KIMBERLY巴西日記

ブラジルサンパウロでの平凡な日々を綴る日記

1月2日までお休みを頂きます

2016-12-27 15:25:20 | サンパウロ日々の出来事
、、、と不動産屋さんからの返信がありました。

わ~奇遇ですねえ~
私たちもまもなく休暇に入ります~

、、、と喜んでいる場合ではありません。

我が家の冷蔵庫は瀕死の状態です。
庫内のほとんどの食べ物が汗だくになっています。

そんなあ、、じゃあ、、、、僕はどうしたら???



純も心配になってチラ出するくらいに中途半端な状態の我が家の冷蔵庫事情です。

でも、1月2日までお休みで連絡が取れないのならしょうがありませんね。


考えても仕方ありませんので、先日、夫が会社からもらってきたクリスマスの詰め合わせBOXを広げてみました


中にはぎっしりとお菓子が入っていました


、、、が、微妙です。微妙な感じです
”甘い物大集合!”です。

どう考えても夫婦二人の我が家で休暇前に食べきるとは思えません。


しかも、画面の左上にはドライフルーツ入りのパネトーネが写ってますね。
我が家にまた一つパネトーネが増えちゃったってことですね。

え?


気になって純がチラ見しています。


このお菓子たちをどうしましょうかとしばし考えたのちに良いアイディアが生まれました。

今日、私はテレサになる。

そうです。

寄付するのです。

我が家の近所の路上でたまに”お金をください”と手を出されることがあります。(銃で脅される強盗ではなく、もうちょっと優しめの、、、ええと、あれ、なんて言ったら良いのでしょう?)

”お金は絶対にあげちゃだめですよ、結局そのお金でドラッグを買ってしまうので彼らの為に良くないから”と、ブラジル生活の師匠であるW君、Aさんに言われています。”お金の代わりにクッキーとか、何か食べ物あげるといいですよ”というアドバイス付きで。

師匠の教えは絶対です。
守らなければなりません。


お金はだめだけど、お菓子なら、、、

どれどれ。

お菓子を袋に入れて外に出てみました。

ピッカー!
日差しがきっついです。

きっつい日差しの中、坂道を下ったり、上ったりしてみましたが、、


あれれ???


誰もいませんね。

どうやら彼らもクリスマス休暇に入った模様ですね。

テレサにはなれませんでしたね。


さて、お菓子たち、どうしましょう?


困った時は門番さん、です。

知っている限りのポルトガル語を並べて話しかけてみました。

”ボンジーア(おはようございます)
”お菓子食べますか?”
”私、お菓子食べません”
”どうぞ”

この4センテンスを一気にしゃべりました。

”お菓子食べません”とまるで健康に気をつかってる風ですが、それはウソです。
お菓子大好きです。
でも、この量を休暇前には食べきれません、ということが言いたかったのですが、長いじゃないですか、文面。
なので、お菓子食べません、と短く言ってしまったわけです。

ふぅ~汗だくですよ、おっかさん。

でも、なんとか通じましたよ。
そして、お菓子も受け取ってもらえました。
よかった、よかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーガガーッシュッ | トップ | 今年の漢字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。