PANDAのファッションセラピー

ヒーリングアーティスト智子(Satoko)PANDAの珍道中、楽々日記。

目が覚めてきた

2016-10-12 16:16:14 | 日記


すっかり秋。
湿度の低い暑くも寒くもない秋晴れ。
部屋からの眺めも最高です。

写真は沖縄の風景。何だかかなり前に感じます。

昨日は表参道に出社後、新橋で打ち合わせ。
一昨日会った友人が急遽、資料作成などを頼みたいというので、彼女の上司含めの打ち合わせ。

いつも仕事の話はお互いなんとなくはしていても、業務内容などは話さないし、何となく彼女がイベント企画の会社にいて忙しい、くらいしか私は知りませんでした。

普段私がしていることも、Facebookやツイッターの投稿をする仕事で、家で仕事してるくらいしか話してません、笑

友達ってそんなものですよね。

私の所属している会社は大手出版社の女性誌や航空会社、アパレル企業などファッションや美容に強い会社で、それらの公式サイトの作成や運営、キャンペーンなどを担っています。

社内は取材や打ち合わせ、撮影同行など一見華やかな話が飛び交いますが、実際はものすごく地味な世界。

中でも私は社内で持っている会員サイトの運営や公式SNS、メルマガの配信などを担当しているので本当に地味です。

以前、飲んでいる席でたまたま隣にいた50代のおっさんとちらっと仕事の話になった際、
「Facebookやツイッターの投稿を仕事にしてるんですよ。」

とお話したところ、
「そんな簡単な仕事羨ましいよ。オレも今の仕事(1000万貰ってる自慢)辞めて楽な仕事したいわ。」

と言われたことがあり、とっさに

「おまえに出来るか、ボケ!」

と言いたいところを、にっこり笑って我慢しました、苦笑

広告業界ではこうしたマーケティング手法を「コンテンツマーケティング」というのですが、2013年頃から流行り始め、今は主流のやり方です。
普通に色々なサイトに広告を貼っても、物が売れなくなったからです。

Facebookやツイッター、インスタグラムを利用して商品をより身近に感じてもらうように、公式ページからキャンペーンを実施したり、ブランドイメージを膨らませてもらいます。

このやり方は企業のマーケティング担当者泣かせで、日々コツコツと投稿を続けないとグーグル先生から検索した際に1ページ目に乗っけてもらえないのです。
ズルが出来ない。

そのため、SNSの担当者は毎日毎日、ネタを探し記事を書き、効果を検証して修正して、また記事を書く、、、の繰り返し。

昨今の炎上騒ぎもあるので、言葉選びやネタにはかなり気をつけます。フィードに流れてくる際の写真選びはかなり重要で、瞬間的にクリックしてもらうために色や構図、記事とのバランスにも気をつけます。

また、度重なるグーグルやFacebookのルール変更などがあるため、常に最新の情報に合わせてやり方を変える必要もあります。

私の場合はネタ探しに海外のまだ日本にはないアプリの紹介をしたりもします。

ターゲットにしている人たちに届いているのか、写真は適切か、文章量はどうか、これらを全て数値化して検証するという地味さ。。

個人の投稿ではなく、お金をいただいて公式ページとしてブランドイメージを担うので、ここは結構大事で。

私自身、今の会社に所属した時にはクラウドファウンディングのサイト立ち上げで入り、話が流れ、全くやりたくないような作業をしていた時期もありましたが、2015年の春からは大体今の作業です。

皆が忙しいし、私は交渉して在宅で時間も融通して作業をさせてもらっているし、さらに他の部署に比べてお金を生まないサイトなので、会社の期待も薄く、、、誰が読んでるのかなぁ、と思うときもありましたが、気づけば1年半。

社内でも私=記事を書ける人、というイメージが定着してきたようで、最近は他部署からの記事作成の依頼も増えてきました。



今回の友人の依頼は主にエクセルとパワーポイントでの資料作成と、イベント当日の受付、HP作成など。彼女の会社は大手企業や官公庁関連のイベントがメインのようで、私の予想以上に彼女は仕事の出来る人のようでした、笑

あれ?そういえばHP作成はやったことないぞ。。
上司の方もやり方教えたらすぐ出来そうね〜的なこと言ってたけど、苦笑

もともと、オペラの舞台監督助手として学生時代からアルバイトを始め、その後も夜間でデザイン専門学校に行っていた際、色々なアルバイトをしていました。

秋葉原で携帯のキャンペーンしてたり、ホテルでの宴会のコンパニオン、試験監督助手などの経験があるので、打ち合わせの仕事内容を聞いてもかなり突っ込んだ質問が出来ました。
また、桑沢デザイン研究所を出ているというのはセンスの評価としては絶対の信頼になります。
大学よりも、こちらの経歴の方が役に立つことが多く。

金額交渉を含め、この人に仕事を任せて大丈夫かどうかというのは、最初の打ち合わせで決まってしまいます。

最近はその事もやっと少しずつ慣れてきました。



沖縄から戻り、今日は二重まぶたも戻り、笑
目が覚めたからか、社内で指摘すべきことも目に入るようになりました。

若い会社なので、20代の子たちは知らない様々なマナーやルールを教えてあげる人がいない会社。

しばらく、うるさいおばさんになってやろう、笑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄での勉強会から3日後の... | トップ | 冬が近づいてきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。