goo

2010/12/27とうきょうすかいつりー

衝撃ですね。いや、笑撃か?ハハハ。
自分としては、「業平橋」→「とうきょうスカイツリー」は妙に思えちゃって・・・。

というわけで、現・業平橋駅最寄に建設中のトーキョースカイツリー(なんか変)こと新東京タワー(未だ言い続ける)を、その最寄駅の駅名にすることを決めた東武さん。
これは、本線東武動物公園駅、野田線の運河駅と似た類でしょうか・・・。あれは前者ではそのまま東武動物公園が、後者では「利根運河」が間近だからの命名由来とか。。
「とうきょう」としたのは、本家「東京」やりんかい線「東京テレポート」との混同やら混乱を避けられるようにとからしいです。

しかも、それ以上は駅の改修ぐらいですね。特急・快速停車駅化などは言及されていません。しかし、現状のアクセス面では都心からだと不利に見える東武業平橋駅。良くも悪くも知名度は上がりそうです!


参考
業平橋駅が名称変更!「とうきょうスカイツリー駅」が誕生
http://news.walkerplus.com/2010/1227/24/
、(東京ウォーカー)」
伊勢崎線業平橋駅の駅名を「とうきょうスカイツリー」に改称します!
http://www.tobu.co.jp/file/3114/101227_1.pdf
、(東武鉄道)」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007/05/08いわゆる逆戻り

東武宇都宮線(栃木~東武宇都宮間)で運転されていた30000系(写真は参考程度)4両編成が当路線での運転を終了してしまったようです。この路線では現状最新車両でした。今後、今秋のワンマン運転用車両として8000系列車両への切り替えを行うようで、その繋ぎ役として8000系非ワンマン用車両が運転を開始したそうです。
半蔵門線直通用として活躍することになる以前にも(東武)宇都宮線で運行していた30000系は旅客案内表示器やスタンションポール(握り棒)などの設備がありまして、同路線を走る車両とは一線を画し、旧型車両5050系を置き換える役割も持って同路線にて活躍しましたが、上記の通りワンマン運転の始めるために、ワンマン装備を持たない30000系は同路線を去ることになりました。この車両と同じくステンレス車両の10000系も銅線を去ることになっているようです。

なんせ30000系4両編成をこの路線では撮れてなかったもので・・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

2007/04/01まさかだったけど…

4月5日ダイヤ改正のご案内
http://www.tobuland.com/time/rinji/honsen.html

東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線と直通運転をしている東武本線でもダイヤ改正(時刻修正)が行われるようです。
ただし、田園都市線の準急登場に伴うものではないようで、全て5時~6時までの早朝時間帯のみで、半直運用では上り(北千住・押上・浅草)方面における急行2本と準急1本が久喜・南栗橋~南越谷間で時刻修正が行われます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007/02/10(2)北方改善

http://www.tobu.co.jp/news/2007/2/070207.pdf

東武鉄道では、3月10日に野田線のダイヤ改正を行います。メインは大宮~柏間で、柏からスイッチバックして折り返す船橋方面へはその影響による時刻調整のみです。

内容としては、大宮~春日部間と清水公園~柏間の区間列車を大宮~柏間の直通列車として運転することで、5~20分間隔でのバラバラな運転を全区間で10分間隔に統一するわけです。

ただし、全区間10分間隔で運転するために大宮~岩槻間・運河~柏間の区間列車は廃止されてしまいます。此れは賛否両論となるかもしれませんが、結果として所要時間の短縮に繋がるわけですから、決して悪くはないでしょう。

そして、朝ラッシュ時、岩槻始発大宮行きの3本の列車を春日部始発に変更するそうです。色んなところで、利用率が向上したと言うことですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/07/12(3)新東京タワー応援は、東武より!?


この空に。どんなタワーを、

想い、描きますか?

 

(届け!私が想う新タワー アンケート)

とまぁ、東武ホームページやすみだタワー公式サイトにもありますが、アンケートやってるんで、是非是非やって下さい。(抽選で10人に50000円プレゼント。ってのは内緒がベスト。)

自分は、地域活性化を望みます(!?)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/07/06(2)通勤改造型撤退後の花道へ…頑張れ赤色1800系

この記事を見るときは、此方を御覧下さい。此方が2代目です。
コメント・トラックバック送信は此方の記事へ。

東武小泉線で活躍していた1800系通勤型改造車4両編成が3日に撤退しましたね。
見たことしか無かったですよ。基本、東急オンリーなところがありましたから・・・。

すると、東武では…
http://www.tobu.co.jp/news/2006/7/060705.pdf
7月29日<隅田川花火>号赤色特急型1800系6連で運転するとのこと。
東武動物公園始発の北千住~浅草間ノンストップ急行区間急行かな?)運転になります。快速(区間快速)急行(区間急行)ですかね?。ヘッドマークに種別が入るのか気になりますね。
車内では、団扇くれますよ。デザインはヘッドマークに類したものになりそうです♪
そして、特別料金不要の全席自由席列車。御乗りになる際は、花火を見ないと許されない状況になるかもしれません。

因みに、東急から東京メトロへの<SUMIDA HA・NA・BI>号(復路有り)が、京王から東京都へも<隅田川納涼花火>号(片道のみ)が走ります。
団扇欲しいけど、<隅田川花火号>と<SUMIDA HA・NA・BI号>は撮りたいものです。はい。

臨時電車 <隅田川花火>号 所要 (行きのみの設定)
停車駅+発時刻(浅草は着時刻)
東武動物公園(始発) 16:38
春日部 16:43
せんげん台 16:50
越谷 16:55
新越谷 16:58
草加 17:03
西新井 17:08
北千住 17:13
曳舟(通過)
浅草(終着) 17:25
特急区間快速の待避、急行区間準急への連絡は無いでしょう(接続は除く)。

全臨時列車7月29日雨天の場合、花火大会と共に7月30日に順延します


中途半端なトラックバック送信・参考一覧
ザ・日記パレード(赤版){昨年10月のイベント東武ファンフェスタの模様}
栃木路快速 Tochigiji Rapid Service
red star's Blog
さすらい館

kqtrain.net(blog)
鉄道・カメラfan。
東武8000系ファンの日々・・・
大沢3丁目
melonpanのつぶやき。
narikko's Blog

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/06/02(2)組替えられた半直編成・・・

本日、東武31406F+31609Fによる同系列混結を確認してしまいました。

4両編成の31406Fには車体広告が無いのですが、31609Fにはありますので、一件見ると分かりやすいです。

何があったのかは分かりません。

東武―半蔵門線・田園都市線直通に備えるために30000系下2桁が同じ4連と6連とを連結しました。

地上線への転用される編成以外は、此れを解かずに今までやってきた筈です。

其れが、車体広告の有る編成と無い編成での連結となりました。

写真は2ヶ月前の31409Fですが、連結シーンは来週ぐらいに撮れたら撮ります!。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/04/23「走るんです」の東武新車をより詳しく?

金曜日の帰路に東武50050(中央林間行き)と東急8090系(鷺沼行き)に乗車しました。やはり、鷺沼行きはイイ!あの乗車率は利用者としてはかなり嬉しいです。

本題は、東武50050の形態みたいなところを観察してみて…わかったことを。 

・椅子の具合はいいが、背中当てが一寸出っ張り過ぎかと。まあ苦労はしませんよ。気楽にね。

・ドア付近の手すり棒が棒から、そり返された部分に手を入れて握るみたいな…物に変わった。車両端のドア付近は左右のバランスが側面の扉配置を線対称対象にしたために偏り、車両真ん中よりのこの部分は非常に不便。てか、握り難さが満点。

・ロングシートの一人あたりの幅が多分変更されてる。雑誌などでの情報収集はしてないのでいまいちだが、扉配置と空間配置からしてそんな感じがする。確かなら、上記のことが言えてしまう。

・情報案内装置が一段のみ(30000系は種別・行先が別途表示できる一段)。側面表示機同様に号車表示もする。30000系に少々見劣りしたり、勝ったり・・・。

・椅子下の空間が広く(高く)なり、荷物が入れやすくなった。(比較東京メトロ08系。30000系にこのスペースはない。)

・化粧板が30000系や08系、東急5000系と異なり、平らになってしまった(08系もほぼ平に近いけど)。

・JR常磐線系統の車両に見られるような注意識別用(?)の黄色系のテープがドアの出入り台やドア付近手すりなどに張られている。

・外側から見ると、側面の一番左側の窓だけが何か違う。窓の開閉との接点はあるのか?

 

改めて感じたことまでも殴り書きみたいに打ち込みました。


(from2006/04/10

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/04/16(2)東武本線のダイヤと時刻表に思う・・・・・・04/21追記

快速電車が区間各駅停車化されて大きく変わった日光線で昨日栃木まで行ってみた。

以下に下り列車のダイヤを語る。

区間快速は、東武動物公園以北各停化したため、前後の各停との差が中途半端になっている。実は下り先行の急行南栗橋行きが南栗橋に到着した後、区間快速が特急待避をこの駅か新大平下(13:39発区間快速電車などがJR直通特急の待避)で行う。しかし、この区間快速が栃木に到着する時には、後続の新栃木止まりと10分も差が無い。此れは、各駅停車が南栗橋~新栃木間での優等待避を行わない(南栗橋の接続待ちのときに抜かれている)ダイヤとなっているので、後続の各駅停車と先行の区間快速との差が詰まってしまっている。
区間列車設定になっている各駅停車は区間快速の30分後に設定されている列車が、そのまま区間快速と同じダイヤを辿る。もう1本は、区間快速の直後になる。この列車が多分東武が言いたかった最速接続列車である。優等待避や接続待避の時間をみても、さほど遅れをとらずに運転できるのだ。

以下に上り列車のダイヤを語る。

各駅停車が30分サイクルで運転されている。栃木駅ではこの10分前に特急が発車している。この5分以内に先発している区間快速は新大平下でこれを待避。特急は20分前の各駅停車を南栗橋での接続中に追い抜く。各駅停車に優等待避は無く、南栗橋での半直急行への接続で10分待たされている時に特急が追い抜くので、南栗橋での停車時間が異様に長い。

一応、本数が減ったはずの日光線のダイヤ。
南栗橋行きと新栃木行き(→の後が新栃木方面行き)が計5(→2)本から日光方面行きを含めて計4(→3)本へとなったので、東武動物公園~南栗橋の列車本数が減少したものの、南栗橋~新栃木の列車本数が増加という、伊勢崎線への輸送形態のシフトが見られる。
東武動物公園からの伊勢崎線系統が、久喜に延長運転される形で区間準急の行き先を日光線南栗橋発着を久喜に変更したので、此方は久喜までの運転本数が2倍に増加した。
運転本数の少ない急行を格上げし、特急メインのダイヤね。おかげで、待避構造の駅では確実に抜かれるのは仕方ないが、利便性がいまいちだと思う。



さて、此れからが主題。
JR乗換駅の栗橋・栃木と、東武の乗換えor分岐駅と、その他の通勤区間で会社や時刻表のデザインも異なるみたいだ。
北千住は、東武商事。新越谷や越谷あたりは、(株)協和企画。共にJRや東急でも見られるタイプ。
春日部は、(有)あだっぷ広告社。紙質といい、豪華。デザインも色鮮やか。
東武動物公園以北は、ニューライン制作室。シンプルな色使いで軽いデザイン。東武動物公園の時刻表は色使いが普通よりも簡易的である。

となっていた。特に感想は無いので次へ行く。

疑問があるのは、鬼怒川線より先の区間の行先の扱い。区間快速化されたのもあり大幅に変わっているが、印の省略と実際の文字が異なっていたり、一文字余分だったりと案外手抜き...
もう準急北千住行きはありません!「(一部の電車は北千住または押上止まり)」の文章が見られる春日部駅ポケット時刻表。まあ、気にする必要は一切ありませんが。

 

「各駅停車」と名をうっているのに、種別表示が「普通」なのは、通勤区間用ではなく、近郊区間用のものだと思う。従って考えると、東急方面からの種別表示に「各駅停車」のフレーズを使えなくしているのは、此れが原因。ようよう考えると辻褄が合わなくなる感じがする。いっそのこと、「各駅停車(各停)」の種別表示を入れてみては如何だろうか?(どうせ、「普通」って言ったって全駅には停まるんだから…)

 

伊勢崎線直通臨時快速運転時には、久喜以北も行ってみますかねぇ。
案外、「シフトの効果が出ている」と思うのは、昼頃からの久喜での接続乗換時ですから。


(from2006/03/25,2006/04/10and2006/04/15携帯電話投稿記事

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/04/12東武~JR直通特急の利用状況

早速、フジテレビ系列「旅美人」(21:54~)という番組の提供に「にっこう」・「きぬがわ」が使われておりました。JR東日本の宣伝番組で、とうとう日光のお話を出してきました。日光線でも、東武の方を宣伝していたような感じですな。

「(スペーシア)きぬがわ」・「(スペーシア)日光」の設定から25日。東武とJRは、利用状況を発表した。
データ収集をしたのは、ダイヤ改正を行った3月18日から4月9日までの23日間。
今までの利用者総数33,000人で、一列車あたりの乗車率は約60%。1日平均の利用者数は、1,400人。
此れを休日と平日とで別けると、土休日1,700人・70%、平日1,300人となっている。
最高乗車率は、4月1日の約2,000人・80%。100%行かないのね…。。

浅草・本線スペーシアは、いろいろやったために、前年増減比+6,4%となっているようだ。特別料金も安くなったことも関係してそうです。


さて、今後この数字がどのように変化してゆくのか、注目されますよ。
影が薄くなってしまうと、さっさと廃止になってしまいますからね...

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/04/10「数少ない珍!?種別」と「効果が無い?!車両」

朝、7時40分ごろ溝の口を出発する急行で来たのは、30000系...
この急行は、5000系6ドア車組み込み編成が充当される急行の直前に設定されている。
そのとき、50050が下り線に来た。

何故だろう、いっそのことこの急行に50050を固定させて混雑緩和を図ったほうがいいだろう。
5000系6ドア組み込み編成は混雑緩和でこの時間に設定されているので、その付近の東武車両が充当される急行に50050を入れられれば、混雑緩和に寄与することになるはずだ。やはり、4両目と5両目の間の運転台を東急線内でも考えると……と。(などと、さわりではじめに触れておく・・・)


「急行」の種別は、基本的に「快速」や「準急」より停車駅が少ない形が今までに地位築かれたである。
これが、「快速」といったこの種別よりも格下になっているケースは滅多に無い。
例としては、京成(押上線と本線の押上~青砥間のみ)や神戸電鉄(新開地~三田間のみ)がそうである。(1・2月の神戸電鉄の事故は、国土交通省事故調査委員派遣に至るほどの事件になってました...)

この度、東武本線の運転体系の大幅な転換により、特別料金を要した「急行」は「特急」に吸収されて、「準急」系統の体系整理により空っぽになった「急行」に名称を格上げした。
しかし、これにより「快速」・「区間快速」よりも停車駅が多く、特別料金もとらない一般車両(東京メトロ半蔵門線直通系統)用の種別となる。
更には、「区間」の名を付けた本線用種別「区間急行」も登場。これは、もともと「準急」であったものを名称格上げされたもの。種別の名称が変わっただけで、機能はほぼ変わらないが、遠距離(併結)運転は縮小されて、伊勢崎線は館林・太田、日光線は新栃木・東武日光までになった。宇都宮線直通の日光・宇都宮併結列車や伊勢崎行きなどが廃止となったのだ。


愚痴り第一弾ここまで…(編集に時間がかかりすぎたので)///続くよ。
(一応関連記事;2006/02/05(2)40年前の代償
(from2006/03/25,to2006/04/16(2)and2006/04/23

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/03/30東京タワーが戦車で作られていたら、「すみだ」は?

都内の基地や工場を一掃しているような東武さん。
西新井工場や業平橋地上ホームなども跡形もなくなってしまっている感じで。
流石に、乗り場がある業平橋は無残なホームの姿だけが残っていますよ。その付近に、すみだタワーが建つことになるのだろう…。仕方ないのかな。
西新井工場は先週の時点で、土地を平らに慣らしていた。もう撤去作業などは完了していたみたいです。
業平橋は、北側の留置線以外の南側・押上よりの土地は先述の通りです。ホームの部分だけが微かに車内から見えて、その他の土地は全てまっ平になっていました。
で、この何もなくなった土地に、すみだタワーが建設されることになるんでしょうね。
東京タワーは戦車で作られていたそうです。経費節減?いえいえ、戦争で使用したの戦車を”リサイクル”したのです。当時にしては、かなり画期的な妙案ですな。善いか悪いかには言及を控えますよ(苦笑)。
500億円もかけてすみだタワーは建てられるそうですね。デジタル放送用に相当な高さが必要になることから、600㍍なんて高さになるらしいです。
因みに、どこでも言われてそうな言葉は、「地盤大丈夫?」とかですが…、自分としては、「海抜何㍍?」ですな・・・(真面目に)。

西新井工場跡地は土壌汚染の問題をクリアしたそうですが、此れからどうなるのです?いびつな長方形してるんでね…。

後、元祖東京タワーはどうなるんでしょ??地位は軽く一般的観光地に成り下がってしまいそうで怖いですわ。。。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 15 )

2006/03/25昼間は快速に限れ!……長距離移動の落とし穴。

一週間前のダイヤ改正した翌日にあっけなく故障してしまったJR485系東武直通用改造車。東武日光線上今市―東武日光間でパンタグラフが強風によって破損(?)。兎に角、壊れたんです。
189系は結局代走に入らず、東武100系スペーシアが代わって走っている。
しかも、未だスペーシアが代走中。

よくよく考えると、JRに直通している単なる東武特急ではないか!(爆)


20日以降まとも(嘘)な撮影はしてません。(カメラが2週間ほど貸し出されました

20日の出け事;
485系のきぬがわ5号を撮ろうとしてたら、スペーシアが来た。
区間快速に乗って栗橋行こうとしたら、快速電車が浅草に停車していて、この幕のまま浅草~鐘ヶ淵を移動。このあと、中間の会津田島行きだけ側面・客室の幕だけ白幕になってた。
其処でスペーシアきぬがわ6号を撮ろうとしたら、強風の中30分待ち。その割に良い写真も撮れず、あっさり行きやがったー。
(更には、お財布の中が10円となり、軽く封印状態にしておいた一万円を崩すことに…。)


東武線のダイヤを軽く読む;
区間快速は、北千住―東武動物公園間での威力はそのままだが、東武動物公園以遠の各駅停車の効果がかなり複雑。
南栗橋での特急通過待ち9分のために、栗橋でのJR接続まで数分。
なんだか嬉しくない。特急の通過待ちをなくして栗橋まで先着にするべきであろう。乗り換え駅までの利便性が都心方面へは向上したかもしれないが、地方方面へは苦しい気がする。
データイム最優等の区間快速が南栗橋で有料の特急に抜かれてしまうのは、改善されるべきだと思う。


などなどと東武攻め。攻略は、出来ません(笑)。
さまざま情報がありますが、自分が面白く噛みつけるネタをこれからも発信しますぇ。


(from2006/03/17(8),19日携帯電話投稿記事and20日携帯電話投稿記事
(to2006/04/10and2006/04/16(2)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/02/28明日からハッチャけてー…

2月最終日。
来月はいよいよダイヤ改正の月である。
そこで、恐ろしいダイヤの変わり様を適当に御観察。
で、今回はJRではなく、東京メトロ半蔵門線直通系統を。と言いつつ、東武線運用状況予測も。

①東急田園都市線⇔半蔵門線
データイム一時間あたりの渋谷方面からの清澄白河折り返し・押上折り返し・東武線直通列車の割合を4:5:3(東急線内急行列車含む)から2:4:6(東急線内急行列車含む)に変更。
朝ラッシュの運用本数も増加。清澄白河行きの押上行きへの延長運転も実施。これにより、一部列車の発車時間が変更となり、押上→渋谷方面の一部運転を深夜へ異動。
今後、渋谷・押上での急行列車の扱いがどうなるのかが、注目されるべきところである。

②東急線・半蔵門線⇔東武本線(日光線・伊勢崎線)
東武線直通列車は、東武動物公園止まりをデータイムのほぼ全て久喜行きに延長運転。しかし、一部時間帯における同行先残存となるようです。
(改正後のダイヤでは、早朝の東急線からの直通列車は3本連続で準急久喜行きに…。二子玉川始発ですら、久喜行きに変更される模様。本当に、扱いは延長運転です。)
更に、早朝~朝ラッシュ・夕ラッシュ時における列車の種別は、基本全て準急に。データイム(平日は午前8時の女性専用車両解除前より)は急行で統一。直通最終列車や深夜の一部列車も急行となります。(此処は変わらないみたいです。)
データイム一時間に2本が(伊勢崎線直通久喜行き1本・日光線直通南栗橋行き1本の割合で)全区間急行表示での運転をする列車が登場します。
東武線内急行運転をする東武動物公園行きは本程度。
早朝時間帯に設定されていた北越谷行きは最混雑時間帯へ移動される。そして、2本に増える。

③東武線内
半蔵門線直通系統が一般通勤車での最優等種別の列車を担う。これにより、データイムにおける運用車両数が大幅に増加。6連メインから10連メインに変更される為、集客に失敗すると大変なことになる...
朝時間帯は、本線は区間急行で半直は準急での6連メインのダイヤになる。そのため、この辺りは改正前と変わらない。
更に、データイム曳舟―北千住間には、区間列車の設定もあり、全体的に見ると列車の本数は増えていたりする。この区間列車は、北千住での後発列車と日々直緩行列車への接続が注目される。
東武動物公園~久喜間のデータイムの運転本数は、
特急を含めて一時間7本以上。
東武動物公園~南栗橋間の場合は、特急・快速(区間快速)を含めて一時間4本以上。
データイムの浅草本線系統区間準急3本は全て伊勢崎線直通久喜行きとなるようで、半直系統が久喜・南栗橋でのローカル列車への接続を行う。

列車種別幕だが、準急(半直系統)のカラーが判明。
東急5000系は緑幕となったようだ。
因みに、同社8500系はLED表示編成(基本東武直通用編成)は「快速」表示を抹消し、其処に「準急」表示を入れた。やはり、こちらは基本オレンジではないだろうか...(快速消すな~!


3/6追記
;①・②は、新ダイヤを軽く拝見してから修正しました。③も一部大幅修正しました。


(from
2006/02/11and同日11(3),to2006/03/03

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006/02/11(3)新幕の色

東武伊勢崎・日光線内で3月のダイヤ改正まで生き残る車両たちは、区間系種別の新設といったところでギクシャクしている。
更新後(ただ改まっただけかも…)の前面種別幕・側面幕の種別カラーをレポート。(一部のみ)
----------
快速:オレンジ→青色(区間快速に譲ったのか?)
区間快速:オレンジ(?)(上記の理由の通りだと)
区間急行:赤(元準急色と合わせる)
区間準急:緑(変更なし)
昨日中に紺色快速幕を確認したんですが、結果は撮影が上手くいかったのでアップしてないんすよね。。
----------
急行:赤(東急車に合わせる?・そのままか…)
準急:オレンジ(直通電車LEDノーマルカラー?)
東急5000系(・フルカラーLED搭載編成)の種別幕を元にした色が使われることは確実だろう。
----------
写真は快速系統が撮れたら、後々~に適当~にアップしましょうかな。


(from2006/02/10,to2006/02/28

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