木村草太の力戦憲法

生命と宇宙と万物と憲法に関する問題を考えます。

人格の同一性(2)

2016-10-14 22:11:20 | ちょっと一言
さて、2005年にひょんなことから
インド留学を決めたA氏だったのだが、
それは全くの偶然で、
いま2005年に戻って全部やりなおそうとしても、
そうはしないだろうという。

イメージとしては、こういう感じである。

2005年、A氏は、
2個のサイコロを振って両方6(重六、双六最強の目)が出たから、インドに行った。
なお、重六が出る可能性は36分の1なので
いま2005年をもう一回やりなおしてA氏がインドに行く確率はほとんどない。

そして、A氏が心配しているのは、
もし、A氏ではない人物Bがタイムマシンを使って2005年に戻ったとする。
そうなるとB以外の人も含めて2005年に逆戻りして、
やりなおし。

もちろん2005年にもどっても
1回目の2005年と全く同じ行動をとる人もいるかもしれないが
A氏が1回目の2005年と同じ行動をとる可能性は絶望的に低い。

もしタイムマシンが発明されれば、A氏は「死んだも同然ではないか」というのであった。

         (つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 停電 | トップ | ふわりふわり »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちあき)
2016-10-15 17:17:28
何だか頭の中が混乱しながら、想像しました(^^;;

日常の生活の中での、ちょっとした選択ですら
その後の人生を大きく変えることになるのか・・・

話の続きを楽しみにしています(>_<)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。