きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

福岡・「舞踊と振袖の着付け専門講座」一日目

2017-02-08 23:16:57 | 舞踊と振袖の着付け

「特別講座」のほかに、「十二単の講義」も…
福岡の「舞踊と振袖の着付け専門講座」は、2月8日(水)と2月9日(木)が、早良区の「ももち文化センター」で行われています。
また、2月10日(金)は、北九州市小倉北区、小倉新幹線口の「KMMビル」で開催を予定しています。

8日の「ももち文化センター」一日目は、日本舞踊と、振袖の着付けの他に、市来学院長による「十二単の講義」もされました。
これは、近く「十二単の着付け」をされる受講生のお一人に、衣紋道の留意点などを詳しく説明されました。

また、舞踊の着付けでは、早替わりなどで使われる作り帯の作り方や、関東芸者の着付けなどの裾引きを学びました。
振袖の着付けでは、基本的な振袖の着付けと、帯結びをお勉強しました。

明日は、午前10時からと、午後1時からの二講座を予定しています。

見学は自由です。
お問合せは、090-4489-9745 いちき まで





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日(2月8日)から、福岡の「... | トップ | ももち講座二日目、充実の講... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞踊と振袖の着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL