きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

七日間の特訓を、集中して乗り越えました。

2017-06-18 12:39:33 | 着付け研修

最後の関門➠プロ着付け一級の認定試験へ
沖永良部島の美容室をご夫婦で経営している竿さんは、「きつけ塾いちき」の「プロ着付けの特訓コース」を受けられました。
一週間の特訓講座の場所は、鹿児島市中央町の「きつけ塾いちき」のおけいこ場。
始まったのは6月11日(日)の朝の講座からでした。
それから一週間、食事と講座間の休憩を除いて、夜までビッシリ特訓の授業が続きました。
市来学院長と竿さんのマンツーマン➠時代考証と技術の勉強に息つく暇はありません。
気を抜いていると、授業はどんどん先に進みます。
試験前日の16日(金)などは、朝、昼、夕方、夜と、4講座が組まれ、試験当日の朝は七五三の着付けを行なうという強行軍でした。

最終日の昼から、上級の筆記試験を含む、最後の認定試験を受けて、特訓講座が終了致しました。

竿さん、学院長の授業に耐えて、気を抜かず、本当によくがんばられました。
認定試験の合否は、今週中にご本人のもとに郵送で送られます。おたのしみに。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロコース特訓六日目➠最終講... | トップ | 今日は、「振袖特訓」と、「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL