きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

プロ特訓/きものの知識から、総復習へ

2017-06-15 23:14:04 | 着付け研修

きもの文化を学び、着付けと帯結びの復習を
沖永良部島から、プロコースの一週間の特訓に来られた竿さんは、今日も終日猛特訓。
午前中はきものの理論の講義。
昼からは学院長の指導で、モデルさん相手に、着付けの特訓。
夜はこれまで学んだ帯結びの復習でした(下の写真)。

わずか五日間の間に学んだ理論と技術は、普通の教室の二年間に匹敵すると思います。

残りの日程は、明日と明後日の二日間。
七五三の着付け、男袴と女袴などを残すのみとなりました。
持ちきれないほどの「きものの玉手箱」を、残さずお持ち帰りたいと思います。

この五日間で学んだ、帯結びの一部(結び手は竿さん)





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ特訓コースも4日目 | トップ | プロコース特訓六日目➠最終講... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

着付け研修」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL