キングかす

展覧会巡りと美術品収集の記録

2016展覧会 満足度ベスト20

2016-12-31 21:53:47 | 展覧会
〈2016展覧会 満足度ベスト20〉
1. 瀬戸内国際芸術祭2016:初めて行ったが、全てが予想以上で他の芸術祭をはるかに上回っていた。
2. 村上隆のスーパーフラットコレクション展 横浜美術館:こちらも予想以上で企画として二度と無い規模。1日居た。
3. 志村ふくみ-母衣への回帰- 京都国立近代美術館:染織の展覧会は初めてだったが、見せ方も良くて全てが美しかった。
4. 茶碗抄―茶碗を楽しむ10の法則― 逸翁美術館:館蔵品だが種類がとにかく豊富で感嘆。大変勉強になった。前半も後半も行った。
5. 頴川美術館の名品 渋谷区立松濤美術館:現地に行ってもこれ程は観れない。図録も貴重。無一物は圧巻だった。
6. 三井家伝世の至宝 三井記念美術館:素晴らしいコレクションだけでなく、三井家が手放した物も展示しており貴重な展覧会。
7. 旅するルイ・ヴィトン展 麹町特設会場:展示デザインに感嘆。一流ブランドの実力を見せつけられた。それに比べて日本の美術館の展示デザインは...。ショッキングな展覧会だった。
8. 桃山陶と現代の作品展 阪急うめだギャラリー:古美術商が持つ、美術館蔵以上の名品を見ることができた。
9. 私の一碗 茶道資料館:企画が面白く、様々な茶碗とそれにまつわる所有者の思い出を楽しめた。
10. カラヴァッジョ 国立西洋美術館:これ程カラヴァッジョは見れないので貴重。そもそもカラヴァッジョは好み。
11. オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 国立新美術館:何度も観た作品もあったが、これだけの規模のは貴重。そもそもルノワール大好き。
12. チームラボアイランド踊る!アート展と、学ぶ! 名古屋市科学館:チームラボの展覧会は初。一日中居たかった。
13. It's a Sony ソニービル:Sonyの全てが詰まっていた。思い出が呼び起こされた。
14. 村上隆の五百羅漢図展 森美術館:村上隆の展覧会は初だった。完成度の高い工房作品は圧巻。
15. 藤田喬平の芸術 富山市ガラス美術館:初期から晩年までの作風が網羅され、数も多く貴重な展覧会。いつか買いたいので勉強になった。
16. 生誕300年記念 若冲展 東京都美術館:並んだ価値はあった。
17. 第68回 正倉院展 奈良国立博物館:さすがのクオリティ。
18. PUNK 工芸-魂の救済 樂翠亭美術館:ああいう場で展示されるのは貴重だった。
19. 塩田千春「鍵のかかった部屋」神奈川芸術劇場:たった1作品だったが、その1作品の満足度はダントツ高かった。
20. ドラゴンクエストミュージアム ヒカリエ:ジオラマが良かった。

行った観覧展の中から、良し悪しではなく、あくまで自分の満足度が高かったものを選んだ。
他にも満足度の高い展覧会が多かった年だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あいちトリエンナーレ2016名... | トップ | 松枝悠希 Card「K」GOLD »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。