きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

「舞踊と振袖の、着付け専門講座」二日目の午前の部

2017-07-06 12:45:22 | 舞踊と振袖の着付け

家を出られないj受講生も
福岡の「舞踊と振袖の、着付け専門講座」は二日目になりました。
佐賀から参加予定の受講生の方は、「豪雨で、自宅を出られそうもありませんから」と、欠席される方もあって、参加者は少なくなりましたが、熊本や福岡県内から参加者がありました。
今日の午前の講座内容は、「裾引きに紗の掛け」、「京都の重箱結び」、「振袖着付けの立て矢結び」などでした。
皆さんは雨のなかを、新幹線や電車、自家用車を使って参加されました。
参加者のなかからは、「裃の着付けなども教えてほしい」などの要望も出て、課外の需要にも応えていきたいと思っています。
参加者の皆さまお疲れさまでした。







ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡講座/豪雨のなかで真剣... | トップ | ももち講座➠午後は、認定試験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL