きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

姶良市の蒲生公民館で、水間流の「舞踊の会」

2017-03-06 16:03:46 | 舞踊の着付け

古典舞踊や小曲など38演目を披露‼
水間花紫露(みずまかむろ)社中は、3月5日(日)蒲生公民館で、「水間流・舞踊の会」を開催しました。
演目は、第一部の古典舞踊10演目を含めて38曲。
会場は満席。
38演目のうち2演目は、水沢流も賛助出演。
多くの出演者が、日頃のおけいこの成果をご披露されていました。

「きつけ塾いちき」の衣裳方もお手伝いに伺いました。


写真は、水間花紫露会主。





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原田駒寿香社中が「初鶯」を披露! | トップ | 可愛いニ姉妹が出演していま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞踊の着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL