きみちゃんの息抜き・・・

ラジオモンスター番組「秀電社のキキミミアワー」で話した内容を写真付きで詳しくお伝えしています。

秘境、レンべ,サンギへ諸島クルーズ...

2017年07月17日 | アウトドア

 今回のキキミミアワーは、先月訪れた「レンべ.サンギへ諸島」のお話です。

レンべ.サンギへ諸島は、インドネシアのスラウェシ島の北方に連なる島々です。

羽田から国際線で約7時間、インドネシアのジャカルタに入り、その後、国内線で約3時間かけてスラウェシ島のマナドまで飛びました。

クルーズの起点はレンべの港。島の東側にあるマナドから車で約2時間、島を横断して西側にあるレンべに着きました。

マナドからレンベの港まで車で移動 レンベ・サンギヘ諸島クルーズルート

今回の旅も目的はダイビングです。

ダイバーにとってレンべはマクロ天国で有名ですが、サンギへ諸島は殆ど知られていない秘境です。

ダイバーなら誰もが憧れる秘境でのダイビング。手付かずの自然を体験するのは至福の喜びです。

第2の目的は、半年前から聞き始めたNHKの基礎英語の成果を確認すること。

今回の旅は一人旅。加えてツアーではないので、乗換えも移動もホテルのチェックインも自分でやらなければならない。

これが何とか出来たのは基礎英語のお陰でした。

マナドで時間があったので半日観光に行ったのですが、英語のガイドにも何とかついて行くことが出来ました。

 

目的にはなかったのですが、素晴らしい体験も出来ました。

スラウェシ島には世界最小級のサル、「タルシウス」がいて、このタルシウスを間近に見ることが出来ました。

タルシウス、超カワイイですよ。

では、レンべ、サンギへ諸島クルーズで撮影した写真をご覧下さい。

ジャカルタ上空から レンベ・サンギヘ諸島クルーズ船 サンギヘ諸島の海の中はまるで竜宮城 珊瑚と海綿 偶然に取れたベストショット ウミウシの背中にエビ! コブシメカワイイ 超レア ヘアリーケロッグフィッシュ 超レア ミミックオクトパス ミジンベニハゼも珍しい ウルトラマンホヤ ホヤ 枝珊瑚と無数の魚たち ダブルレインボー 海も空も真っ赤っか 船の食事はブッフェスタイル 島の人が見物に 海の温泉 ハリセンボンの眼って綺麗 バンガイカーディナルフィッシュ カエルウオ?表情がかわいい! ソフトコーラル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補聴器Q&A「通販の補聴器... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。