真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

2010年は明日から

2009年12月31日 | Weblog
月曜から胃腸のインフルエンザにかかり、体調絶不調で緊急で点滴を打ってもらった。私はクリスマスが終わり、仕事納めも終わると数年に一度、この胃腸のインフルエンザに罹る。鼻水とか喉が痛くなる訳ではないのだが、吐き気、腹下し、もどして結構きつい。

絶食して点滴を打つのが一番手っ取り早い方法なので、かかりつけのお医者さんにお願いして今年もお世話になった。今日はなんとか起きて、通常の生活を始めたのだが、年末に寝込むと予定が大幅に狂って困る。年末年始に片付けることを決めていたのだが、病気には勝てないから仕方無いと諦めた。

早々にカレンダーを2009年から2010年に変えていたのをすっかり忘れて、来年は2011年だとばかり思い込んでいた。今週、文科省のある資料を読み込んでいて、「あれっ来年は2011年だから、2010年の最新データがあるはずだ」と文科省のウエブサイトで探しまくった。

そこで、はたと気がついた。まだ今は2009年だと。病気で頭が働かなくなっちゃったのかも知れないと思いながら苦笑した。なぜって、韓国の友人に2011年も良い年でありますように、とメール返信してしまったからだ。

今頃、韓国で友人はびっくりしているに違いない。韓国がいくら数え歳で年齢を数えるからと言って、年号は数えでは数えない。これが私の本年最後のドジでした。来年もきっと、考えきれないほどドジを踏むかも知れないが、来年のことを言うと鬼が笑う(最近こういう文言を余り聞かない)と昔は言ったけど、来年は明日からだ。

「1年の計は元旦にあり」と言ったものだが、今は1年が早過ぎるし、余り年末年始のけじめも無くなってきているしで、手帳だけは新しくしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年に1度

2009年12月30日 | Weblog
4年に1度の冬季オリンピックが来年2月にバンクーバーで開催される。スピードスケートやフィギュアスケートなどの選考会が行われていて、日曜にフィギュアスケートの代表選手男女3名づつが決まった。SPは観ることが出来なかったが、自由演技はしっかりと観た。

特に女性は混戦で、中野選手と鈴木選手は僅差で鈴木選手が代表に選ばれた。勝負の世界は厳しいな~といつも思う。4年前のトリノでは、荒川選手がイナバウアーで金メダルを取ったのは記憶に新しい。あれからもう4年経ったのかと思う。荒川選手はすぐに引退してプロになってしまい、今では解説者として活躍しているけど、割合あっさりと競技から引退してしまったな~というのが感想だ。

それに引き換え、今回も村主選手がまだ現役で競技に出場していた。これで現役を引退するようなのだが、村主選手はとっても長い競技生活をおくった人だ。でもそれよりももっと驚いたのは、スピードスケートの岡崎選手が38歳でまだ現役で滑っていた。500メートルで代表選手にまた選ばれるらしく、選ばれれば5回目のオリンピックとも聞いた。

フィギュアスケートは次から次へと若い優秀な選手が出て来て、日本スケート連盟は選手の育成に大成功していると言えるのだが、スピードスケートの方はどうなっているのだろうと、ふと考えた。でも、20年も現役で頑張ってオリンピックに出る岡崎選手は凄いし、代表になれなかった清水選手もお疲れさまでした。

今日は30にちだから、街中はお正月準備で大忙しだけれど、受験生と論文を書いている院生、冬季オリンピックに関係している方などはそれどころではないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始の帰省

2009年12月29日 | Weblog
日本航空と全日本空輸は18日、それぞれ年末年始、2009年12月25日から2010年1月5の旅客予約状況を公表した。国際線の予約数は、JALが前年同期比11.6%減の41万9407人にとどまっているのに対して、ANAは同7.1%増の17万9214人となった。

JALは韓国・台湾方面の予約状況が大きく落ち込んだのに対して、ANAはアジア向けが好調となっている。先週土曜日に友人が言うのは、ニュージーランドやハワイは相変わらずもう一杯だったけど、インドネシア(バリ島)はがらがらだったのだそうで、30日から急に出かけることにしたと言っていた。

こんな不景気では、海外旅行どころではない人が多いのではないかと推察する。ボーナスが出ただけ良いと思っていると言った人もいるくらいだから、年末でリストラされた方だっていると思うのだ。

一方、国内線は、 JALが6.7%減の132万1179人、ANAが同4.9%減の135万3995人とともに減少した。JR東日本の割引キャンペーンなどの影響とみられているのだが、高速道路休日1000円も影響しているんじゃないかと思う。少しでも節約してと思うのが今のご時勢だからだ。となると、相当の混雑が予想されるので運転するお父さんは大変だろうな~と思う。

年末年始は大学院の人たちと同様に論文書きで終わってしまいそうだ。最悪なことに、昨日から吐き気と腹下しになっているので、胃腸の風邪だと思う。幸い東京産まれなので帰省する必要は無いけれど、体調管理をしっかりして新年までには治さないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も授業

2009年12月28日 | Weblog
今年もそろそろ仕事納めの方がいるらしく、先週の土曜日は海外脱出組みが大勢いた。この不景気になんとも景気の良い話しだなと思っていたら、どうもそうではないらしい。海外旅行も安・近・短らしく、先週土曜日に出発して大体31日迄に戻って来てしまうパターンなのだそうだ。

しかしながら大学は違う。今、文部科学省が大学のカリキュラムを厳しくチェックしているので、半期毎に必ず15週授業を行わなければならないため、ハッピーマンデーで授業が潰れると、どんどん終わりが延びるのだ。

そのため、今日が年内最終、年明けは1月4日という大学も多々あるのだ。こうなると地方出身の学生は可哀想だ。お正月の帰省がどんどん短くなってしまうからだ。

学生は勉強が仕事とはいえ、年末は学生の稼ぎ時でもある。年末年始の過ごし方を学生に聞くと、殆どがアルバイトだと言った。パートなど家庭を持っている方達が働けないので、学生たちがカバーするのだと言っていた。

こう考えると、やはり学生のアルバイト抜きでは、成り立たないビジネスが沢山あるのだなと実感する。あの楽しいクリスマスもアルバイトなんだと言っていた学生がいて、ちょっと気の毒に思った。後少し、体調を崩さずに頑張って欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

25日締め切り

2009年12月26日 | Weblog
年賀状の閉めきりが25日。この日迄に出せば1月1日に配達してくれるということで、大々的に宣伝していたけれど、母のはどうにか25日までに間に合わせて書いたのだが、自分のが後手後手になっていた。

それでも、昨日の夜遅くになんとか書き上げて今朝26日の朝一番でポストに投函した。今年お知り合いになった多くのかたから賀状をだしたいので、自宅住所をというメールを頂いていたのだが、丁重に辞退した。

毎年、この時期が殺人的に忙しくなる。昨年までは何とか筆で書いていたのだが、今年は5枚書いて断念した。時間がかかりすぎる!。予定枚数を書こうとおもっていたのだが、次いで半数近くをまたまた断念した。今年はいつもの1/3しか書けなかった。あとはそのまま放ってある。1日に届いた方は運の良い方だ。後は、年明けに書けば良いと腹を決めた。

もしかすると、久しぶりに購入した宝くじがひょっとして、ひょっとして31日に当選したらどうしようなんて、夢のまた夢み心地なんだけど、残り少ない年内も仕事漬けだ。

でも、25日締め切りの年賀状1日配送サービスをもう少し伸ばして欲しいな~と思う。別に1日に到着しなくても良いって思えばいいんだけど、なぜか1日に拘る自分がいる。それでも、今年は断念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加