これで安心!遺言書作成サポートブログ

相続のお悩みスッキリ解決! 相続のご心配事をなくす遺言書作成サポート日記

戸籍謄本集め!?

2017-04-18 17:04:12 | 遺言書






本日も、公正証書遺言書の作成における
戸籍謄本集めを。。。

公正証書遺言書を作成する場合、

まずは、

本人の出生から死亡までの連続トーホンを!

次に、法律上の相続人のトーホンを!

さらに、代が代わっているなら、

代が代わったことを証明するトーホンを!

・・・ 

戸籍謄本集めは大変ですが、

それを子供らがやるのは
もっと大変なことになりますので、

公正証書遺言書の作成を通じて
親が集めておくことはとても有意義に思います。

******************************************

広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

相続・遺言・民事法務
木村法務行政書士事務所
TEL 084-963-2351

事務所のホームページはこちら!



******************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あとから遺言が!

2017-03-26 11:23:03 | 遺言書



こんにちは!

相続問題カウンセラー
行政書士の木村浩康です。

ひさびさのブログ更新となりました。
これからますます頑張って参ります!

さて、今回のトピックスは、
遺言書があとから出てきた場合のお話です。

いざ相続となって真っ先にすべきことは、
故人の遺言書があるかどうかの確認です。

そして、故人の遺言書がなければ、
遺産分割協議が必要となりますので、

法律上の相続人を確定し、
相続財産を確定し、

そして、必要あれば、
時間がかかってとっても面倒ですが、

・行方不明者の不在者財産管理人
・未成年者の特別代理人
・認知症の人の成年後見人

などの代理人を
家庭裁判所で選任しなければなりません。

そして、もちろん、遺産分割協議は、
全員参加、そして、全員の賛成が必要で、

すったもんだの遺産分割協議を行って、
相続財産の行く末を決定することになります。

しかし、
そんな大変な遺産分割協議を終え、

やれやれと思ったところに、
本人の遺言が出てきたらもう大変!

相続人たちの苦労は
すべて水の泡となってしまいます。

ご高齢の方は、遺言を書いても、
誰にも言わず隠していらっしゃることが多いです。

認知症になってしまって
遺言を隠した場所を忘れてしまい、

遺言を書いたことさえ
忘れているケースもよくございます。

手書きで遺言をお作りになる場合、
(自筆証書遺言書)

内容の法律的チェックもさることながら、
遺言書の保管場所にもご用心!

******************************************

広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

相続・遺言・民事法務
木村法務行政書士事務所
TEL 084-963-2351

事務所のホームページはこちら!
やっかいな相続問題をスッキリ解決!
相続のお悩み相談&遺言書作成の法的サポート!



******************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄与分に配慮した遺言!

2017-01-24 15:35:41 | 遺言書



こんにちは!

相続問題カウンセラー
行政書士の木村浩康です。

さて今回のトピックスは、
相続における寄与分のお話です。

遺産分割協議において、寄与した人は
多めにもらうのが当然と思い、

寄与分のない人は、それを不快に思って
やがて激しいバトルに発展する、、、

・・・ 

いくら寄与の金額については、
まずは相続人で話し合うのがルールといっても、

所詮それは無理な話で、
みんなが気まずい思いをするだけです。

しかし、そんなとき、
寄与分を認めた遺言があればもう安心!

寄与をした人は、
相続で嫌な思いをせずに済みます。

お世話になった子供の労に報いるならば、
寄与分を認めた遺言書の作成をお早めに!

******************************************

広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

相続・遺言・民事法務
木村法務行政書士事務所
TEL 084-963-2351

事務所のホームページはこちら!
やっかいな相続問題をスッキリ解決!
ご希望の相続を実現する遺言書作成の法的サポート!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

前妻の子と後妻の子!?

2016-12-06 17:41:12 | 遺言書




こんにちは!

相続問題カウンセラー
行政書士の木村浩康です。

さて、今回のトピックスは、

父は再婚で、

その父が家族のために家を建てた!

今や3組に1組が離婚するご時世です。
そういったことは珍しいことではございません。

しかし、再婚の父に子供がいた場合は
少しだけ注意が必要です。

何の注意?
それは、相続における注意事項!

前妻の子と後妻の子は、
父の相続において同等の相続人になります。

そして、父にもしものことがあれば、
新しい家を巡って




になるかもしれません。

子供たちが相続バトルをしないよう、
再婚の父は遺言書の作成をお早めに!



広島県福山市神辺町川南419ー1
          レイクタワービル503

相続・遺言・民事法務
木村法務行政書士事務所

TEL 084-963-2351
遺言書作成安心サポート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もしも先に死んだら?

2016-08-11 15:41:42 | 遺言書



こんにちは!

相続問題カウンセラー
行政書士の木村浩康です。

さて、今回のお話は、
遺言書の法的チェックでよくあるお話です。

遺言書の作成において、
少しだけ注意が必要なのが、

遺言で財産をあげる予定の人が
自分より先に死亡した場合のこと!


この場合、

作成した遺言書は効力を失い、
相続人が共同相続するのが原則ですので、

例えば、

長男に財産を!
長男が先に死んだら長男の子供に!


とのご希望がある場合には、
その旨を記した遺言が必要となって参ります。

子がもしものときには、その孫に!

そういうケースはよくございますので、
ご参考になれば幸いです。



広島県福山市神辺町川南419ー1
         レイクタワービル503

相続・遺言・民事法務
木村法務行政書士事務所

TEL 084-963-2351
遺言書作成安心サポート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加