神戸の空の下で。〜街角の歴史発見〜

足かけ8年、150万PV突破。「近畿の史跡めぐり」のサブタイトルも、範囲が広がったために少し変更しました。

神戸・夢野八幡神社。

2007年10月07日 | ■神戸市兵庫区
厄除け

夢野八幡神社

(ゆめのはちまんじんじゃ)
神戸市兵庫区氷室町1-5






〔御祭神〕
応神天皇
(おうじんてんのう)
比売神
(ひめのかみ)
神功皇后
(じんぐうこうごう)


 神戸の都心部と北区とを繋ぐ有馬街道。その要となる平野交差点以南のエリアは平安時代末期に平清盛公が遷都した福原京があった地域で、短いとはいえ一時的に日本の首都となった場所でもあります。そしてこの周辺には福原京鎮護のための多くの寺社が建てられ、今なお地域の人々の崇敬を集めています。夢野八幡神社平清盛公が建立した神社のひとつです。




鳥居から急な石段を上った先にある社殿。



 1156(保元元)年に起こった保元の乱と1159(平治元)年の平治の乱によって朝廷内での政治的地位を強め、ライバルだった源義朝公をはじめとする源氏に勝利することで軍事的にも実権を掌握し、太政大臣にまで登りつめた平清盛公ですが、1167(仁安2)年にはその職を辞職。翌年、日宋貿易の拠点として港湾の整備に情熱を傾けていた兵庫津にある能福寺で出家して入道浄海となった平清盛公は、病を得たこともあって都を離れ、福原雪の御所と呼ばれる別荘を造営して静養に努めつつ、この地で政治を動かしていました。そして1177(安元3)年8月には福原京への遷都を敢行するに至りました。

 福原に新しい都を建設するにあたって、土地区画整理をするための基準点として見晴らしの良い高台から狼煙をあげ、それを目印に東西十町、南北十五町の条理の線引きを行ったそうです。その後、都を一望出来るこの高台に八幡大神を祀り、夢野八幡神社を創建して福原京の繁栄祈願、王城守護を願ったといわれています。




鳥居の脇に建つ春若大明神。



アクセス
・JR「神戸駅」下車、神戸市バス7・9・61系統「夢野町丁目」バス停より北へ徒歩10分
 夢野八幡神社地図 Copyright (C) 2000-2007 ZENRIN DataCom CO.,LTD. All Rights Reserved.

拝観料
・無料

拝観時間
・常時開放

神戸の神社
兵庫県神社庁神戸市支部
神戸新聞出版センター

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
兵庫県
キーワード
神戸市バス 土地区画整理 日本の首都 平野交差点
コメント (9) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 東京・浅草寺。 | トップ | 神戸・愛宕神社(兵庫)。 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
九宮について (ぴぴよし)
2007-10-09 01:07:47
はじめまして、ぴぴよしと申します。
実は先日友人より、神戸では八宮巡りとなっていますが実は九宮巡りで、「九宮は長田から須磨の間にある。」と聞いたのですが、それはどこかご存知でしょうか?
こんにちは! (きみー)
2007-10-09 14:26:02
ぴぴよしさん、はじめまして。
ご質問の「九宮」の件ですが、もしかすると生田神社の御旅所のことではないでしょうか?
「長田から須磨の間」からすると東寄りになりますが、JR兵庫駅の北に「生田神社兵庫宮」という神社があります。
兵庫の守護神として、生田神社から天照大御神を勧請してお祀りしている神社ですので、この神社のことを言われているのではないでしょうか。
興味深い話ですので、念のため一度調べてみます。何か分かればまたブログで扱ってみますね!
九宮について (ぴぴよし)
2007-10-10 00:34:32
きみーさん、有難う御座います。
兵庫県神社庁に問合せをしましたが、そういうデータは無いと言われました。
引き続き私も調べてみます。
有難う御座いました。
卑弥呼が埋めさせた大量の銅剣と銅鐸 (史実探偵: 平 素人)
2007-10-10 08:05:55
きみーさん>、はじめましてブログ検索でやって来ました。
「卑弥呼が埋めさせた大量の銅剣と銅鐸」を題に広報活動をしています。出雲と野洲と神戸で大量の銅鐸が埋めてあった。その出雲で大量の銅剣が出土している。ならば神戸や野洲でも必ず大量の銅剣が埋められている。神戸では、住吉川上流・荒神山・大月地獄谷です。共通の文化には、共通の事象あり!! この歴史を変えるビッグ・ゲームにどうぞの御参加を! (詳細はmyブログへ)
只今、PC.見習生で同じ画面に辿りつくのは皆無の技!?ゴメンナサイ(笑) お便りお待ちしています。

卑弥呼が埋めさせた大量の銅剣と銅鐸 (史実探偵: 平 素人)
2007-10-16 22:10:19
またまた、やってきましたぁ〜、(笑)そのつづき、
  その大量の銅剣と銅鐸が、何故卑弥呼か?
歴史的にみて「銅鐸文化から銅鏡文化」への変遷・変換のきっかけの時を考えねばならず、その変換点に、「魏からの100枚の銅鏡があり、卑弥呼がいる!」
こんばんわ! (きみー)
2007-10-17 00:24:58
コメントありがとうございます!
住吉川とか荒神山とか、身近な地名と卑弥呼の関わりなんて、面白そうですね!これからもよろしくお願いします☆
神戸と野洲の大量の銅剣を発見けるまで! (史実探偵: 平 素人)
2007-10-17 21:24:31
☆マークありがとう(嬉しい)こちらこそよろしくお願いします。
卑弥呼が埋めさせた大量の銅剣を出雲のように偶然から掘り出すのと、それを予測して掘り出すのとでは全く意味がちがいます。この素人と組んで、その“封印”を解く(ブログ広報)活動をしませんか?
野洲では<ことはさん>光透波(ことは)の泉。
出雲では<しげ さん>いずものこころ。に声をかけています。ちなみに、専門家は10年来、無しのつぶて! だからおもしろい(笑)
神戸十ノ宮神社について (和布礼一)
2009-09-20 03:43:16
初めまして、十ノ宮でググッていてこちらにやってきました。
子供の頃、神戸の地図を毎日のように眺めていました。その地図の名所案内には一ノ宮神社から十ノ宮神社までの祭神と所在地が書いてありました。
十の宮は昭和13年の水害でなくなったと書いてあったと思います。九ノ宮は探せませんでした。
祭神はたしか、平家にゆかりのある姫君だったようです。子供心になぜ平家の姫を祀るのか不審に思ったので、長い間心の底に残っていたのですね。
私が見た地図があればと、昭和15年の地図を見ましたが載っていませんでした。もう少し古い地図だったのでしょう。
幼い頃の不確かな記憶を持ち出してすみません>
Unknown (きみー)
2009-09-22 02:26:43
はじめまして!コメントありがとうございます
九ノ宮と十ノ宮に関してはなかなか情報がないだけにとても気になりますね。
「生田神社兵庫宮」=九宮?とも思ったのですが、ぴぴよしさんがコメントされた「九宮は長田から須磨の間にある。」という話に照らし合わせると違うような気もします。
「生田神社」の裔神ということを一度頭から離して考えてみるのもいいのかも知れませんね。
とっても気になるテーマなので、また新たな発見があれば教えてくださいね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

■神戸市兵庫区」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。