チャイ・スー「強者の条件」

思ったことをただ書き綴ります。

バリバラを見て思う事

2017年07月23日 | Weblog

NHKEテレバリバラのヘルパー不足解消大作戦見て思う事は、

障害者が上からの目線で話しかけている事である。

私から言わせれば、「健常者の善意(納税)の上に君たちの生活がある」

それを自覚するべきだ!

ある出演者が、「重度の障害者に対して、どの位金額がかかるのか?」

と言っていたが、確かに限りある社会保障の財源から、全ての障害者を

カバーすることなどは不可能である。

この番組でも「自己決定」と言う言葉を主張していたが、以前にも書いたが、

権利主張する事は良い事だが、それに伴う責任も果してほしいと思う。

番組で障害者が「障害があることは、その人の責任ですか?」と言っていたが

確かに、生まれ持った障害は誰の責任でもない、自分の責任でも、ましてや

親の責任でもない。

しかし、それを主張し出したら、貧困世帯に生まれた事等に対する責任論

になってしまう。

今普通に生活している人間も、明日は障害者になる可能性がある訳であり

ある意味それは、その人が背負った運命である。

所詮、人間は生まれながらにして不平等なのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現在の福祉 | トップ | 事件から1年 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。