きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

延岡/舞踊と歌謡とハワイアンの集い➠花柳流・澄千瑠会

2017-02-13 11:17:10 | 舞踊の着付け

花柳流・澄千瑠会➠四演目を熱演
「第25回舞踊と歌謡とハワイアンの集い」には、日本舞踊の各流派の皆さまも出演されました。
「きつけ塾いちき」の衣裳方は、二流派の着付けを承りました。

とくに、花柳流・澄千瑠会は、これまで長年お世話になっている社中です。



花柳澄千瑠 先生

今回は、花柳吉千鳳先生の「決闘高田の馬場」をはじめ、柳田類太さんの「瞼の母(写真)」など、4演目を熱演。
会場の盛んな拍手と大向うを受けていました。


「瞼の母」の柳田類太さん





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「舞踊と振袖の着付け専門講座... | トップ | 延岡/舞踊と歌謡とハワイア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL