真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

そうだなって、納得です。美輪明宏さん。

2017年08月31日 | Weblog
ネットで見たのですが、本当にそうだよねーって、納得しました。美輪明宏さんて、大変申し訳ないけど、チョット受け入れ難い様相なんですが、言うことには筋が通っていて、権力にもめげずに発言するお姿には同感する方達が多いのではと思います。

美輪明宏さんが「子どものため」って大人はよく言うけれど、本当だろうか。有無を言わさずに子どもを方向づけ、小学校でも道徳を教科にして大人が評価するようになる。それってほんとに子どものため?

美輪明宏さんが語った被爆「悲惨な光景、歌作りの原点」
私が一番多感だった子ども時代は戦時中でした。長崎の実家はキャバレーのようなカフェや銭湯をやっていて、昼間とは違う大人たちの姿を見て育ったので、かわいげのない、変わった子どもでした。

普段は立派な身なりの人が意外とだらしのない体で、ヨイトマケのおばさんが立派な体だったり、官職にある人がお忍びで来て、ホステスにいたずらしてヘラヘラしたり。そんな大人たちが「ねばならない」と押しつけていた軍国教育は、長崎にも原爆投下を招いた末の終戦で全てひっくり返り、美徳とされてきた価値観は悪徳に〜〜と書いてあった。

国会答弁を聞いていた小学生が、ママに嘘をついても良いの?って言われ、答えに窮しテレビを見せない様にしているって、教え子がいっていたことを思い出した。

記憶にございませんという答弁を繰り返し、よくぞ頑張って嘘をつき続けてくれたとばかりに、阿部政権に評価されて、ご出世なさった官僚もいる。

官僚や政治家ばかりだけが、子供達の模範とならない人たちとは思わないけど、質が悪すぎて。Best quality はもはや日本製品だけってことになっているのかもね。

子供たちに誇れる様な生き方して無い社会になったとすれば、大人が何を言っても説得力無いな〜〜。尊敬される人間にならなくちゃね。その基本が権力に負けずに嘘をつかないってことだろうにと思う。こういう人達の子供はどう思ってるんだろう。

もっとも阿部夫妻には子供がいないので阿部家もこれで断絶ってこと?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョコレートの歴史

2017年08月30日 | Weblog
ハワイのお土産というとマカダミアナッツとチョコレートだけど、テキサスで大量に買ったチョコレートがグタグタに溶けて、チョコきちにあげられなかった。

溶けても欲しいという友人もいて、まだ冷蔵庫に入れてある。他方、ハワイから買っていくチョコレートが夏でも溶けなかったので何故だろうと調べたら、マカダミアナッツをコーティングするチコレートは、ナッツの成分で溶けないにだそうだ。

常夏のハワイで経験したことないことを、6月のテキサスで経験したので不思議だと思っていたのだが、ナッツは良い働きをしているのだなと思う。

ホテルで毎週水曜日に行われるレイメイキングのクラスでも、ククイナッツが人々にどのように使われてきたかを説明してくれる。ククイナッツのレイは100年持つと言われ、病気の時に傷口に塗ったり、またオイルの代わりに使ったり、ローソクの代わりにしたりと生活の中で、また漁に出たときにも海で使われていたそうだ。

日本はポリフェノールブームでビターチョコレートがブームだが、ハワイはオーガニックの野菜や果物が多い様に思う。日本の大手メーカーとしていち早くハイカカオチョコレートを発売したのは森永で、「入口は『健康のため』でも、『食べたらおいしかった』『クセになる』という人が多いことが、継続購入につながっているのでは」と森永は見ている。

ビターチョコレートの市場はごく小さかったそうだが、ここ数年のハイカカオブームで各社が次々に新商品を投下しており、市場が急激に広がっている。購入している中心は、従来のチョコレートよりも年齢が高めの50代から60代女性。

男性シニア層などこれまでチョコレートをそれほど食べなかった人にも購入が見られ、健康意識の高い人に継続購入されやすいのも特色。ハイカカオチョコレートが、今後のチョコレート市場を拡大する可能性を秘めている。

チョコレートは明治っていうCMが耳に残っているけど、あの茶色の包装紙で平たいチョコレートが懐かしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎年同じ様に

2017年08月29日 | Weblog
日本時間で月曜日の夜に成田を立ち、ハワイ時間の朝9時にはホテルにチェックインしました。ハワイは入館手続きに恐ろしく時間がかかるところでしたけど、最近コンピュータシステムとESTA の事前登録のお陰で、本当に入国手続きの時間が短縮されるようになった。

母が存命中は、母は車椅子を使っていたのでハンディキャップようで入国できたので待つということがなかったのだが、考えてみたら私もハンディキャップなので言ってみたら、どこの国に行ってもハンディキャップ扱いで入国に全く時間がかからないことが判明した。

そのためホノルル空港にランディングして、タクシーでホテルまで来て、ホテルにチェックインするまで1時間ちょっとかかるだけだ。

いつもの様に、毎年同じ部屋を用意して貰って、ホテルからwelcome compliments がカゴいっぱいに届いていて、毎年お会いするホテルスタッフの方とリザベーションの女性にもお会いすることができた。

実は来る飛行機のお隣り座った若い男女(後で分かったのだが沖縄の大学生だった)が全く英語がわからず、チャイニーズの男性のCAが切れてひど〜い態度を取ったので、2人を助けてあげた。

その後もCAの態度は2人にとても悪かったので、見かねて注意した。ユナイテッド航空ってこんなに質が悪かったかしらと記憶を辿ったのだが、ユナイテッド航空会社には乗らないようにしていた。

エアカナダのCAをしている友人と話したら、客層も変わってCAも大変なんだそうだ。申し訳ないが中国人のマナーが酷いみたい。

通路挟んだ隣に中国人が座っていたけれども、食べ方も汚いし機内に持ち込んだ匂いの強い食べ物を食事が出される前に食べ始めてその臭い閉口した。

これだけ世界中の人が移動する社会だから、いろいろです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕方からちょっと休暇に入ります

2017年08月28日 | Weblog
毎年恒例のことだけど、夕方からハワイに行ってきます。今回は少し長めに滞在し、友人たちと会う約束をたくさんしています。28ヶ月ウクライナに行ってしまう人と会います。

私が帰国する翌日に出発するというので、偶然とはいえ、時間がたっぷりあるので良かったと思います。メッセンジャーでユニクロのヒートテックの長袖のシャツを買ってきてとリクエストが来たので、早速買いに行ったら、もう秋冬物なんですね。

池井戸潤の本も沢山持ちました。買い溜めてあっても、ビジネス書、専門書ばかりを読んでいるので小説を読む時間がなく、海外にでる楽しみの一つに「小説を読む」があるのです。移動するのでもなく、観光に行くでもなく、滞在型ですので、ゆっくり、のんびりです。

途中から友人ご夫妻や友人、テキサスからアマンダ姉妹も来る予定になっているので、2週目から忙しくなるかもしれません。今年は昭子はご招待しませんでした。ハワイと常夏なんだから暑いに決まってるのに、昨夏は暑い暑いと大騒ぎしたので、デブの昭子はもう絶対の招待しないと宣言しました。太り過ぎの昭子には、ハワイは無理なんだと思います。がっ、お嬢さん2人は楽しみにしているようです。

どうなることやらですが、なるようにしかならないし、ゆっくりして来ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界選手権大会目白押し

2017年08月28日 | Weblog
イギリス、グラスゴーで行われていたバドミントンの世界選手権最終日に、女子シングルス決勝では奥原希望(22)が世界シングルスで金メダルを取った。夜中に放映されていたのを偶然見て、最後まで見た。すごい試合だったな〜。、

リオデジャネイロ五輪では、シンドゥ・プサルラ選手に(インド)負けたのだが、今回はフルゲームの末に破り、金メダルを獲得した。実力伯仲で一喜一憂した。あのアレベルまでいくと、技術もさることながらメンタルタフネスなんだなとつくづく思った。教え子たちに決してあきらめない気持ちを学んで欲しいな〜と思いながら応援していた。

また、レスリング世界選手権2017も開催されていて、吉田沙保里選手と伊調馨選手が今大会は欠席だったけど、若い人たちがすごく活躍し、金メダルラッシュだった。レスリングもフィギュアスケート同様に世代交代ができるようにきちんと育成されているんだなと思った。

今日から、2017年ブダペスト世界選手権が始まる。残念ながら日本にいないのでTV放映を見ることができないのだけど、柔道も最近強くなって、見るのが楽しみな競技だ。一時期柔道だかレスリングだか分からない時期があったけど、本来の組む柔道にルール改定されてから、試合が面白くなった。

2017年ブダペスト世界選手権の団体戦が男女混合に変更となったことに伴い、平成29年全日本柔道選手権大会終了後に行われた強化委員会で個人戦男女18名を決定したのだが、柔道界のためにも、ご自身のためにも頑張って欲しい。

私は取り立てて格闘技が好きとは思っていないのだが、レスリング、柔道は面白いと思う。考えて見ると、サッカーや野球のように団体ゲームよりは、卓球、バドミントン、テニスなどが興味深い。

子供の頃からスポーツ好きだったので、中学の時は学校代表で水泳選手権にも出場したこともある。高校ではバスケット部に所属していたのだが、左膝の軟骨剥離になって、途中で断念したのだが、その後遺症で今でも膝痛で悩んでいる。

社会人になってからはゴルフ教室とテニス教室に通ってスポーツに励んでいた。今はスポーツはしないけど、観ると感動する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加