風景写真と俳句のコラボ

PENTAXのK-1と富士フィルムの
X-T2で撮影した写真に俳句を付けて
撮影者の想いを感じて貰いたいと思います。

蓮池に冬の青空映しけり

2017年01月03日 19時34分45秒 | 長居植物園

 蓮がピンクの花をつけ、蜻蛉が飛び交う夏の日も、同じ様な青空に白い雲が浮かんでいた。
 池は夏空も冬空も分け隔てなくなく水面に映す。蓮は盛りを過ぎ枯れ果ててしまったけれど、
 この冬を越すと春が待っている。そして、春が終わる頃に水中でじっと息を潜めていた蓮の
 花が一斉に夜明けとともに「ポン」という音とともに咲き始める。

  水面に映った冬空と枯れた蓮の色が絶妙に表現されていました。By X-T2 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春よ来い花で埋もれる川の淵 | トップ | 枯蓮の向こうに春を見つけたり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

長居植物園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。