真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

国と企業で留学支援金

2013年02月28日 | Weblog
時代はグロ-バルだというのに、内向き志向の若者がどんどん増えているのが問題になって久しい。原因は様々有るが、なかでも大きく影響しているのは経済的問題だ。

アメリカに留学する場合、単純に計算しても1年で200万円くらいはかかるだろうと思う。昨日も書いた様に学生の2人に1人が奨学金を借りている現状では、もうこれ以上借金を増やすこと等考えられず、留学は夢のまた夢となっている。

平成生まれの人たちは、海外にそう抵抗感は無いのだ。つまり、子どもの頃から家族旅行で海外に行った経験もあるし、高校の修学旅行でも海外に行っているからだ。また、彼らが海外旅行に行くとすれば、団体旅行やパッケージ旅行をこよなく愛し、自らバックパッカーとして世界を一人で回ろう等という若者は減っている。

現にHISでは若者にはパック旅行の方が売れていると言うからびっくりだ。つまり、海外はとても身近では有るけれど、それは留学などして海外で苦労するのではなく、一時の物見遊山の海外ということなのだ。

学生に繰り返し言っているのだが、学生時代に海外で勉強し、様々な国の人々と共に学ぶ経験は将来とっても重要なのだと。若い時の経験が、その後のその人の人生観や生き方を変えるからだ。

政府と企業が「200万までを無利子で貸与するので留学を」ということなんだけど、無利子であろうと借金は借金だ。毎年優勝な成績の学生を無償で留学するプログラムでなければ、留学する数は増えないと思う。

私の場合は、父親に頼み込んでお金を出してもらったが、29歳の時の夏のボーナスを全額両親にお小遣いと言って渡してチャラにしてもらった。とうてい、父に出してもらった金額には遠く及ばなかったが、それでもその時は少しだけ晴れ晴れしたのを覚えている。

私にとってのこの経験は、自分の生き方を大きく変えたと思う。総てにおいて自立することが一番重要なんだと学んだし、自分の考えや意見をしっかりもって生きることも大切なんだと学んだ。また、この経験が無かったら海外と関係するビジネスや外資系企業で働かなかったと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学生の大借金

2013年02月27日 | Weblog
今は若者の半数が大学に進学し、進学者の半数が奨学金をもらっているのが現状だ。だから、学生たちは学べば学ぶほど奨学金という名の借金を背負い込むことになる。大学4年間で400万近い借金をし、卒業後に返済をしなければならない。

22歳で400万近い借金は相当高額と言わねばならない。ましてや、今は不況で大学は出たけれど就職がままならず、非常勤やアルバイトをしながら就職先を見つけなければならない生活を強いられる場合は、この借金が重くのしかかる。

つまり、今や大学を出たからと言って就職が決まる社会ではないのだ。学歴のインフレが進み、大学を出た価値がどんどん低くなっていると考えるべき時でもある。誰でも学びたい人が学べる社会は重要だが、目的も無く借金までしてただ大学に行く価値があるのだろうかということだ。

こういう風潮のため、今の若者は安定志向のために国立の医学部志望がものすごく多い。つまり、医学部に行けば、将来、安泰だと。例えば、一昔前なら京大の理学部に行っていたような子が、いまは大阪大学の医学部に行くのだ。それで国立大の医学部に、優秀な人材が集中するようになり、国立の医学部に、のきなみ人材が吸い尽くされているというのだ。

なぜ若者たちはそんなにも保守化しているのかというと、やはり、将来への不安が根本にあるからだ。経済の先行きが暗いというのは、先が読めない時代だから、若者が自分を守ろうとするのは、仕方のないことなのかもしれない。

そう言えば、あれだけテレビでブレイクしているスギちゃんやキンタローでさえ、近い将来への不安を番組中で吐露している。ああいう人が不安だったら、誰が自信を持てるんですかって若者は思っているらしい。

不安になると罠にはまると私は信じていて、何の根拠も無くても私は不安を感じない様にしている。ただ「大丈夫!」って。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性大統領誕生

2013年02月26日 | Weblog
2月25日は朴槿恵大統領が就任した日だ。実はスヒョンが月曜日25日に1週間の滞在を終えて羽田から帰国した。彼女はソウルからKTX(新幹線)で木浦迄帰らなければならないのだが、大統領就任式と重なって切符が取れなくて大変だったらしい。

韓国のKTXは殆どがネットを通じて購入するので車掌さんが車内で切符のチェックに来ない。私がKTXを利用する時は、韓国で買ってもらってからE-mailで座席番号を送ってもらって、実際の切符無しで乗るのだが、今迄問題が起きたことがない。

朝11時の羽田発で金浦空港に出発し、無事に木浦についたと電話があったのが夜8時頃だったので何でそんなに時間がかかったのかと聞くと、KTXが4時半のしか取れなかったため、ソウルで美容院に行って時間を潰したと言っていた。無事に帰れて何よりだ。

25日午前、韓国初の女性大統領朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は、ソウル汝矣島の国会議事堂広場で就任式に臨み、新政権の目標として「経済復興」「国民の幸福」「文化隆盛」を挙げ「経済復興を成し遂げるため、創造経済と経済の民主化を推し進めると述べた。

朴大統領は「公正な市場秩序が確立されて初めて、全国民が希望を持ち、汗を流して働くことができると思う。一生懸命努力すれば、誰でも立ち上がれるよう、中小企業の育成政策を推進し、大企業と中小企業が共生できるようにするのが、私の追い求める経済の重要な目標」と説明した。

日本と同様に、韓国はそれ以上に女性の社会進出が遅れている国だ。世界ランキングで100位以下なのは日本と韓国くらいだ。不思議なのは、韓国の男、特に父親が家庭内でなんであんなに権力を持っているのかと思う。

それでも女性大統領を選択した国民は日本よりも一歩先んじたかもしれない。アメリカで「I'm back.」なんて言って照れてる何処かの総理大臣とは違うかもね。3本の矢を贈られてほくそ笑んでいたっけ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人だらけ

2013年02月24日 | Weblog
土曜日の早朝、5時半頃から築地のマグロ解体を観に行った。釜山のチャガルガ市場は韓国人も行く場所なんだそうだが、スヒョンは、韓国木浦に住んでいるのに、海辺の街木浦では一度も市場に行ったことがないのだそうだ。前日から心して早起きして行った。

やはりとても寒く、駐車場を探すのに苦労するところだったが、今日はスムースに停めることが出来たのでさい先が良いと感じた。場内も場外も思いの外空いていて、なんだか拍子抜けした。前回行ったときは、平日にも関わらず相当混雑していたのだ。

やはり外国人の姿が目立った。築地は海外で有名な所だ。ちなみに、吉祥寺にある焼き鳥屋の伊勢屋も海外で相当有名でスヒョンが今回どうしても行きたい場所として、築地、伊勢や、ジブリ美術館を挙げていたので、ジブリ以外は付き合った。伊勢やにも外国の客人がいて、煙もうもうの所で、焼き鳥をほうばっていた。

スヒョンによるとジブリも韓国人とアメリカ人だらけだったらしく、ジブリのグッズ売り場、お土産屋さんでは、奇妙な「スミマセン」という言葉が飛び交っていたと言っていた。お店に行ったら「スミマセン」と言うと、本に書いてあるらしい。

さて、築地場内には、美味しい食べ物屋が多く有るけれど、朝6時半だというのに、ある店の前には60人くらいの人が行列を作っていた。寒空の中、良く辛抱出来るな~と感心し、その行列を横目で見ながら、私たちはよその店で海鮮丼と有名な卵焼を行列を作って食べた。

しかしである。場外の海鮮丼にはとてもがっかりした。観光客を相手にしているつもりなのだろうと思うが、表示されている価格の物をオーダーすると、生のマグロは○○円で食べられますと囁くのだ。築地だからといって少しも安くはないし、取り立てて美味しかったわけでもない。

敢えて言うなら、ぼったくりに近いと感じた。以前はこうでは無かったのに。店員さんの何人かは中国人か台湾人だった。こんなに朝早くから働く若い日本人はいないよな~と思いながら食事をして早々に引き上げた。

2年前と比較すると景気がとても悪いと感じたのだが、実際はどうなんだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣書

2013年02月23日 | Weblog
お見合いには当然ながら写真は言うまでもなく、釣書が大切だ。写真は○○デパートで写真を撮影してもらうのが良いとされているのだが、これは就職活動の写真も同様なことが言われている。さらに釣書(プロフィール)も重要だ。

婚活は就職活動とほぼ同じで、ただなぜこの人とお見合いするかの『志望動機」がないだけだ。あったら面白いのにね。あるいはエッセイなんかも書かせるとそいつの頭の程度が分かるし、勧化方も分かるから、釣書に一緒に添付すると良いのにと思う。

釣書に趣味は「散歩、家庭菜園」と書くよりも「ウオーキング、ガーデニング」と書くと若々しい印象になるそうで、釣りをフィッシングと書くのが良いのだそうだ。じゃー、お料理ではなくクッキングですか?違うでしょう?料理は料理だ。

笑えるのは、自営業の男性あ備考欄にお相手への希望をひとこととして、「軽トラの運転ができる人」と書いたらしいんだけど、これって「求人」みたいだ。要自動車免許っていうのも変だし、敢えていうなら車の運転、じゃなかった、ドライブが得意な人かな?

今ドキのお見合いは、お見合いした=結婚」ではなく、お断りすることができますというのだが、昔だって断ることはいくらでも出来た。とにかく、お見合いしないことには、異性と会わないことには、婚活は始まらない。

そして、会うために必要なこと、つまりその1つが、「会いたい」と思ってもらえるプロフィール作りなんだそうだ。やっぱり就職活動と同じだ。
釣書の言葉をカタカナに変えたり、ざっくりした言い回しにするだけでお見合いしやすくなるのだそうなんだけど、ここのところが就職活動と違う所かな。

履歴書にざっくりした言い回しで書いたら、書類選考で切られてしまう。○○活動っていうのが流行っているけれど、活動っていうからには、何か行動を起こさなければ何事も始まらない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加