PANDAのファッションセラピー

ヒーリングアーティスト智子(Satoko)PANDAの珍道中、楽々日記。

京都と奈良への旅

2017-04-05 20:12:51 | 日記


日曜日の朝イチから昨夜遅くまで、京都&奈良へ行っていました。
充実感たっぷりの旅でした。

3月の愛知旅行が身体と心のメンテナンスだったのに対し、今回の京都&奈良は精神のメンテナンス。

少し立ち止まり、この先のことを考えたり、刺激を受けインプットする大切な時間を過ごすことができました。

写真は奈良の天香久山。

京都に用事があり、直前に決めた旅行だったので春休みや桜の時期も重なり、中心部のホテルは満室。ツアーも新幹線のものは2泊3日で6万、7万になるので、飛行機で往復しました。

おかげで自然たっぷりの大好きな奈良の中でも飛鳥エリアや京都も嵯峨野のホテルに泊まることができました。

何もなければアクセスが悪いので、絶対取らないであろう場所。

飛行機で関西に行くのも初めてだったので新鮮でした。行きは伊丹、帰りは関西空港から。
関西空港は綺麗で広くてテンション上がります。





京都では22年ぶりに妙心寺へ。
高校卒業の際に友人たちと初めて行った場所なので、記憶にあります。

30代以降、しっかりと京都を観光することがなかったので改めて庭園の美しさ、世界観に感動しました。

こんな風に感じられるのは、歳を重ねたからこそ。



今回、京都の美意識の高さに地味に感動しっぱなしでした。
カフェに入っても、街中を歩く人も洗練されていて個性がしっかり表現されています。

観光で外国からたくさんの人が訪れる街、かつての日本の都があった場所。

人びとが日本古来の文化や伝統に自然と親しみながら生活しているためか、誇りを持って活動しているように感じました。

カフェのデザイン一つ、カップのデザイン、雰囲気、店員さんの態度、、、どれも寛ぎとゆとり、そして美しさが滲み出ています。

東京の都心と同じようで全く違う。
素人には分からないような細部まで行き渡った美意識で選んだ雑貨や壁の色、配置。
最近行った愛知や東京と自然と比較してしまうので、なお際立ちます。





カフェでランチしたりお茶したりしながらテーブルに置いてある本から、満ち足りた時間からたくさんのことを吸収しました。

東京の中心で「好きな仕事」をクリエイティブにこなしているつもりでしたが、一歩離れてみたところ、最近の私はインプットの時間が足りずひたすら絞り出していたので、スカスカなことに気づきました。

京都で1日過ごすと、新しいことをどんどん思いついたり、生地を買ったり、「創造」スイッチが自然と入りました。

奈良に移動した翌日は、最近大阪に引っ越したばかりの大好きな先輩と奈良観光。
20度の青空で、桜が一気に咲きました。


シカさん達はみんなまったり。





初めて奈良ホテルで食事しました。
素敵な建物にうっとりします。



奈良を訪れるのは、なんと3年ぶりで、、、
お土産がバージョンアップしていたり、新しいスタバが出来ていたり、、、時間が経ったことが分かる事が色々。

奈良の時間にはひたすら癒されます。


若草山にも初めて登りました。

改めて両方の都市を訪れ、今の自分が何を欲し何が必要ないのか、この先どうしたいのか、考える旅でした。

何も予定を決めず、検索もなるべくせずの行き当たりばったりの時間。

たまには効率を捨てないと見えないものがありますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅茶専門店ケニヤンにて | トップ | 突然のお別れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。