綺麗な写真 日々出来事

綺麗な四季の植物 花 風景 野鳥 写真  日々の話題~音楽

梅まつり (冠梅園・光市)

2011-02-28 19:55:03 | 四季の花 自然 風景 光景
山口県光市 冠山総合公園内 冠梅園では梅まつりが開催されています。俳句大会もあり、短冊に書かれた俳句が梅の木に結ばれていました。

句を読みながら梅見も良いですね!














梅の木の側で咲いてたスイセン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の里(冠梅園・光市)その3

2011-02-27 19:09:46 | 四季の花 自然 風景 光景
2月25日 山口県光市 冠梅園にて撮影 

当日は暖かく3月下旬~4月上旬の気温、一番綺麗所はこのあたりで、海に面した部分も綺麗なのですが、霞がかっておまけに逆光!(今度チャンスがあれば快晴時、海を入れて撮りたいです)

冠梅園

手前総合公園から


日本庭園






梅林風景を!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の里(冠梅園・光市)その2

2011-02-26 18:18:28 | 四季の花 自然 風景 光景
2月25日 山口県光市 冠梅園にて

冠山総合公園の中にあり、駐車場・入園料全て無料、動物は入園禁止になっていました。梅2000本 見事です。

桜では何箇所も毎年行きますが。梅の花では今迄余り遠くへは行っていません、一昨年京都北野天満宮以来です。

桜と違った美しさがあり機会があれば又見にきたい冠梅園です。勿論北野天満宮の梅もチャスあればもう一度ですね!


日本庭園付近から梅林!



同じ場所ですが、写し方を変えてみました。濃く!



日本庭園



ピンクの梅の花、一段と綺麗さが目に付き写しました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の里(冠梅園・光市)

2011-02-25 20:52:31 | 四季の花 自然 風景 光景
2月25日
広島市中心部から車で約1時間30分 山口県光市室積 冠山総合公園内冠梅園に!菅原道真公ゆかりの冠天満宮に隣接する梅の里。梅100種約2000本見頃を迎えつつある。

天満宮、梅といえば菅原道真公、今日2月25日がご命日になります。‘延喜(903)3年2月25日’

今日から冠梅園を出しますが、今迄の梅風景と全く違いますので!綺麗な梅風景が撮れたと思っています?


冠天満宮


冠天満宮側から梅園へ



梅園に!


冠天満宮から梅の山を越えると日本庭園などの総合公園が!



梅山頂上付近から西に光市の工業地帯








南は周防灘
快晴であれば海の青さが綺麗なのですが、霞みがかった日でした。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

庭園の梅(広島)

2011-02-24 18:21:08 | 四季の花 自然 風景 光景
広島県縮景園 2月22日撮影

春を思わせる様な暖かな日が続いています。これで梅など遅れていた開花も早まるのでは!2日前の縮景園の梅ですが紅梅が目立って、白梅が遅れ気味みたいでしたが、暖かな日が続くので一気に咲き始めているのではないかと思います。

一応今日で縮景園は終りにします。明日も天気良さそうなので‘梅の花’探しに何処かへ行ってみます。県外へ出てみるかな?


美しいですね~~



庭に白梅(清風館)



梅林~奥に夕照庵



白梅と夕照庵



梅風景



紅梅の華やかさ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縮景園 梅・風景

2011-02-23 17:45:48 | 名勝 縮景園 広島県
2月22日撮影

縮景園の梅、もう少しで見頃を迎えます。昨日の続き、今日は人物にスポットを当ててみました。天気よく梅の花見頃近くになると、よく見かけるのが和装ウエディングの新郎新婦の記念撮影。今回も見る事が出来ましたので、横から綺麗な姿を撮らして貰いました。日本の美ですね!

後は自身の姿を撮っているみたいで!

紅梅が目立ちました。


日本の美






しだれ梅と青空 自身みたい!



