kimitsuku独り言

日々の暮らしから感じたあれこれを
ひとりブツブツ独り言

SWITCHインタビュー 達人達(たち)

2013年10月12日 | 日記
                
 NHKEテレ土曜日の、『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』。
異なる分野で活躍している“達人”が語り合う対談番組で、今夜のゲストは、カンヌ映画祭受賞作
「そして父になる」の映画監督・是枝裕和と、小説「心」で息子の死と向き合った政治学者・姜尚中。
 6年間自分の子供と信じて育てた息子が、実は産院で取り違えられた他人の子と知った家族の
葛藤を描いた「そして父になる」。是枝監督はその苦悩や葛藤を通して「家族」の意味を問い掛ける。
 そして姜尚中は4年前に息子を26歳で亡くし、その悲しみ苦しみの中から小説「心」を書き記した。
「父」とは、「家族」とは、また「故郷」とは…、おふたりの真摯な生き方と言葉に深い感銘を受けた。
まだ映画も観てないし「心」も読んでいないが、今夜の対話だけでも充分に伝わってくるものがある。
暫く振りにTVで深遠な人生哲学を学んだ気がして…さすが真面目なNHK教育テレビ
 近いうちに、映画館と書店へ行ってみなくっちゃ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加