きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

「舞踊のつどい」➠清武文化会館で開催!

2017-05-24 09:54:29 | 舞踊の着付け

二流派の着付けを担当
去る5月21日(日)、宮崎市の「清武文化会館」で、恒例の「第25回舞踊のつどい」が開催されました。

「きつけ塾いちき」の衣裳方は、このうちの二流派の着付けをお受けしました。

写真はそれぞれ、「坂東流」(上)と「英流」(下)の皆さんです。

坂東流は、大和楽「梅」・「命咲かせて」・「紀伊国屋文左衛門」。
英流は、長唄「君が代松竹梅」でした。

二流派のみなさま、今回もご用命いただき、ありがとうございました。《宮崎







ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花が色付いてきました。 | トップ | 福岡、「舞踊と振袖の着付け専... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞踊の着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL