きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

娘の晴れ着は私が…

2017-06-19 21:37:28 | 成人式の着付け

昨年から、来年の成人式目指して「帯専科」も
鶴田さんは、昨年から「振袖専科」を専攻して、猛勉強されています。
習うきっかけは、「自分の娘の成人式には、私が振袖を着せてあげたい」との想いからでした。
「きつけ塾いちき」の通い始めてから、来年の成人式目指した着付けのおけいこが始まりました。

今年の成人式には、着付けのスタッフとして初めて着付けの舞台に参加し、お勉強されました。
現在は、お勉強の幅も広がり、「帯専科」を学んでいらっしゃいます。

今日も、「きつけ塾いちき」の鹿児島のおけいこ場で、技術を磨いていらっしゃいました。
お母さまが、娘のために振袖の着付けを学ぶなんて、素敵だとは思いません?

お母さまに、「アッパレ」です!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は、「振袖特訓」と、「... | トップ | 芸者さんと、「出の衣裳」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL