きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

子どもフェスティバルで「日本舞踊」を披露

2010-11-30 09:34:29 | 七五三の着付け
 演目は、大和楽・「序の舞」
 11月28日(日)、日向市の大王谷中学校体育館で「大王谷地域子供フェスティバル」で行われ、日本舞踊が披露されました。
 当日の演目は、花柳流の指定舞踊…大和楽・「序の舞」でした。
 「序の舞」は、女性初の文化勲章を受けた、上村松園の絵画「序の舞」(重要文化財)に因んだもので、絵画と同じ拵えの衣裳も特徴です。
 花柳絹彩先生が想いをこめて
 この踊りは、一人の人間として、「凛とした女性の生き方」を表現するものとして特徴があります。
 踊り手は、日向市在住の花柳絹彩先生
 フェスティバルに参加した皆さんは、絹彩先生の素敵な踊りにさかんな拍手を送っていました。
 お話させていただいても、思いやりのある素敵な先生でした。

 当日の着付けは、「きつけ塾いちき」、カツラと顔は「日扇堂」でした。

市川笑三郎ホームページへ http://emisaburou.com/
「きつけ塾いちき」ホームページへ http://www.nr-2001.net/kimono/index.html
「きつけ塾いちき」の「まいぷれニュース」へhttp://miyazaki.mypl.net/shop/00000061899/news?hid=3320
おしゃれに「きもの語り」http://gakuyaura.chesuto.jp/
小粋におごじょ/きつけ塾福元 http://kitsukejukufukumoto.chesuto.jp/
日扇堂ホームページへ http://www.nissendo.co.jp/
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 協会で時代衣裳着付け講習! | トップ | 振袖着付けも仕上げです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

七五三の着付け」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL