みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

真珠湾奇襲攻撃は【アメリカが仕向けた】ダグラス・マッカーサーの告白!ルーズベルト大統領は日本軍に先制攻撃をさせるように命令した!日本側の首謀者は山本五十六・連合艦隊司令長官!YouTubeあり

2016-12-09 21:53:59 | 政治
真珠湾奇襲攻撃は

【アメリカが仕向けた】

ダグラス・マッカーサーの告白! 

ルーズベルト大統領は

日本軍に先制攻撃を

させるように命令した!

日本側の首謀者は

山本五十六・連合艦隊司令長官!

YouTubeあり…


マッカーサーの告白 ~アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて~1951年5月3日 ダグラス・マッカーサー~ - YouTube

「ダグラス・マッカーサーの告白」 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて - るいネット(全文は下記に)


仕組まれた真珠湾攻撃、奇襲ではなかた!暗号は筒抜けだった=第二次世界大戦、日本側の首謀者は山本五十六・連合艦隊司令長官でした!彼こそは、日本の軍人というイメージがありますが、実は大の親米派でした。

真珠湾攻撃は【アメリカによる謀略】だった!ルーズベルト大統領は日本軍に先制攻撃をさせるように命令した!日本側の首謀者は山本五十六・連合艦隊司令長官!米国「自作自演テロ戦争」の手口…第二次世界大戦…日本は負ける戦争をしていた!アメリカは昔も今も恐ろしい侵略殺戮国家である!



ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「ダグラス・マッカーサーの告白」 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて - るいネット

322378 「ダグラス・マッカーサーの告白」 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて
 
匿名希望 16/12/08 AM00

マッカーサーは、アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて、ある告白をしていた。

真実の扉【リンク】よりの転載です。
解散後の選挙戦略か?真珠湾慰霊 - 真実の扉

転載開始

安倍首相が慰霊の為にオバマ大統領と真珠湾に慰霊に行くことが報道されました。

戦争屋オバマと安倍の「真珠湾慰霊」の茶番劇!オバマはロシア原発攻撃失敗、安倍は戦争屋のロボット!安倍は選挙・支持率目当て、オバマは汚名挽回!偽りの平和メッセージ!


安倍首相が勝手にトランプと会ったことで悪化したオバマとの関係を修復するための目的もあるのでしょう。

なぜ今、真珠湾でオバマと2ショットなのか、やっぱ選挙対策か。

ただこの真珠湾の奇襲はアメリカがそう仕向けたものです。

1951年5月3日、アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にてダグラス・マッカーサーが次のように証言しました。

日本でもアメリカでも、殆ど知られていません。

「マッカーサーの告白」

日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。日本は何も悪くありません。日本は自衛戦争をしたのです。

イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込んだのです。

アメリカは日本を戦争に誘い込むためにイジメにイジメぬきました。そして最後通牒としてハルノートを突き付けました。...

中国大陸から出て行けだの、石油を輸入させないなど、アメリカに何の権利があったというのでしょう。

当時、アジアのほとんどの国が白人の植民地でした。白人はよくて日本人は許さなかったのです。

ハルノートのことは、私もアメリカの国民も知りませんでした。

あんな物を突き付けられたら、どんな小さな国でも戦争に立ち上がるでしょう。

戦争になれば圧倒的な武力でアメリカが勝つことは戦う前から分かっていました。

我々は戦後、日本が二度と白人支配の脅威とならないよう周到な計画を建てました。アメリカは知っていたのです。

国を弱体化する一番の方法はその国から自信と誇りを奪い、歴史を捏造することだと。

戦後アメリカはそれを忠実に実行していきました。

日本がアジアを白人の植民地から解放しようとしたという本当の理由を隠すため、

大東亜戦争という名称を禁止し代わりに太平洋戦争という名称を使わせました。

東京裁判はお芝居だったのです。アメリカが作った憲法を日本に押し付け、戦争ができない国にしました。

公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を大学など要職にばら撒きました。

その教え子たちが今マスコミ・政界などで反日活動をしているのです。

徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は日本国民に知らせないようにしました。

ラジオ・テレビを使って戦前の日本は悪い国だった、戦争に負けて良かったのだと日本国民を騙しました。

これらの政策が功を奏し今に至るまで独立国として自立できない状態が続いているのです。

私は反省しています。自虐史観を持つべきは、日本ではなくアメリカなのです。

戦争終結に不必要な原子爆弾を二つも使って何十万人という民間人を虐殺しました。

最後に私が生きていた時の証言を記して謝罪の言葉としたいと思います。

「私は日本について誤解をしていました。日本の戦争の目的は侵略ではなく自衛のためだったのです。

太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の過ちは、共産主義を中国において強大にさせたことでした。東京裁判は誤りだったのです。

日本は八千万人に近い膨大な人口を抱え、その半分が農業人口で、あとの半分が工業生産に従事していました。

潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまで接した何れにも劣らぬ優秀なものです。

歴史上のどの時点においてか、日本の労働力は人間が怠けているときよりも働き、生産している時の方が幸福なのだということ、つまり労働の尊厳と呼んでよいようなものを発見していたのです。

これまで巨大な労働力を持っているということは、彼らには何か働くための材料が必要だという事を意味します。

彼らは工場を建設し、労働力を有していました。しかし彼らには手を加えるべき材料を得ることができませんでした。

日本原産の動植物は、蚕を除いてほとんどないも同然でした。

綿がない、羊毛がない、石油の産出がない。錫がない、ゴムがない、他にもないものばかりでした。その全てがアジアの海域に存在したのです。

もしこれらの原料の供給を絶ちきられたら一千万から一千二百万の失業者が日本に発生するであろうことを彼らは恐れたのです。

したがって日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が自衛の必要に迫られてのことだったのです。

アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて

1951年5月3日

ダグラス・マッカーサー

以上転載終了


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ポピュリズムとファシズム | 兵頭に訊こう(抜粋引用)

ポピュリズムとファシズム

2016年12月8日 by 兵頭 正俊

日本はすでに終わっているのだが、その姿が最近はあちこちに露出してきた。

安倍晋三は、売国に一心に励んだ挙げ句、トランプにTPPを離脱されてしまった。「米国抜きのTPPは意味がない」と口走りながら、その意味のなくなったTPPの批准を、それでも米国のためにやる。12月の26、27両日、ハワイでオバマに会うが、それにあわせて「カジノ法案」を強行採決する。宗主国でのカジノが斜陽になった現在、自国にうじゃうじゃといるギャンブル依存症には目をつぶり、わずか6時間の審議で衆議院可決させる。

オバマにはさんざんコケにされたが、そのひとつがまた顕在化してきた。

安倍晋三が真珠湾を訪れる。保守の反発を恐れて、首相周辺は、首相は訪問に際して謝罪は予定していない、と必死だ。「犠牲者の慰霊のための訪問だ。二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないという未来に向けた決意を示したい」。バカである。戦争のできる国へと日本を堕落させ、軍拡に努め、南スーダンにも派兵している。矛盾したその場しのぎを平気で口にする。

安倍晋三が、ハワイの米国記者たちに「謝罪はしない」といえるかといえば、とてもおぼつかない。しかし、こういうことは明確にいわねば、米国では一方的に謝罪にきた、と喧伝され、その見方が定着するだろう。

太平洋戦争は、米国に開戦へと追い込まれた、強いられた戦争であった。真珠湾攻撃も、事前に米国は知っており、参戦の大義を得るために、あえて日本に奇襲させたのである。このことは米国ばかりか、すでに世界の共通理解になっている。日本国民だけが米日1%に都合の悪い歴史を知らされていないのだ。

この真珠湾を安倍晋三が訪問させられる意味については、わたしはすでにメルマガ「安倍晋三のパールハーバー訪問」(2016年6月12日)で予測し、書いていた。購読者の皆さんには読み返していただきたいが、あとから購読者となられた読者のために一部を紹介する。

「太平洋戦争における、軍事的には不必要だった広島・長崎への原爆投下は、インディアンや黒人への原罪意識と同様に、時間とともに米国の贖罪意識に深化しつつある。また、米国の若い世代では、原爆投下は不必要だったという認識が増えてきている。それを解消するために、米国の1%はオバマを広島に遣わしたのである。

その意味は、太平洋戦争は、日本の宣戦布告なしのパールハーバー急襲から始まり、広島・長崎への原爆投下によって終わった。原爆投下は、戦争を終わらせるためにやむを得ないものであった。オバマの広島見物はこのストーリー強化の第一幕なのである。

(中略)

このストーリーを完成させるためには、第二幕として日本の首相にパールハーバーを訪問させ、謝罪させなければならない。そこで初めて米国は太平洋戦争の贖罪意識を払拭できるのだ。

米国にとってはパールハーバーがあくまでも中心であり、パールハーバーによって広島・長崎を相対化したいのである。

(中略)

