きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

岡山の衣裳方が初仕事➠裾引きを着付け

2016-09-06 10:40:09 | 舞踊の着付け

有名な流派の依頼を受けて
全日本きもの文化研究協会の加盟校である「西美代子きつけ教室」の中には、全国でも珍しい「日本舞踊の着付け講座」があります。
近年その講座で、衣裳方(日本舞踊専門の着付け師)が多数誕生しています。

先月、岡山で行われた日本文化のイベントの舞踊の部で、全国規模の流派のご依頼を受けて、初仕事ををさせて頂きました。
岡山の衣裳方(宮木さんと古谷野さん)の誕生です。

流派のお師匠さんのご注文を受けながら、リハーサル・朝・昼公演と、三回の着付けを誠実にさせて頂いたのです。

岡山のあらゆる流派とのご縁を繋ぎながら、さらにご活躍されることを期待しています。

下の写真は、リハーサルの時に裾引きの後ろ姿です。






ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は、附け下げに二重太鼓 | トップ | 10月に佐賀県の花柳流・舞踊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞踊の着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL