goo

2008/08/13複々線化工事…終わりは見えても -伍-

前日の記事に引き続くんです。
8月以降の溝の口駅の工事の模様を。

(クリックで拡大)
上りホーム渋谷方より。
左より、上り緩行線・上り急行線・下り急行線・下り緩行線という配置になりますが、此れは延伸してくる大井町線に限った話で、下り田園都市線は右奥の線路が本線だったりします。よって、下り急行線は使い方が結構難しいのではという見解です。

(クリックで拡大)
上りホーム渋谷寄りから下りホーム。
線路の撤去がほとんど済んだこともあり、仮設柵が全面に設置されました。

(クリックで拡大)
下りホームより鷺沼方。
柵があったところを今は使い、電車が止まっていたところに今は柵があります。

(クリックで拡大)
下りホーム鷺沼方より。
左から、1番線・・・4番線の順です。2番線用の線路が撤去され、その下にあった枕木はこの奥の方に山積みにされています。

(クリックで拡大)
下りホーム鷺沼方より中央。
2番線の案内表示はなくなりました。大井町線用6両編成による急行列車の停車位置は1・2番線ともにあります。複々線化後どうなるのでしょうか。

(クリックで拡大)
東急6000系6両編成、急行長津田行き
ということで、その大井町線直通急行です。いつまで見られる光景なのか、其れとも・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2008/08/10(2)複々線化工事…終わりは見えても -肆-

前の記事に続きます。8月入るまでの溝の口駅の工事の模様を。

(クリックで拡大)
上りホーム中央部より鷺沼方。
下りホーム鷺沼よりから工事箇所の本格的な柵囲みが始まりました。また、切替からまもなくは50キロ徐行の制限がかけられています。しかし、トンネル手前でのカーブがきつくなったこともあり当該部分が怪しいんです。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方より内側2線。
線路の撤去作業が始まりました。理由が見出せないんですが、おそらく新品に換えるというのが一番しっくりくる理由ですかね。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方より。
ホームは2線発着できる構造でありますが、まだ1線しか使えません。枕木だけの線路跡、此れより線路を載せると言う状況ではありません。

(クリックで拡大)
下り電車車内より溝の口駅。
枕木を積み重ねてあるところが線路の敷設「跡地」です。線路があったところなどと回想できる状態ではもうありません。まさに資材置き場。

(クリックで拡大)
下り電車車内より工事終点。
以前の線路と新設の線路とを比べてみると、新設線路の方がカーブは急になっています。この付近は揺れるので今のところ乗り心地もものによってはよくなかったり…。此れで速度出せますかね~。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2008/08/10複々線化工事…終わりは見えても -参-

先日の記事に引き続きまして、7月27日以降の溝の口駅の模様を。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方より中央部。
2番線(手前の線路)が使用停止となり、反対側の線路の使用が開始されました。しかし、渋谷・二子玉川方面の上り線3番線・4番線の使用法に変化が無いのは何故なのでしょう。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方より。
溝の口以東の線路は全て外側に移されております。手前には、今回の配線切替跡があります。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方より中央。
2番線を長期間使用していたため、また1番線を当時使用していなかったためでしょうか、設備とホームのバランスがあまり良くないのです。実は階段付近1番線のホーム幅は2番線に比べてかなり狭いほうです。2番線のホーム再整備で解決できるでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2008/08/07(2)複々線化工事…終わりは見えても -弐-

先の記事に引き続きます。二子玉川~溝の口間複々線化工事のうち、二子新地・高津の工事が反映されてきての今回溝の口駅下り線切替が行われた7月27日直前までの溝の口駅の模様を。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方より。
此れまでの工事中では柵はまだ高かったのですが、線路の敷設が始まった時点では腰ほどの高さのものとなり、そろそろ1番線の変化があると言う頃となっていました。

(クリックで拡大)
下りホーム中ほどより渋谷方を望む。
二子玉川~溝の口間の配線は様変わりし、溝の口駅付近の線路は上下線共外側に移っています。其れでも着発本線は内側線を使用している溝の口駅の怪。今や上り線だけですが。

(クリックで拡大)
下りホーム中ほどより鷺沼方を望む。
此方は南側に2線分のスペースを増強し、今回外側の一線のみが整備されました。今後内側2線が大井町線の折り返し用の引き上げ線となります。ただし、終端では田園都市線と合流できる構造となるようです。

(クリックで拡大)
下りホーム渋谷方よりホーム中ほどを望む。
切替前日の状況です。この日から監視員のような方々がご登場しました。柵を全て取り外し、残るは線路をつなぐだけと言うところまで作業は終了したためでしょう。1番線・2番線ともに「鷺沼・長津田・中央林間方面」の表示ですが、大井町線延伸後の表示に期待です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2008/08/07複々線化工事…終わりは見えても -壱-

(3週間ぶりとなってしまいました。。)

(表題ですが、少し過言でしょうがご勘弁。)


先月27日(日)に溝の口駅の下り線(鷺沼・中央林間方面)ホームの発着番線が変更となり、漸く外側の新1番線の使用が開始されました。此れにより一時的に旧来の下り線(田園都市線開通当時の1番線、現2番線)は使用中止、構内配線と共に再整備されています。

この記事では工事開始当初の模様を。

(クリックで拡大)
5000系(04年当時)、下り仮ホーム渋谷方より。
下り線のホーム構造はホーム中ほどに線路増可能な状態とされたのみで、複々線化工事にあたってはホーム両端の部分の幅増から始まりました。

(クリックで拡大)
8500系(04年当時)、下り仮ホーム渋谷方より。
急行東武動物公園行きなど、今では夜間に一本ほどしかありません。なお、左奥の線路が90年代に増設された4番線(副本線)で、右2本が本線でした。

(クリックで拡大)
8000系(05年当時)、下りホーム鷺沼方より。
2番線は未来の大井町線発着用ホームでしょうよね。


試しに記事の軽量化と分割を。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )