真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

実効性のほどは?

2011年01月31日 | Weblog
日本経団連は先日、企業の就職・採用活動の長期化が学生の本分である学業に支障をきたしていることを受けて、「倫理憲章」を見直すと発表した。今の採用活動に問題があると言われて久しいが、一向に改まる気配はなかったから、少し前進ということか?

「選考活動」の開始日は現行通り最終学年の4月1日とするが、新たに「広報活動」の開始日を「倫理憲章」上に定め、学部3年次・修士1年を、次の12月1日と規定するとした。本年度中に「倫理憲章」の改定を行い、2013年4月入社予定者、現在の大学2年生の採用選考活動から適用する。

ただし、外資系企業等はこの倫理憲章に觝触しないから、優秀人材を外資系企業に採用されてしまうという懸念は残ったままである。グローバル時代の企業経営には、グローバルに通用する人材がますます必要になる。

この倫理憲章がどこまで企業間に浸透するかもまだ分からない。紳士協定に近いものであるし、これによる様々な問題点も指摘されているが、経済会が動き出したことには評価したいと思う。しかし、学生が就職活動に振り回されないために、また不安と戦わなくてよくなるためには、各企業がどのような人材を必要とし、採用基準としているのかを明確に学生に示すことこそが重要なのだと思う。

採用基準も不合格の理由も明確にされず「お祈りメール」一本で学生は右往左往しているのである。「あなたたちの就職活動は少し遅くなるかも知れないね」と現2年生に言ったら、「きっと、何も変わらないと思う」と冷ややかに言われてしまった。案外学生の方が冷めているかもね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一体誰が受験生なのだろう

2011年01月30日 | Weblog
大学の入学試験がぼちぼち始まり、2月が私立大学の受験期となる。最近の傾向として、入学式と卒業式にご両親や祖父母が出席するのはもはや当たり前になっているのだが、入学試験でもこの傾向がある。

入試に親が付き添ってきて、子どもの受験が終わる迄、数時間控え室で待っているのは当たり前の光景となっている。大学側も付き添いの控え室を準備するのも慣れっこになってきた。私の頃の受験では考えられないことだった。子どもが受けたい大学を決め、そして高校の担任に受験校を言い(進路指導なんてものも無かったと思う)、親は受験料と入学金を払うだけだったように思う。総ては自分の責任で行っていたように思う。

今は、AO入試や推薦入試で早々に入学が決まる生徒が多いため、入学前教育と称して高校生に補習授業を大学が行うのだが、生徒本人が来られないからといって、代わりに父親が入学前教育に参加したのだそうだ。冗談ではなく本当の話しです。

さらに、入試説明会に生徒本人が出席せずに、父親が独りで出席するというケースも数回あったそうだ。入試は父親がするのではなく生徒がするのに、一体どういうことなのか全く解せない父親の行動である。ひょっとして、リストラで閑してたってことかな?

受験にしても、就職にしても親の発言力が大きいように思うのだ。過保護は子どもの自立心を削ぐことになるのにと思うが、何より一体誰が受験生なのだろうと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偏差値よりも就職力

2011年01月29日 | Weblog
最近の受験生は、就職活動を意識して受ける学部を決めると書き込んだばかりだが、いい大学の条件は就職の面倒をよくみてくれることらしい。大学を評価するポイントについて、博報堂が18歳から69際の約4千人に意識調査をしたところ、4割以上が就職の面倒みの良い所と答えた。

3人に1人が就職活動による学業不足を懸念しており、深刻化し長期化する就職難を映し出す喧嘩となっている。就職支援の面倒見が良いことや主卒業生が社会で活躍しているなどが大学を評価する際に重視しているようだった。

ようは、大学や入試の仕組みが多様化しすぎて、偏差値だけでは判断出来なくなっている中で、就職力が大学の教育力を評価する分かりやすい基準として捉えられているようだと博報堂教育コミュニケーション推進室は分析している。

入試方法の多様化は、同じ大学の学生の能力の多様化を引き起こしていることは間違いなく、教育現場で問題になっている。大学間格差が大きくなっているだけでなく、同じ大学内での学生間格差も大きくなっているのである。だから、大学名、偏差値だけではもはや学生の能力の保証は無いってことだ。

これから、ますます各大学は就職支援に力を入れることだろう。しかし、出口(就職力)が入り口(入学者)を引っ張るなんてことは、昔から散々言われてきたことで、何も今更取り立てて言うことでもないように思うのだ。大学って何をする所なんだろうとも思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マモシメ

2011年01月28日 | Weblog
マモシメと聞いて何のことが分かれば、それは相当航空業界に詳しい。マモシメとは「マモなく搭乗シメ切りです」のことだ。日本航空は世界で最も定刻通りに到着出来る国際線として、2年連続1にに選ばれたのだそうだ。この記録を樹立出来たのは地道なマモシメなのだそうだ。

つまり、遅れない秘訣は「マモなく搭乗シメ切りです」と空港で大声だ叫ぶからだそうで、ライバル社の全日空を小差で押さえての受賞なのだそうだ。破綻を経験し、昨年は色々大変だったろうが、マモシメで1位とは日本の航空会社らしいと思う。

羽田空港が国際線を本格化した時も日本航空は出発時間を少し早めて全日空をおさえ、出発第一号をとったのだと聞いた。地道な努力は他にも出来そうなものだと思うのだけど、何事も「初」が大事なんだって。

それにしても、マモシメもそうだけれど、どうして何でもかんでも省略して言うんだろう。「アケオメ、コトヨロ」から始まって、今の若者の語彙には驚く。言葉が出来たと同時に省略形も同時に考える時代のようだ。

圧巻(?)は、ある女の子の言葉が話し終わるのを継いで、突然、し~~と言った時だ。その子が話していることも「そうだし」の、しをし~~とだけ言って、自分の言いたいことを話し始めた時には、「こいつはアホに違いない」と、私は確信した。正しい日本語を話そうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この時期になって

2011年01月27日 | Weblog
後期もそろそろおしまいで、期末試験や期末レポートを提出すべく現役生は今一番忙しい時期だ。4年生の大方は大体前期迄に必要単位数をクリアーし、余裕で卒業式を待つばかりだと思う。中には履修を間違えて卒業単位数は足りているのに、後期も通っている学生がいないでもない。

キャリア開発論は、1~2年生で履修すべき科目なのだが、4年生の後期になって卒業間際にこの授業を履修しようという学生は、大体が卒業単位が足りなくて頼み込んで履修する学生だ。正当な理由がない限り、履修を認めざるを得ない訳だが、これが結構厄介なのだ。

4年生の前期は就職活動真っ盛りで、授業に出られないことも多い。さらに後期に入っても就職活動を続けながらぎりぎりの単位でなんとか卒業をと思っている学生には相当厳しいことになる。出席日数が規定に足りなければ容赦なく落とす。これは当たり前のことだ。4年生だからと言って特例はない。

今回も日数が足りなくて落とさなければならない学生がいる。就職先も決定しているのにと思うと心が痛む。就職先が決まらずに留年すると言うなら、今の時代なら理解出来るが、全くその逆である。この学生が「もう、覚悟は出来ています。申し訳ありません」と涙目で謝りにきたのだ。授業態度も授業内での積極性も申し分ない学生なのだ。

外は青空が広がり気持ちの良いお天気なのになぜか心が晴れない。学生は留年する覚悟が出来ているかも知れないが、私は憂鬱だ。「なにごとも準備8割、備えあれば憂い無しなのに」、彼の今後の人生を左右することに出来れば関わりたくないな~~。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加