きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

小倉講座➠京都の舞妓と、はしょり着付けをお勉強

2017-07-07 12:47:54 | 舞踊と振袖の着付け

今こそ基本をもう一度
「舞踊と振袖の、着付け専門講座」は、7月7日(金)の午前と午後の二講座が行なわれました。
岡山県からお越しのお二人は、おはしょり着付けの、舞踊着付けの基本からもう一度学ぶことになりました。

ダラリの帯を巧みにさばいて
山口県から受講されている方の、今日の講座は「京都の舞妓さんの着付け」。
補整・裾引きの着付け・6mのダラリの帯の結び方などを学ばれました。
とくにダラリの帯のさばき方は独特で、真剣に臨まれていました。






ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小倉北区の「舞踊と振袖の、着... | トップ | 小倉、「舞踊と振袖の、着付け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞踊と振袖の着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL