kimitsuku独り言

日々の暮らしから感じたあれこれを
ひとりブツブツ独り言

10数年振りのクラス会

2017年09月07日 | 日記
  
        
 故郷で高校のクラス会が行なわれ10数年振りに出席しました。今までも何度か案内があったのだけれど
都合つかず、いつも欠席の返事を出していました。今回も翌日に仕事が入っており、慌ただしいトンボ返り
でしたが何とか懐かしい旧友たちに逢うことが出来ました。確か10数年振りの再会になるのでは…
 名前も顔も思い出せない「存在感なし男子」が堂々たる風格を漂わせていたり、居たことさえ忘れていた
「地味系の女子」が、カラオケタイムになるとマイクを離さずワンマンショーを繰り広げたり…。  
 近況報告では、地域活動に参加して楽しく人生を謳歌していたり、趣味や社会貢献に勤しんでいたりと、
それぞれが充実した時間を過ごしているとのこと。多少の失敗や挫折を乗り越えてきた友たちの生き様に
心から拍手を送りました。48名の級友中、既に亡くなった者が10名、所在不明・音信不通が5名。
半世紀以上も昔の、紅顔 ニキビ顔 少年少女たちが現在それなりにオトナになり、病院と仲良くしつつも
皆さん健在で暮らしていることに感無量でした。
 過去を振り返ったり古い友人と逢いたいタイプでは無いので、今まで故郷のクラス会は敬遠していましたが、
「まぁ時には安否確認チェックも、いいっかぁ~」と考えさせられた10数年振りの再会でした。
 参会者一同で歌った我が母校の校歌ご紹介しましょう。なかなか格調高い歌詞で高揚感たっぷり~

         渺々万里 陽に映えて 潮高鳴る 太平洋 溢るる生命 想いては 
                          久遠にかざす 我が校旗 颯爽日高の 空を截る
         蜿々遠く 雲を抜き 北斗かがよう 山脈に 学徒の理想 のぞみ見て 
                          使命にこぞる 我が決意 永久に延び行く 姿あり
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋天一碧 | トップ | さっぽろオータムフェスト2017 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わぁ〜🤣 (midori)
2017-09-10 12:16:07
同窓会に出席👏
kimitsukuさんが、同窓会ってピンと来ませんが(笑)
kimitsukuさんの息子さんは、同窓会の幹事で頑張ってましたからね〜💦
たまには、滅多に会わない人との交流も刺激になるのかなぁ…
kimitsukuさんが若々しいのは、過去にこだわらない事なんだと改めて思いました🍀
脳 トレ 頑張りま~す (kimitsuku)
2017-09-11 08:57:51
Midoriさん、コメント有難うネ。
久し振りに会った旧友たちとは互いに顔を見合わせて、「立派なオトナになったねぇ~」でしたワ。
皆さん、それなりに年齢を重ねて素敵なシニアになっていました。
クラスNo1の美少年だったW くんに逢えなかったのが心残り…
 母は少し腰が曲がったけれど、元気にしていたので安心しました。
 過去に拘らない…というか、忘れっぽい…というか、既に容量オーバーなのでしょうよ。
せめてもの脳トレにブログ頑張りま~す。
   

思い出 (ミイバーです)
2017-09-11 23:48:28
いい時間をすごされましたご様子で何よりです
当時は一クラスの人数は多かったですよね。そんな中で此処に参加できました方々は幾多の道を通り過ぎ、今ここにおられるって事は本当に幸せというべきと思わねば・・・ですね。

校歌の歌詞、仰るが如く荘厳さを感じるほどであり
どんな曲なのか?お聴きしたいくらいです、
幾星霜…! (kimitsuku)
2017-09-12 13:00:50
ミイさん、コメント有難うございます。
滅多に出掛けないクラス会ですが、多分これが最後の機会と出席しました。
「この人、誰だっけ」な友とも話しているうち当時を思い出して、懐かしかったです。
秘かに期待していた人とは会えませんでしたが、それもまた良し…かな。
 
 渺々万里(びょうびょうばんり)から始まる校歌は久し振りに歌いましたが、しっかり覚えていましたワ。
 故郷でのクラス会、次回は有りや無しや…

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事