きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

帯専科上級、認定試験を目指して

2017-07-29 11:56:24 | 振袖着付け

「きもの」と「走る」のが大好きな柳さん
着付けを習い始めて11年が過ぎました。
帯専科上級の認定試験が迫っているので、朝からおけいこにみえました。

着付けの先生から、「日本の民族衣裳を着れないなんてねエ…と言われたのが心を打ち、習うきっかけでした。」と柳さん。
今では、成人式の着付けのスタッフとしても活躍して頂いています。

彼女は、きもののほかに、「マラソンで走る」事も、大好きなもののひとつです。
今日も、おけいこが終わったら、宮崎市青島の「リレーフルマラソン」に参加されます。
そして、12月の「アオタイ(青島太平洋マラソン)」にもエントリー。

リレーフルマラソン、8月の帯専科の認定試験、12月の「アオタイ(青島太平洋マラソン)」と、楽しい課題いっぱいの柳さんでした。





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の衣裳方は、「六通の袋... | トップ | 福岡の「舞踊と振袖の、着付け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

振袖着付け」カテゴリの最新記事