きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

西美代子きつけ教室(岡山)/10周年記念の認定式

2016-12-07 12:24:46 | 認定式

西学院長のお人柄で築かれた10年の歴史
岡山の「西美代子きつけ教室」は、今年10周年を迎えました。
西学院長(写真)のお人柄に惹かれて、生徒さんの輪が広がり、現在では休みのないほど教室があります。
今日は創立10周年の認定式。

パーティーに80名が参加➠時代風俗衣裳や振袖着付け、鬼面太鼓も
この日は厳粛な認定式のあと、楽しいきものパーティーが行なわれました。
舞台では、振袖の帯結びショーや、時代風俗衣裳の着付けショー。鬼面太鼓。剣舞や民舞も行なわれ、参加者は楽しい時間を過ごしました。
詳しくは、後日このブログでも紹介したいと思います。
会場には「三枚襲」の婚礼衣裳が展示されて!
会場には、西家に伝わる、江戸後期から、明治・大正期の婚礼衣裳『三枚襲』が展示されました。
この時代の、「きものの文化遺産」といえる「三枚襲」を目の前で観れることは稀有なことだと思います。
参加者は、白・紅・紫の婚礼衣裳を興味深くご覧頂いていました。





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本に立ち返って。➠振袖専科 | トップ | 振袖の特訓も最後の仕上げへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

認定式」カテゴリの最新記事