きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

今年も蘭の花が咲きました。

2009-03-19 23:09:03 | 七五三の着付け
 ずいぶん前に、市来学院長のお友達から送って頂いた「蘭の花」は、毎年きれいな花を咲かせていますが、今年も元気な顔を見せてくれました。
 事務所が華やいで、元気をもらっています。
 両手ですくえる程の土が入った鉢の花が、季節を忘れずにしっかり咲いて息づいているのを観ると、自然の摂理と力強さを感じます。

「きつけ塾いちき」ホームページへ http://www.nr-2001.net/kimono/index.html
「きつけ塾いちき」の「まいぷれニュース画面」へhttp://miyazaki.mypl.net/shop/00000061899/news?hid=3320
市川笑三郎公式ホームページへhttp://emisaburou.com/
日扇堂ホームページへ http://www.nissendo.co.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合同の着付け研修/都城 | トップ | 春分の日に舞妓のカツラ合わせ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おゆき)
2009-03-24 15:05:03
ご無沙汰しています

本当に 健気で可愛いですね。

山口百恵さんの歌の歌詞に

何億光年輝く星にも寿命がある・・・

季節毎に咲く一輪の花に無限の命・・・

フッと この歌を思い出しました。



いつもありがとう (着付けの配達人イッちゃん)
2009-03-30 19:16:57
 コメントありがとうございます。
 おゆきさんのお陰で、毎年爽やかな思いをさせて頂いています。
 元気の出る「力強い蘭の花」ですね。
 これからも「きもの好きのみんなの為に…」がんばります。

コメントを投稿

七五三の着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL