みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

日本列島大地動乱!海水温上昇は地下のマグマ地殻変動!異常気象・地震・火山噴火を引き起こしている!

2015-01-28 16:34:27 | 地震
日本列島大地動乱!

海水温上昇は、地下のマグマ地殻変動!

異常気象・地震・火山噴火を

引き起こしている!

CO2温暖化理論のウソ!

世界的気候動乱…

日本列島21世紀大地動乱!

るいネット…



『二酸化炭素温暖化説の崩壊』 集英社新書【地球温暖化はCO2のせいではない】広瀬隆

阿蘇山マグマ噴火!日本列島21世紀大地動乱!東日本大震災以後、日本列島の地盤が緩みマグマが揺れて…


sohnandae Twitter→Twitter

みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「海水温上昇」の真実と

熱移送説との繋がり

地下のマグマが異常気象・地震

・火山噴火を引き起こしている

CO2による地球温暖化理論のウソ!


●地下活動が水温上昇の原因

コスモス281120

海水温上昇」の真実と熱移送説との繋がり
 
「CO2による地球温暖化理論のウソ(その4)
********************************************************************
●上が駄目なら下でしょう
では、一体、何が(海)水温上昇の原因なのでしょうか?

そこで、質問です。
みなさんは、ヤカンや鍋に入った水を温めるとき、どうしますか?
下から温めますでしょう。
そう、これが答えです。

水全体を温めるには、下から加熱すれば良いのです。
そうすれば、対流がおこる。
温められた水は上の方へいき、冷たい水が下の方にいく。
そして加熱される。
これがグルグル繰り返されて、水全体が温まるわけです。

ということは、水全体が温まる現象では、熱源は下の方にある…ということになりますでしょう。
ですから、(海)水温上昇の原因も、水の下にある…ということになるわけです。

●地下活動が水温上昇の原因

ここまでくれば、水温上昇の原因は、もうおわかりでしょう。
そう、地殻変動などのような地下活動のせいです。
これが、海水を温めていた…というわけです。

その結果、海流が変わってしまったり、捕れる魚の種類がかわってしまったりした…と考えられるのです。
後者は、いわゆる、生態系への影響…ってやつですね。
巨大クラゲのような特定の生物が異常繁殖したりすることもあり得ましょう。逆に、天敵となる生物が減ってしまうこともあり得ましょう。
これもまた、特定の生物の異常繁殖の原因となり得ます。

気象にも影響を及ぼします。

水温が上昇すれば、水が蒸発する量が増える。
その結果、湿度が高くなる。
今年の北海道の夏が長かったのは、このせいでしょう。

加えて、水が蒸発する量が増えれば、大雨を降らせる雲が発達しやすくなる。大雨の被害、大きかったでしょう?

そして、何より、強力な低気圧が発生・発達しやすくなる。
その結果、凶暴な台風(ハリケーン)が来襲することになる。
台風14号といい、米国を襲った二人の美女といい、そうでしたでしょう?
(引用者注:この引用文は2005年10月のものです)

●地震、津波…ハルマゲドンじゃないってば!
地下活動の一つに、地震があります。
そういえば、このところ、大きな地震が増えてますでしょう。昨年の新潟中越地方の地震といい、大津波をもたらしたスマトラ沖地震といい…。

地震があると、膨大なエネルギーが地下から放出されます。

まず、揺れですね。
揺れは、いつかは無くなるでしょう。
これは、揺れのエネルギーが、熱エネルギーに変換されるからです。
これは熱源になりますでしょう。

津波もそうです。
津波の波も、いつかは消えてしまう。
これも、波のエネルギーが、熱エネルギーに変換されるからです。
これも、熱源になる。

余談ながら、大津波の場合、生態系を破壊する可能性もありますね。

さて、上記に加えて、見落されがちなのが、地殻が壊れる際に放出される熱エネルギーです。
地震とは、地殻が壊れる現象です。
で、物が壊れる時は、熱が発生するのです。
ためしに、要らなくなったスプーンかなんかを、ちぎれるまで、何度も何度もグニャグニャ折り曲げ続けてみて下さい。
切り口が熱くなってますでしょう。
地震で地殻が壊れる時も同様に、熱が発生するのです。
これも、熱源になる。

このように、地震があると、海水が温められるのです。

そういえば、大地震が続いた昨年、北海道新聞は、「ハルマゲドン」などという見出しの記事を載せて、さらなる地震の恐怖を煽っていました。
さらに、今年になってからは、御親切に、温暖化と異常気象とを組み合わせて、まるで地震まで温室効果のせいであるかのように煽ってました。
悪趣味でバカみたいなことやってますが、ここで述べた“地下活動説”を見ると、地震と、温暖化もどきと、異常気象は、決して無関係なものではなかったことがわかるでしょう。

「海水温上昇」の真実と熱移送説との繋がり - るいネット


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「海水温上昇」の真実と

熱移送説との繋がり

地下のマグマが異常気象・地震

・火山噴火を引き起こしている


281827 地下のマグマが異常気象・地震・火山噴火を引き起こしている

>ここまでくれば、水温上昇の原因は、もうおわかりでしょう。
>そう、地殻変動などのような地下活動のせいです。
>これが、海水を温めていた…というわけです。

最近の異常気象は、極端な海水温の上昇によるものであることは間違いないことでしょう。そして、その海水温の上昇は、地下のマグマの活動によって引き起こされている可能性が高いと思われます。

地殻変動である地震や火山活動は、日本を含めて世界中で活発化しており、ごく最近もパキスタン地震(M7.8)、ペルー沿岸地震(M7.2)が発生しました。パキスタンの大地震では海底の地盤が隆起し、メタンガスを噴出する島が出現しました。

また、昨年にはインド・オーストリアプレートの境界で急速な海底隆起が起きている可能性が指摘されており、日本でも2005年には南硫黄島近くで海底火山が噴火しました。(In Deep「パキスタンの新しい島を見て、最近の「海底の異変」の場所を思い返してみました」


In Deep: パキスタンの新しい島を見て、最近の「海底の異変」の場所を思い返してみました

これらの異常気象や地震活動・火山活動は、地下のマグマの活動が地球規模で活発化していると考えると全てが直接的に繋がってきます。

あまりなじみの無い地下のマグマですが、プレート下の深度100〜300kmには高温で部分溶融した「アセノスフェア」と呼ばれるマグマ状の層が広く分布していることがわかってきており、地球規模の地震や火山などの地殻変動を説明するには、プレート下のアセノスフェアが何らかの原因で活性化していると考えることが自然です。


アセノスフェア - Wikipedia

アセノスフェアは電気伝導性を有していると考えられており、発散型のプレート境界のアセノスフェアは地表に近いところまで上昇しています。

そして日本海溝付近にもアセノスフェアは存在しているのです。

ちなみに、今年9月4日に起きた鳥島近海の地震は非常に珍しい地震で、深さ400kmを震源とするM6.9の大深度地震で、太平洋プレート境界を北上する様に地震動が伝播し、フィリピン海プレート側にはほとんど揺れが伝わっていませんでした。深さ400kmはアセノスフェアの深さであり、地下の大深度部分における活動の活発化を裏付けるかのような地震でした。

フィリピン地震や東北地方太平洋沖地震もアセノスフェアの活発化が原因である可能性が高いと考えられます。それによって、地震や火山活動が活発化し、海水が温められて異常気象が多発しているのでしょう。

アセノスフェアが活性化する理由については、まだ何もわかっていないのが現状ですが、電気伝導性を有するアセノスフェアですから、地球規模の磁場や電場の影響を受けている可能性が考えられます。

ちなみに、アセノスフェアは外殻から上昇するホットプルーム(これもマグマの状のもの)に連続している可能性が高く、地球内部とアセノスフェアが伝導性をもって繋がっていると考えられますので、内核・外殻が発生させている磁場や電場の影響を受けて活発化していることも考えられます。


プルームテクトニクス - Wikipedia

さらにアセノスフェアは部分的に地表面近くに達していることから、宇宙とも電気的に繋がっている可能性があり、太陽風によるプラズマの変化などもアセノスフェアの活性化に影響している可能性も考えられるのです。

るいネット
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=281827


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

『世界的寒波』の原因は温暖化でなく【地球の寒冷化】マスコミは温暖化が原因と報道しますが…

【地球の寒冷化が始まる『「地球温暖化論」に騙されるな!』 丸山茂徳】 今日の物語/ウェブリブログ


地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山



【原発は最強の温暖化装置】大飯原発1基稼働で毎日「広島原爆2発分のパワー」で、温暖化される!

2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!


阿蘇山マグマ噴火!日本列島21世紀大地動乱!東日本大震災以後、日本列島の地盤が緩みマグマが揺れて…



小笠原、西ノ島さらに拡大、噴火頻発!大地震の前兆深まる!小笠原〜富士火山帯/関東直下、東南海、富士山!地震活動が活発になっている!


富士山大噴火Xデー2015年!国家の危機!東京にガラス火山灰が2週間…降り続き!電気、通信、交通マヒ…!国家存続の危機であるが、国の対応は…ほとんど何もやっていない!


川内原発、再稼働への警告!39の火山が囲み、巨大噴火カルデラ火山5つ!九州消滅の危機にさらされている! ルール無用の川内原発、月刊宝島


巨大カルデラ噴火の恐怖!その確率、阪神淡路大震災の5倍/火砕流は九州全域を襲う!火山灰は本州全域…!巽 好幸教授神戸大学・地球惑星科学科(マグマ学)


首都圏地震3・11以後、9倍多発している!警戒せよ!首都直下地震/静穏期間終わった!プレートずれ…21世紀大地動乱…




sohnandae Twitter→Twitter

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ジャンル:
災害
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍よ、私は日本の首相として必... | トップ | 危惧した通り、安倍はイスラム国... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む