きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

関東の芸者さんからお問合せが…

2017-10-10 01:13:07 | 舞妓・芸妓の着付け

舞台メイクと裾引きの着付けを

現在私たちは、「松の内」の晴れの衣裳(裾引き)と舞台メイクをお教えするために、東京の向島の芸者さんの所に伺っています。
先日、他の関東の芸者さんからも、お問合せがありました。
内容は、「舞台メイクと裾引きの着付けを身につけたい」とのこと。

江戸時代から続いている、「花街の伝統を継承したい」…との熱意への一助になればと思い、おけいこ実現へ向けて取り組んでいます。
もうしばらくお待ちください。




ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合理的な着せ付けは、早くて…... | トップ | 木更津の芸者さんが、向島の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞妓・芸妓の着付け」カテゴリの最新記事