逆光で紅梅の色を強く出してみました。



美女!紅梅
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年 広島 梅

2011-02-22 17:50:17 | 名勝 縮景園 広島県
2月22日 広島市中区 縮景園にて撮影

広島、梅の名所でもある縮景園、天気もよいので梅の花見に行ってきました。今年は昨年に比べると1週間位遅れているみたいで、見頃までにはもう少しかかりそうです。梅林一部風景を!

昨年は今の時期見頃を迎えていました。 


梅林入り口付近から



園児達の遠足?






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縮景園で撮った野鳥

2011-02-21 19:34:57 | 野鳥 渡り鳥 
2月21日 
仕事で広島市内を走っていますが、今日の昼間は暖かく、車の窓を開けなければ暑いくらい、3月下旬の暖かさだったそうです。

今の時期ブログネタも不足気味!昨年は近くの河口の渡り鳥を多く出していましたが、今年は野山の野鳥へ興味を持ち、河口へは余り行っていません。もう少しすると花で忙しくなると思います。

広島市中区縮景園
昨年から今年にかけて撮った野鳥の一部です!

縮景園は年間何度も行きますが、殆どが旬の花撮りで、野鳥だけを撮りに行くことはありません。ついでにが多く、時間も長くはいません。沢山の野鳥を本気で撮るつもりなら一日居ないと駄目ですね!先月でしたか野鳥観察会があり雪の日でしたが沢山の野鳥が観察されています。
過去のブログ写真とダブりがあるかも!


蝋梅とヤマガラ 集団で行動 樹をつついている行動と音を聞くことが!キツツキ科ではありません。



白梅とヒヨドリ


シロハラ 冬鳥として全国に渡来 単独行動 開けた場所に出ることが少ない。


ジョウビタキ 縄張りを持ち単独で行動。縄張り内でごそごそしながら待っていると、近くで見る事が出来ます。


桜とメジロ


アトリ 冬鳥として全国に渡来 集団で行動します。開けた場所でも見る事が出来ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐メロと共に 映画音楽

2011-02-20 18:17:57 | 音楽(懐かしの曲)
Can't Help Falling In Love

エルヴィス・プレスリー  好きにならずにはいられない

1961年3月、映画「ブルーハワイ」の挿入歌として録音。1970年代の殆ど全てのコンサートのクロージングを飾った曲でもある。

大好きな曲です!

ラン展の残り写真を!

トリコピア・スアビス



カリコ ジム



チシス・プラックテッセンス



珍しいラン プレウロタス・デアグエイ

今日は仕事、少し疲れたので簡単ですがこの辺で、素晴らしいプレスリーの曲を聴いてください!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岩滝山の野鳥 シメ

2011-02-19 21:33:01 | 野鳥 渡り鳥 
2月19日 広島市安芸区船越

冬場ならではの野鳥撮り。今まで撮ってきた場所は岩滝山、瀬野川河口、縮景園と限られた場所。余り動いていない!

岩滝山もしくは岩滝公園とも呼ばれているみたい。何時ものごとく岩滝神社裏道から今日はルリビタキ♀2羽が迎えてくれる。何時ものジョウビタキ・シロハラはいない。

時間をかけながら登る、ゆく所々でルリビタキを見る。2羽がついてきているみたい?カメラを向けると、トコ~と逃げる。撮る気はない。そうこうしているとシメがいるではないか!久しぶりに見るシメ。昨日出しているのは昨年の写真、何とか望遠レンズで撮ることが出来たのが今日の写真。

撮り終わって、降りようとすると5m位下に犬が? 野犬?それにしてもこんな所にと思いながらじっと見つめる、向こうもびっくりしたのか動かない? もしかしてキツネではと思ってカメラを向けようとするとアットいう間にいなくなる。尻尾を見て初めてキツネと解る。写せなくて残念!何時か必ず! 神社近くにいる事は確か、ただ夜行性なので?

今日は野鳥撮影コースの途中にある梅の花を最初に!













シメ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩滝山で撮った野鳥

2011-02-18 18:28:17 | 野鳥 渡り鳥 
2月18日 
午後から天気がよくなり暖かくなるとの事で、縮景園の梅をと考えていましたが天気予報当たらず、青空の下で咲き始めた梅をと考えていました。曇りで少し寒い!

出かけるとなると何時もの山、岩滝山の野鳥撮りしかない。近くの河口の渡り鳥もいいのですが、今年はなぜか余り写す気になりません。という事で出かけたのですが残念ながら空振り、何時ものジョウビタキは遊んでくれましたが、(シロハラ・ルリビタキは何時ものごとく入り口付近に!)その他は全く駄目!

古い写真になりますが、今まで岩滝山で撮った野鳥を今日は出します。


ルリビタキ ♂ この野鳥を再度撮りたくて暇さえあれば山に!残念ながら何時も♀です。



シメ 少年時代には‘豆回し’と言っていました。畑などで穀物を食べ、くちばしで器用に皮をむくことから!



ミヤマホオジロ 集団で行動し遠から見るとスズメみたいです。最近見たことがない!



エナガ 動きが早いのでなか~ピントあわせが難しい!呆けています^^:



シジュウカラ 背中がとても綺麗な野鳥です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭・カトレア

2011-02-17 19:26:36 | 綺麗な写真 蘭
蘭・カトレアで写真を続けいますが、全てが広島市植物公園‘春をよぶランらんまつり’より 現在‘まつり’は終わりましたが、作品として飾られていたカトレア等の即売会が行われ大変な人気だそうです。

丹精こめて育てられたカトレア、その他の蘭、普段見ることの出来ない綺麗さ、とても感動しました。写真で紹介していますがうまく綺麗に表現が出来ているかは疑問?又色鮮やかさをそのまま伝えることが出来たかもこれまた疑問です^^;

今まで蘭を沢山撮ってきましたが、やはりカトレアの美しさは格別ですね!花の大きさも魅力の一つでしょう。洋ランの女王といわれるだけの事もあります。今日もカトレアの美しさを見てください。

参考までにカトレアの育て方のポイントを!
もともと熱帯、亜熱帯が原産であることからわかるように、高温多湿のの環境で生育しますので、寒さにさらさせないように注意、又湿度を保つため、特に暖房の効いた室内では、霧吹きなどでこまめに水分を補うようにしましょう。

中南米の蘭 カトレア(北米メキシコ~ブラジル、ペルー、ボリビア)







今まで見た事のない綺麗な色なのですが、写せません?











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経済大国

2011-02-16 18:06:05 | 話題 ニュース 
中国新聞天風録2月15日より
 「隣の車が小さく見えま~す」。こんなコマーシャルがはやったのを思い出す。旧西ドイツを抜き、日本が世界第2の経済大国になった1970年前後。千ccクラスの大衆車が相次いで売り出され、軽自動車からの乗り換えも進んだ。世はマイカー時代にわいた

当時もてはやされたのが「3C」。カーに加えてカラーテレビとクーラーも爆発的に売れた。国内総生産(GDP)は右肩上がりで伸び続けた。米国のホームドラマのような豊かさを夢見て、国中がフルスピードでしゃにむに坂道を駆け上っていた

それから約40年。なかなかトンネルを脱出できない日本を尻目に、隣の中国がナンバー2の座に。リーマン・ショックでも成長のアクセルはほとんど緩まなかった。各国のメーカーが競って進出し、今や押しも押されもしない「世界の工場」だ

自動車は生産・販売台数とも2年連続で世界一。半面、交通戦争に渋滞、排ガス問題…と過熱気味のエンジンからきしみも聞こえてくる。北京では先月からナンバープレート交付を抽選で絞り込んでいるという

かの国にはおそらく「隣の日本が小さく見える」に違いなかろう。もっとも、高度成長の光と影を知る「先輩」の知恵は役に立つはず。負け惜しみに聞こえるかもしれないが。
以上





中南米の蘭 カトレア











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野鳥・2月

2011-02-15 20:44:15 | 野鳥 渡り鳥 
2月15日 広島市安芸区岩滝山の野鳥

少し寒いが、午後から山に入ることに、運動不足の解消にも! 岩滝神社の裏から登る。先ず最初のポイントで寒さを我慢しながら待機、音を聞き・ゆっくりとあたりを探す。動くものがあれば殆どが野鳥だ。

鳥の鳴き声はヒヨドリだけ!その他は全く音もしない、今日は寒い!何時もだと日が当たり余り寒さを感じず待つことが出来るが、出来ない!

ゆっくりとあたりを見聞きしながら登る、頂上へ行く分かれ道付近でコツコツと音が聞こえる探す!最初にヤマガラ次にコゲラ、ヤマガラは1羽見るだけで撮ることが出来ず、コゲラは2~3羽何とか撮ることが出来ました。

あたりを又探す泣き声はしなくても、何がいるか解らない。小さな音?探すメジロだ!だが逃げられて撮れず!今日は何でも撮ってやろうとの気持ち!

又ゆっくり~見聞きしながら歩く、少し前を2羽が!慌ててカメラを覗くピント合わして、シャッターを切れたのはワンショットだけ!クロジ 後は何処にも姿なし。

最初のポイントに戻る途中でポイント付近に2羽、1羽はジョウビタキ、同じ様に見える!ジョウビタキが2羽いる事はない、縄張りを持ち一羽~のはずだ! 留まって様子を見ることに、もう一羽が動いたすかさずカメラを覗く、今まで撮ったことのないモズだ! 先ずは遠くからワンショット。また直ぐいなくなる。

最初のポイントまで降りて少し待つ、ここでルリビタキ、2~3mのところで5分位遊んでくれる。今日は確り写しました。 今度は少し離れた場所にモズが、写すことができました。


コゲラ



クロジ(次回は大きく写します)






遊んでくれたルリビタキ♀


最初に撮ったモズ♀






又ランに戻ります^^;

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

懐メロと共に 洋楽ポップス

2011-02-14 20:12:17 | 音楽(懐かしの曲)
ステキなタイミング 坂本九・ダニー飯田とパラダイス・キング

1960年 ヒット曲

まだ洋楽に不良の印象が伴っていたこの時代、そのイメージを一新する曲が登場する。ダニー飯田とパラダイス・キングの「ステキなタイミング」である。

ボーカルに坂本九を迎えて録音されたこの曲は、坂本の明るい声と笑顔により健全な娯楽として認識され、洋楽ポップスは全盛時代に入っていく。

原曲は英語(グット・タイミング)なので意味が解らないから、もっぱら坂本九ちゃんとダニー飯田とパラダイス・キングのカヴァー「ステキなタイミング」で歌詞を楽しんでいた。‘火の玉投手からヒットを打つのも、がんこ親父の娘をデートに誘うのもみんなタイミングがかんじんなのさ’という内容で、聴いているだけで、なんだかウキウキする気持ちになる楽しい曲だった。

同時代、水原弘とブルー・ソックスでロッカビリーを歌っていた森山加代子が「月影のナポリ」でデビュー。大ヒットをおさめ、一躍人気者になる。同じプロダクションの坂本九とテレビや映画で競演を重ね‘ゴールデン・コンビ’と呼ばれた。

懐かしい・昭和35年の出来事でした。




中南米のラン カトレア














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<object width='160' height='140'><param name='movie' value='http://www.digibook.net/p/99WRYVA4ufY_LTPL/'/><param name='wmode' value='transparent'/><embed src='http://www.digibook.net/p/99WRYVA4ufY_LTPL/' type='application/x-shockwave-flash' wmode='transparent' width='160' height='140'></embed></object>