真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

大渋滞に巻き込まれ

2017年09月17日 | Weblog
昨日は、ハワイから帰国していた友人がかねてから行きたいとおっしゃっていた、雲丹の3段もりとお刺身の盛り合わせ、お寿司を食べに夕方にお寿司者さんにご一緒した。

夕飯を4時というのは早過ぎたのだが、実は夜7時から仙川駅近くの安藤忠雄さん設計のホールで、コンサートがあり、懇意にしているフルート奏者の久保 順さんがご出演なさるというので、また、友人もライブが聞きたいというので、行くことにしていたための早めの夕食だった。

新宿駅南口で待ち合わせたのがまずかった。車を駐車して南口に向かったら、構内はごった返していてこれで会えるかなと心配になった。なにせ、ホノルル住在何十年の方で、新宿は伊勢丹にしか行ったことがないそうだ。

待ち合わせ場所を失敗したねといいながら、お寿司屋に向かい、思う存分召し上がっていただいた。満足してくださり、ご招待してよかったです。ホノルルでは、Afternoon Teaにご招待していただいたのです。

新宿から仙川まで、20分足ら図で到着するのだが、早めに店を出たら、驚くなかれ、甲州街道も中央高速に繋がっている4号線も、雨と3連休のために大渋滞だった。早めに出たものの7時に間に合うのかだんだん心配になり、渋滞を避けて裏道に回り、少し遠回りして、開演3分前に到着した。

いつもながら、フルートとギターによるスバル地方の組曲他を、きちんと楽曲の成り立ち、背景など音楽的要素もきちんと説明しながらの、サロンコンサートは9時近くまであり、本当に心地よい一時でした。

友達を最寄り駅まで送り、家に帰ってきたら、ドド〜〜ンと疲れが出た。そうしたら、大学院の後輩教員から連絡があって、私たちの指導教授が日本経営学会の名誉会長になられたので、お祝いのお食事会をしたいのだが、まずは、私にお伺いをと言ってきた。

喜んで出席するというと、研究室を出て大学教員になった先生方だけのお祝い会なのだ聞いて、年末には研究室全体の忘年会もあると言った。指導教授はもう78歳なので、弟子の私たちがお祝いできるのもそう長くはないだろうと思う。指導教授は人工透析を行なっていらゃしゃる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お相撲さんのまわしが様変わり | トップ | 突然、半世紀前を思い出し »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事