広島とパールハーバーを両国の首脳が相互訪問する戦略は、

1 米国の広島・長崎への贖罪意識の払拭

2 米日軍事同盟の強化

の2点から成っている。

(中略)

行き着く果ては米日軍事同盟の強化なのだ。

第一幕はすでに上がった。オバマの広島見物で日本が失ったものは大きい。いずれオバマによって拡大強化された小型核兵器を、米軍支配下の自衛隊が使う時代がくるかもしれない」

わたしが予測したとおりに現実が動き始めた。安倍の真珠湾訪問に、日本の低能メディアが安倍マンセーを繰り返しているが、喜ぶようなことではまるでない。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

仕組まれた真珠湾攻撃、奇襲ではなかた!暗号は筒抜けだった=第二次世界大戦、日本側の首謀者は山本五十六・連合艦隊司令長官でした!彼こそは、日本の軍人というイメージがありますが、実は大の親米派でした。

日本は負ける予定で米国と戦争をした!真珠湾攻撃の司令官の山本五十六とはロックフェラー系の秘密結社の者である!

イルミナティの暗躍=ロスチャイルドが資金提供/政府の高い役職に就いている人々を支配!金銭、恐喝、暗殺!

トランプ米次期大統領【介入政策・侵略行為】と別れを告げる!これほど偉大な「決定」を過去に見たことがない!米国が第三国で政変やクーデターを作ってきた!つまり、もう、世界で戦争は起きないのだ!? 「侵略行為」を米国が止めるというのである!リチャード・コシミズ


いま世界の平和と安寧は【プーチン一人】の肩にかかっている!救世主!と言っても過言ではない!プーチンを守る「国家親衛軍」外国、ロシア内部の暗殺勢力!プーチンは戦争を避けるため出来る限りの事をしている!戦争を望んではいない! オバマのロシア原発攻撃発覚で、プーチンにオバマが完全降伏!ヒラリー・クリントンのメールでロシアが握り!侵略戦争、殺人国家、米英イスラエルの戦争屋たちと本気で戦えるのはプーチンただ独り!



トランプ大統領【激変する世界】戦争屋の安倍・日本会議が一番見たくない激変!トランプ、プーチン、習近平とで世界は平和になる!このことは夢や幻想ではない…周章狼狽する東京「ジャーナリスト同盟」通信



トランプ大統領は『米国民99%の反乱』日本国民は【1%支配層の奴隷】から、いつ目覚め…反乱するのだろうか!戦争・原発・経済マフィアの傀儡・安倍自民党から!アジアでの99%の反乱は、麻薬・やくざ退治という形で、まずはフィリピンで実現したドゥテルテ大統領である!彼は99%の貧困解消に全力投球を開始している!

戦争屋オバマと安倍の「真珠湾慰霊」の茶番劇!オバマはロシア原発攻撃失敗、安倍は戦争屋のロボット!安倍は選挙・支持率目当て、オバマは汚名挽回!偽りの平和メッセージ!

デマだった!改憲派の日本国憲法は米国から押し付けられたは!9条が幣原総理の発案だったとの証拠が明らかに!報道ステーションスクープ/安倍首相は9条の解釈改憲ではあきたらず、いよいよ明確に【軍隊による殺戮】を合憲化しようとしている。


憲法9条、戦争放棄の提案は、幣原喜重郎総理だった!マッカーサーの書簡にも… …それを証明!報道ステーションスクープ!/安倍晋三らが言う憲法9条、戦争放棄は、GHQ、外国人が作った主張は崩れ去った!*59年前(1957年)、憲法調査会の音声資料を発見…/日本国民必読、画像で



安倍首相実弟、岸信夫【刑事告発】される!子飼い議員と…怪しいカネ疑惑、兄弟そろって大悪党か!自民党議員にはロクなのがいない!


マツコ・デラックス「原発いじめ」学校って何のためにあるのかな、とその在意義を問う!菌発言の担任は教育委員会で精神的ケア、研修?隠蔽中!被害児童の思いは置き去り!





「生活保護」は、働いていても、若くても、持ち家があっても、車があっても申請可能です。明日は我が身の時代!


お勧めの整体院、その日のうちに姿勢改善《くりはら施術院》猫背、スマホ首・肩凝り、腰痛、ギックリ腰、五十肩など!血糖値スバイク対策も教えてもらえた!それも安価な方法で…ダイエットにも!

sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相実弟、岸信夫【刑事... | トップ | 12月9日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事