真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

とても便利になった

2009年10月31日 | Weblog
22日にウインドウズ7が発売になり、アップルもが同時に新しいバージョンが発表になった。その2週間前にMacintoshの見積もりを取っていたのだが、突然お店から電話がかかり、新しいモデルがでるので新旧どちらにするかと聞いてきた。そんなこと全く知らなかったので詐欺みたいだなと思ったのだが、マックの人たちも知らされていなかったのだと言ったので、しかたが無いと納得はした。

色々聞いてみると、もちろん新しいのが良いに決まっていると言われ、へえ~~、そういうものなんだと思って、新しいのを購入した。値段は新しい方が安くなっていた。これもなぜか不思議だ。今年は1年以内にノートパソコンに続いてデスクトップも買った。

私はずっとMacintoshユーザーで、それ以外が使えない。使い始めたのは約20年前くらだと思うけど、当時から何台か買い替えて思う事は、第一に金額が驚くばかりに下がったことだ。次いで、機能が便利になっただけでなく、技術の進化が凄い。

パソコンの一番の悩みは、冷蔵庫やテレビのような他の電機製品を違って、電源をいれればそのまま使える訳ではなく、あらゆる設定をしなければならないことだった。ところが、今はMacintoshを直営店で買うと、今使っているパソコンと全く同じように使えるように設定してくれる。

今年初めにノートパソコンを買った時、無料で総てのデータを旧から新に移動してくれたので、今回もそれが条件で購入したいと言うと、ただし、今は1年間有効のOne to Oneというプログラムの加入しなければならないと言われたので加入した。

同僚が言うには、それをクローニングと言うのだそうだ。全く同じパソコンを作るという意味でクローンから来ているのだそうだ。ただし、ソフトは購入しなければならないのだが、それでも家に持って帰って電源さえ入れればそのまま使えるパソコンなんて、私にとっては夢のようだ。

以前は、メールの設定などいちいちしなければならず、何時も同僚のお世話になっていたのだが、今回はお世話にならずに済んだ。家電のようにパソコンがだんだんなりつつあるのだなと思うと同時に、お世話になっていた同僚に会う機会が一回減ってしまったのは残念!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここも就職難

2009年10月30日 | Weblog
日本では公認会計士、弁護士、医者が3大取得困難な国家試験と言われているし、これらの資格ホルダーになれば、社会的地位も収入もある程度保証されると大体の人は思っていると思う。

ただし医者の中でも、最近では歯医者になっても収入が600万以下の歯医者が多くなっているし、大金をつぎ込んで医者になったとしても高収入は望めないという現象が起きている。一部には、歯医者が増えすぎたことが開業しても食べて行けない歯医者が多くなったとも言われている。そのためか、一度歯医者に行くと、なかなか診療が終わらず、定期検診という形で必ず次回の予約を取らされる。ある意味、歯医者の患者抱え込みが行われているのだという人もいる。

公認会計士も人気の職業で、弁護士と同様に難関中の難関の資格だ。大学院へ進んだ方が資格が取りやすいということもあってか、公認会計士になるためだけに大学院に進む人たちも増えているのが悩みの種だという指導教授もいるほどだ。

公認会計士の資格を取得すれば、高収入が見込まれ、就職もまず問題無いとされていたのだが、今年はそうでもないらしい。試験を突破しても就職出来ない人が大量にでるようなのだ。理由は、監査法人が経営難だからだ。つまり、金融危機後、起業の新規上場が急減したことと、上々をやめる企業が相次ぎ、顧客が減ったことらしい。

今年は数百人から1千人近い就職浪人生が出るのではないかと言われているようだ。税理士さんとはお付き合いがあるけど、会計士にはお付き合いが無いので現状は私には良く分からないが、深刻な問題であることは確かだ。昔昔、大学は出たけれど~~というのがあったらしいが、今は国家資格は取ったけど~~、なんですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若いと分からないこと

2009年10月30日 | Weblog
先日の新聞投稿欄に胸がきゅんとなる記事があったので紹介したい。その女性の90歳のお母様が入院なさった時、新しいコヒーカップを買って病院に持って行ったのだそうだ。ところが、お母様はそれを余り使わないので、なぜかと聞くと、「もったいないから」と答えたそうだ。

このやりとりは私にもとてもよく分かる。我が家の母も米寿を迎え戦争経験者だ。だから『必ずもったいない」と言うし、「もうお婆ちゃんなんだから、新しいものは要らない」というのが口癖だ。でも、新しい洋服やお化粧品をプレゼントすると顔がぱっと明るくなってとても嬉しそうなのだ。

