その2
写真は「大地峠」付近から上野原の町並みを見た所。
天候も快晴で青空がクッキリとして居ました。朝方登り初めの頃は霧が発生していて見通しが余り良くなかったのですが、次第にスッキリして来ました。



高柄山山頂から鶴島御前山へ向けてアップアダウンの多い縦走路の途中から上野原市の町並みを見る。この季節冬枯れた木々の間から遠景が見えるので歩くのも楽しい。

この日で結果的に今年最後の山行に成りました。
私の場合思い付きで行きますので単独日帰り登山の場合、気楽に日程を決められます。途中で天候悪化や疲れたら下山する等、同行メンバーに気を遣う事も無く、気楽です。
そんな思いも有りグループ登山に参加する場合は敷居が少し高い。しかし今年は色々なイベントに参加させて頂き、とても有意義な山行が出来ました。
年々体力低下を感じながら山行して居ます。グループに加わる場合同行メンバーに負担を掛ける事が心配になります。特に3千メータクラスの山行では単独では心配が在り、同世代の方達と山行出来れば良いかとも思います。

この一年此の「J-Blueの雑記帳(近場を歩く)」に沢山の方が訪問頂き有り難う御座いました。
又、何時もコメントを頂き大変感謝しています。
来年も体力が続く限り山登りに出掛けたいと思っています。
その他ツアー旅行などに行った時もBlog記事します。今後とも宜しくお願い致します。
















『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロビーコンサート「結」(Yui) | トップ | 2017年 謹賀新年 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
濃い一年でしたネ (荒川っ子)
2017-01-02 14:16:07
年が明けてからですみません。
改めて、一年のまとめを拝見すると、いっぱい出かけましたネ。
そして何よりも、風景写真が素晴らしいです!
それぞれがとっても綺麗で、目の保養をさせて貰いました。(^◇^)

新年のブログも又楽しみにさせていただきます。

充電中です。 (J-Blue)
2017-01-02 15:39:56
>荒川っ子さん
コメント有り難う御座います。
今回mixiとの連携ボタンをチェックしませんでした。

何だかんだで、振り返ると結構出掛けているんだなと、自分でも
意外に思いました。
写真を褒めて頂き有り難う御座います。
本当はもっとアクティブに行動しないと良い写真は撮れないと判って
居るのですが出不精な性格は何ともしがたいですね!

先程も何処の山へ行こうかなと、調べていた所です。
正月も落ち着いたら、ソロソロと言う感じです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL