きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

「しんぶん赤旗」の記事を中心に、政治・経済・労働問題などを個人的に発信。
日本共産党兵庫県委員会で働いています。

『キャスターという仕事』 国谷裕子著 23年の歩みから報道のあり方を問う

2017-04-05 12:55:57 | 政治・社会問題について
『キャスターという仕事』 国谷裕子著
23年の歩みから報道のあり方を問う


くにや・ひろこ 1993年~2016年 NHK「クローズアップ現代」キャスター

キャスターという仕事1
キャスターという仕事1 posted by (C)きんちゃん

キャスターという仕事2
キャスターという仕事2 posted by (C)きんちゃん

キャスターという仕事3
キャスターという仕事3 posted by (C)きんちゃん

「しんぶん赤旗」の書評を読んで買った。

テレビ番組には春と秋に番組改編がある。出演者を変えることが最も手っ取り早い番組の衣替えであり、多くの場合女性出演者がその対象となる。報道番組といえども例外ではない。そうしたテレビ業界の中で23年にわたり、フリーランスの女性キャスターである著者が一人で番組を担当し続けた。本書はその歩みを振り返り、報道のあり方を問う内容となっている。
著者が携わった「クローズアップ現代」が長年視聴者に支持されたのは、“真正面から社会の関心事に取り組み、掘り下げる”という番組の姿勢がぶれなかったことであろう。志の高いスタッフに恵まれ、帰国子女で日本語に不安すら感じていたという著者が、毎日行われるスタッフとの議論やゲストとの真剣勝負を通して、自身の役割を模索し成長していく過程を描く。
一方、英語圏で育ち、NHK職員ではない著者には、「個」としての強い自覚がある。組織内の縦割りや綱引きが時に番組内容に影響することもある。組織人としてではなく個のキャスターとして発言した著者の存在は報道組織にとっても貴重である。平易な言葉でキャスターの役割、テレビ報道の課題を考え続ける著者の真摯な姿勢は、現役のキャスターも一読に値する。
それだけ真正面からキャスターの仕事に心血を注いできた著者でありながら、女性の労働や貧困問題に対して長い間目が向かなかったのは、圧倒的男性社会の中で、自らもその価値観と長時間労働に順応してきたからだと省み、組織外の人々とつながることの重要性に触れる。画一的価値観に陥る可能性がある組織報道に重要な示唆であろう。

評者 谷岡理香 東海大学教授・元テレビ高知アナウンサー

岩波新書・840円

「しんぶん赤旗」日刊紙 2017年4月2日付掲載


目次を紹介…

キャスターという仕事 目次1
キャスターという仕事 目次1 posted by (C)きんちゃん

キャスターという仕事 目次2
キャスターという仕事 目次2 posted by (C)きんちゃん

キャスターという仕事 目次3
キャスターという仕事 目次3 posted by (C)きんちゃん

国谷さんがキャスターになるまでの経歴。キャスターになってからも順風満帆ではなかったこと。番組を製作する人々の熱い思いに突き動かされながら、様々な問いを出し続けたこと。
言葉の力を信じて、キャスターと言う仕事とは何かを模索してきた旅の記録…。

読み応えがあります。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池風 かごめかごめ♪  | トップ | 電球をLEDに転換 電力不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治・社会問題について」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。