その方のお母様がお亡くなりになり、自宅で使っていたご自身のマグカップが壊れたので、お母様にプレゼントしたカップを使おうと戸棚の置くから取り出して使ったとあった。ところが、コーヒーを実際に入れてみるととても重く使いにくかった。だからお母様は使わなかったのだろうとあった。そして、「気がつかなくてご免ね」と締めくくっていて、天国に行っても母は教えてくれると書いてあった。

そう言えば、母の行動もとても遅くなったし、手の力も弱くなったのか蛇口から水が漏れていることも多い。そして、眼の調子が悪くてよく見えないとも言う。それでも、1人でどこにでも出かけるし、いたって元気なのだが、私たちは母たちの年齢を経験していないから状況がよく分からないのだと新聞記事を通して気がついた。

もっと、母に優しくしなくちゃね。でも気丈な母は、『優しくされるとぼけるから」と言うのだ。さてさて、どうしたものか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書が出来ない

2009年10月29日 | Weblog
一ヶ月に1册も本を読ま無い人は30代で、27.4%だと分かった。全国の20代から60代の人を対象にインターネット調査を行った結果だ。読書推進活動をしている財団法人・出版文化産業振興財団(こういう財団があるのが不思議だ)が『読書実態と意識に関する調査」を行ない実態が明らかになった。

4人に1人が月に0冊、一ヶ月に読む本の冊数は1冊が最多で、29.2%だった。0冊と答えた人の30%は、理由はというと、「仕事、家事、勉強が忙しくて時間がない」と答え、20.2%の人は「読みたい本が無い、何を読んでいいか分からない」と解答している。

子どもの頃の読書体験が読書冊数に大きな影響を与えていることも調査から分かった。親から本を読んでもらったり、薦められた人の4割以上が一ヶ月に3冊以上本を読んでおり、そういう経験の無い人の37.4%が1冊も読んでいなかった。

本は毎日読むものだと思って生活しているのだが、読む本はどうしても仕事に関係した本ばかりになる。仕事に関係無い本を何時でも何処でも時間等気にせずに読める状況はこの世で最高の贅沢だなと思うのだ。

日々生活に追われているので、そんな余裕など全く無いが、購入してあった仕事に関係無い本を海外に出る時に持参し、読書三昧の日々を過ごすことが最近の楽しみの一つになっている。加齢と共に視力が落ち、近視に遠視、さらに強度な乱視もあると、そうそう長い読書は出来ないのがつらい。

忙しくて読書が出来ない人達が結構いるようなのだが、これも習慣で、時間が無くても本を読むと決めると案外時間は見つかるものだ。私が今辛いのは、車通勤のため通勤の往復で読書が出来ないことだ。仕方無いので、ニュースをずっと聞いている。往復2時間余り読書が出来たら、一ヶ月に相当数の本が読めるのに残念だ。その代わりにCDが山ほど増えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11時開店

2009年10月28日 | Weblog
先日、沢山の用事を一度に片付けようとしてはっと気がついたことがあった。銀行は朝9時から開くし、あるいはコンビニや24時間営業のスーパー内のキャッシュディスペンサーなら1日中お金を引き出すことが出来る。お金の引き出しについては随分と便利になったと思う。

新宿辺りのデパートはまだ10時開店なのだが、有楽町や銀座辺りだと朝遅く開店し、夜の9時頃迄営業するようになった。そして、街中の専門店などは11時開店が多いという事に気がついた。月曜で雨だし、月末だから銀行も混むだろうと思って朝9時の開店と同時に行き、振り込みや引き出しなどを終え、そして用事がある店の開店が11時だと気がついた。

10時だと時間が無駄にならなくて良いと思うのだが、最近は店の開店が遅くなる傾向があり、曜日によって支店によって開店時間が変わるのでとても戸惑う。

2週間前にオーダーしたYシャツを取りに行き、時間が無かったのでそのまま試着しないで家に戻った。家で試着してみると、なんと袖が短く、手を曲げると7CMほど手首が出てしまう事が分かった。一瞬、私は7分袖をオーダーしたのだったかなと錯覚するほどだった。

冬ものをオーダーしたのだからそんなことは無く、早速電話で問い合わせると、店の方が家迄謝罪かたがた引き取りにきた。採寸した店員さんの間違いだろうということだったが、作り直すか返金ということだったので、結局返品し返金してもらった。

今迄、いつもオーダーする百貨店ではこんなことは1度も無かった。オーダーするのは、少し高めでも身体にあったYシャツが着たいからとコットン100%の生地が今は余りないからなのだが、せっかく気にいった生地をみつけ、2週間も待ったのにがっかりだった。

採寸するのはとても難しいことで、友人にこのことを話したら、その人は6回作り直したことがあると言っていた。私はそんな根性は無くキャンセルしてしまったのだが、Yシャツもぴたっと大満足に出来あがるまで数回はかかる。10時開店だったら、その場で試着したのに。結局1日振り回された。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加