真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

ベジタリアンの分類

2008年02月29日 | Weblog
ベジタリアンはアメリカのセレブの間やスーパーモデルなどが好んで採る食事から流行したとも言われており、肉食中心のアメリカにおいては、健康的な食生活の代表例として、宗教とは無関係に菜食主義が取り入れられて来た。

ベジタリアンは一般には、動物性食品を食べず、植物性食品を中心に食事を採る人達を指すのは周知の通りなのだが、実は、ベジタリアンと一口で言っても食品による分類があり、細かく規定されているのを初めて知った。

ボウヨウ・ベジタリアンとは、鶏、七面鳥、あひるなどの家禽に肉を食べる人達、ベスコ・ベジタリアンとは、肉類はさけ、魚介類は食べ、フィッシュ・ベジタリアンとも呼ばれる人達、ラクト・オボ・ベジタリアンとは、肉類や魚介類は避けるが、乳製品と卵は食べる人達、ラクト・ベジタリアンとは、肉類や魚介類、卵は避けるが、乳製品は食べる人達、ビーガンとは、肉類や魚介類乳製品と卵など動物性食品は食べない人達、フルータリアンとは、伐採せずに採取出来る果実だけを食べる。穀物や調理・加工された食材も取らない人もいる。

以上から分かるように、ベジタリアンは大きく6分類されていて、ベジタリアンと言っても奥が深いな~と感心した。私はとても食いしん坊で、食べる事を楽しみに生きていると言ってもいいほど食べる事に執着がある。だから、食べたいと思う物があれば、何処まででも食べに行きたいと思う方だ。

だから、この世にある食べ物を何らかの理由で食べない人達がいると、「もったいない」の一言だし、アレルギーなどで身体が受け付ず食べられない人達が居るとお気の毒だなと思う。さらに小食の人にも同情的だ。私が信じて止まないのは、「大喰いは、健康のもと」と思っていて、しっかり食べる人が好きだ。

昨年、エビに当たって蕁麻疹になった時、私は蕁麻疹の心配よりも、これからひょっとして、もうエビは食べられなくなるのでは無いかと思って、診察中に「もうエビが食べられなくなるなら、生きている楽しみがない」と言ったら、アレルギーを馬鹿にすると死に至るのだとお医者さんに凄く怒られた。

後日、食物アレルギーチェックをし、幸い甲殻類のアレルギーは無かったので、喜びは表現し難いほどで、その時エビが目の前を飛んだ。こう書くと私はエビをこよなく愛しているのかと思うかも知れないが、そういう訳では無く、この世に存在している食べ物で皆が食べているのに、自分が食べられないことが耐えられないのだ。

ベジタリアンはそれなりのポリシーがあってやっていることだろうけど、私は1年に何回か、身体の中の毒素を抜くために断食をする。水だけで数日過ごすのだが頭が冴えて来て、慣れるとこれが結構気持ちが良いのだ。一度お試し有れ。

でも、今日は、乃木坂にあるイタリアンレストランでシシリア料理のフルコースを昼間から頂いてしまった。このレストランは1年先の予約まで一杯というほどの人気店らしいのだが、とても繊細な味付けと盛りつけ、そして器とどれをとっても素晴らしかった。また、行きたい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学院でも定員割れ

2008年02月28日 | Weblog
今や日本の大学で定員に割れを起している大学が半数近く有ると言われ、どこの大学も学生集めにやっきになっていることはご承知の通りだ。有名大学、あるいは、いわゆる一流大学と言われている所も、新しい学部を次から次へと開設し、学生募集を行っている。

福田首相も、日本国内への留学生の増員を目指そうと先日発表した。今は誰もが大学全入時代であることを知っているし、学生数が少なくなっているのだからと、こぞって留学生を迎え入れようとしている。

実際、中国からの留学生を受け入れている大学は多く、留学生の割合を見てみても、日本で学ぶ留学生の約4人に3人は中国人という脅威的な割合なのだ。

大学と定員についての話題には事欠かないが、ところが、27日の日経新聞には、2007年に大学院の博士課程でも定員割れを起こしていると報じている。大学院の博士課程までも定員割れとは少し驚いた。

背景には、日本で博士課程を修了者しても就職難で、なかなか就職出来ない事情があるからだ。こういう人達をオーバードクターと呼ぶのだが、特に35歳を過ぎてしまうと就職はより厳しくなるのだ。

そして、博士課程を修了しても就職出来ないならと、大学院後期課程に進学しない人が多くなっている。一方、四年制大学卒業者の就職率は、第一次ベビーブーム世代の定年退職や景気回復などにより、昨年は96.3%の高率を記録している。

文部科学省が学校基本調査などの結果を基にまとめた統計によると、07年度の博士課程の入学定員は約2万3400人だったのに対し、志願者は定員の89%に当たる約2万773人にとどまった。数字上は博士課程に志願すれば誰でも入れる「全入状態」になっている。特に工学系と理学系で志願者数が低迷するなど、理工系を中心に「博士離れ」が進んでいる実態が浮き彫りとなった。

技術立国日本にとって、この現象は将来が少し暗い。確かに博士課程を終えても研究職にも就けず、大学教員にもなれず、企業にも就職出来ないとなれば、自分の将来が不安で研究どころではないだろう。

研究は地道にこつこつと長い間かけなければならないことも多い。ビジネスとは違ってそうすぐには結果は出せないのだが、それでも何かに興味を持ち、一生かけて研究したいと思わせる環境を整える必要があると思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽外交

2008年02月27日 | Weblog
26日に北朝鮮の平壌でアメリカのオーケストラ「ニューヨーク・フィルハーモニー」が公演を行った。ニューヨーク・フィルと言えば、名門中の名門だ。約1500人の会場は満席だったらしい。同時にTV放映もされて、大韓民国でも見る事ができたらしい。

アメリカは以前から、国交回復のために交響楽団を送って友好関係を築いてきた。遠く昔は、ソ連、ちょっと前は中国だった。いずれもその後は劇的に両国の関係が良くなっているので、今回、平壌への交響楽団を派遣したことは、そう言った面を期待してのことなのだろうと、もっぱら巷では噂になっている。


フィルハーモニーのメンバーの間には、当初北朝鮮の人権の状況などから平壌での公演を疑問視しする声もあったのだそうだが、アメリカ政府は、6者協議の推進に役立てたいということで、ヒル国務次官補自らが、フィルハーモニーのメンバーと直接対話して説得したのだそうだ

説得理由は、異文化に触れる事で社会の変化につながると言ったらしいのだが、一方北朝鮮はなかなかなもので、この公演を政治にもっと取り入れようとしたらしい。

これはちらっと聞いたことだが、エリック・クラプトンに来年平壌でコンサートを行うように依頼したようだ。クラプトンも基本的に同意しているらしいんだけど。

音楽は世界共通の言葉には代わりは無いし、音楽は国籍を超えて人間共通のコミュニケーションの代わりになるのは、信じられるから、良い方向に世界が向かっていると考えるべきなんだろう。今、世界の関心事は、何と言っても朝鮮半島の非核化なのだ。そのためには北朝鮮の最大の支援国家中国が、積極的に非核化のための中心的な役割を果たさなければならない。

日本はと言えば、拉致の問題があるから、北朝鮮との関係はそう簡単にはいかない。私たち日本人は、横田めぐみさんを始めとして、まだ未解決の拉致被害者のことを忘れてはならない。横田山ご夫妻とご兄弟が過ごして来た月日を思う時、胸が潰れそうになる。こんな卑劣な犯罪を許してはならない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランス料理が世界遺産?

2008年02月26日 | Weblog
サルコジフランス大統領は、フランス料理を世界遺産の無形文化財として推薦すると表明した。大統領はパリで始まった国際農業見本市で演説し、「私たちは、世界一の美食文化を持っている。これを世界に認めてもらうために、各国に先駆けて推薦したい」と述べたらしい。

でも、食の文化は各国それぞれで、どこの国でも自国料理を世界一だと思っている節があると思うんだけど、どうだろう?美食文化っていうけれど、美食を辞書で引いてみると「うまい物や贅沢なものをたべること、また、その食物」とあった。じゃあ、うまい物って何だろう?やはり辞書をひくと「味が良い」とあった。

「美食」も「うまいも」も曖昧だ。だって、味が良いというのは五官で感じるもので、人それぞれ味が良いと感じるのは異なって当たり前で、うまいを定義することは出来ないよね。各国の風土や文化、歴史の上に各国の食文化は育って来ているはずだから、その国の人にとって味が良いと感じるものが、他の国の人に取ってはそうでないかもしれないではないか。

こう考えると、フランス人が世界一の美食文化だと言ってはばからないのは、少しおかしい気がしませんか?日本料理だって、「見て美しく、食べて美味しい」料理だし、世界に誇れる美食文化を持っている国だ。さらにフランス料理と違って「健康食」でもあるではないか。カロリー摂取量を考えたら日本料理の1人勝ちだ!

有形、無形の世界遺産を後世に残そうという気持ちは分かるけど、こと食に関しては世界中の国々がそれぞれの独自性を持っているわけで、フランス料理が無形遺産に認められたら、世界中から我も我もと推薦してくるのではないかと思う。そうなったら世界遺産の意味が薄れる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいニュースが続く

2008年02月25日 | Weblog
ここ数日とても嬉しいニュースが続いている。3年間看護士になるために大学で学んでいた韓国人の恵貞ちゃんが無事に国家試験に合格し、大学もめでたく卒業して、病院に就職も決まった。彼女にとって国家試験合格後のこの2週間余りはめまぐるしく、自分の人生に大きな変化が起きた。恵貞は少し特殊な環境で育っているため、これからが彼女にとってはとても困難な生活が待っているかもしれない。

昨年12月に送ってきた手紙には、毎日朝9時から夜10時まで大学で勉強していると書いてあったのを思い出し、再度手紙を読み直してみた。昨年末は相当試験にたいして不安を持っていたことが分かるが、きっと本人も努力が報われて嬉しいことだろう。彼女は天涯孤独の身なのだが、健康を守られ、今まで多くの人達に支えられ、励まされ、助けられて来た事に感謝していることも嬉しい。今後は様々な困難が待ち構えているとは思うけど、自分で選んだ仕事に誇りと希望を持って働いてもらいたいと切に願う。

また、今、仕事を手伝ってもらっている人が無事に京都大学大学院博士過程に、無事に入学出来たと言う合格のお知らせが来た。この人も故あって、ある大学院前期課程から京都大学大学院へと進路を変更しなければならなくなり、さらにお母様が病に倒れて、受験勉強も相当大変なはずだった。1年母親の看病のために後期課程の受験を延ばしているのを知っていたので、この人の合格も嬉しいニュースだった。前期課程から後期課程で大学院を変えて受験し、研究室や指導教授が変わることはとても大変なことだ。良い研究成果が出るようにと願って止まない。

そして、今日、5年前から大学院で研究していた後輩は、博士論文が無事に合格したというお知らせをくれた。実は昨日この後輩に会っていたので、余り心配はしていなかったが、これも嬉しいニュースだった。これで晴れて彼は論文博士になった。この彼のご両親の気持ちは今どのようかなと思った。というのは、彼は中学の時にちょっと道を外れて、高校を中退し、大検で大学に入ったといういきさつがあるのだ。

ご両親の気持ちを思うと、胸が熱くなった。総てが順調に行く人も沢山居るけど、少し寄り道をしながらでも自分の方向性を見つけ、チャレンジしていく姿は他の人の胸を打つ。私も大学院受験をしたのが43歳だったから決して順調に物事を進めて来たとは言えないが、自分でやりたい事を見つけた時がその人の時かもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加