みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

米国、人類全体の存亡にかかわる問題!安倍晋三『トリチウム汚染水分解技術』導入せず!トリチウムは海に、水蒸気、雲、雨となり…日夜、当初想定をはるかに超え無尽蔵に産出されてしまっている!

2016-09-26 16:59:11 | 脱原発
米国、人類全体の存亡にかかわる問題!

安倍晋三『トリチウム汚染水分解技術』

導入せず!

トリチウムは海に、水蒸気、雲、雨となり

…日夜、当初想定をはるかに超え

無尽蔵に産出されてしまっている!


安倍晋三総理大臣への公開書簡 

IISIA 株式会社

原田武夫国際戦略情報研究所



核爆発だった!福島第一原発3号機 - YouTube.flv - YouTube


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

安倍晋三総理大臣への公開書簡。 (連載「パックス・ジャポニカへの道」) | IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 – haradatakeo.com抜粋引用

2015年11月01日

安倍晋三総理大臣への公開書簡。 (連載「パックス・ジャポニカへの道」)



前略 安倍晋三様

貴職の極近くにいらっしゃり、かつ真に心ある方々よりお力添えを得て今年(2015年)1月2日に都内にて40分ほど直接お目にかかってお話をさせて頂いてから、早いもので10カ月余の月日が経ちました。あの御面会は事柄の性質上、いわゆる「総理日程」には一切記載されていませんが、その際に交わさせて頂いた言葉の一つ一つを小生は今でもよく覚えております。

あの時、小生が注意深く言葉を選びながらお伝えしようと試みたことはただ一つでした。

「アベノミクスが真に救国のためのプログラムとなるためには、これまで造られてきたあらゆる利権の網の目を乗り越えて、イノヴェーションを推し進めるものでなければならない。そしてそのためのブレイクスルーは東京電力福島第一原子力発電所において依然として続いている未曽有の事態に対して、総理大臣自らが陣頭指揮をとり、真正面から対処することによって初めて得ることができる」

そして私はあの時、そうした方向へと貴職が舵を切られるのであれば唯一無二の武器となるべき我が国の草の根レヴェルから始まったイノヴェーションを御説明致しました。すると貴職はこう述べられたのです。

「これ、本当かい?本当に実現するならばすごいことだね。ウチの事務所には経済産業省OBが公設秘書として勤めているから。彼にきっちりとこのことは伝えておくよ」

総理、覚えていらっしゃいますか?

しかし、その後、これまでのところ全く何も、そう「全くもって何も」政府はこの技術(具体的にはトリチウム汚染水を分解することができる世界でただ一つの技術なわけですが)について支援しようとはしてきませんでした。

この問題に精通しているはずのいわゆる政府高官たちが何もしらないわけではないのです。むしろそのほぼ全員が政も官も全て、「最後に問題解決をするにはこの技術を投入するしかない」ということを知っています。ところが上からの指示が無いため、一切動かないのです。

ちなみに申し上げるならば、この技術についてはあの会談の当初、検証、すなわち再現性の確認という意味で未だ問題があったことは事実です。また、(技術的な話になってしまい恐縮ですが)厳密な管理下におかれるべきトリチウム水での実験は行っておらず、その同位体である重水による実験のみが成功裏に終了していたのでした。

その後、開発者たちは我が国でも有数の最高学府に付属する研究施設とのコラボレーションを完全に自力で実現し、ついには「純粋なトリチウム水を65パーセント減容化すること」にまで成功しました。

「100パーセントではないのか?」と言われるかもしれませんが、科学者の皆様は全員知っているとおり、そもそも「65パーセント減容化」であっても人類史上初の出来事なのです。

このことが如何に強烈なインパクトをグローバル社会全体との関係で持つのかは、縁あって小生がお世話になることになった我が国有数の検証機関である公益財団法人の理事長様が先般述べられていました。

何かと閉鎖的な我が国アカデミズムや産業界のみならず、全世界の名だたる検証機関にネットワークを持っている御方です。ちなみにこの理事長様は小生に対してこうおっしゃられていました。

「まずは福島第一原子力発電所から日夜大量に発生しているトリチウム汚染水の処理のためにこの技術を用いるのが良いだろう。しかし本格的にその広範な応用可能性を全面開花させたいというのであれば、未だに解くことが出来ていない原子力発電を巡るバックエンド問題にこの技術を投入するのが良いと考える」

~中略~

そして米国が気にしている第二点目は、東京電力福島第一原子力発電所の現状についてです。

端的に申し上げますが、米国が最も注目しているのは世上しばしば語られている「二号機」ではないのです。

むしろ表向きは“特に問題は無い”かのようにマスメディアでは取り扱われてきた「三号機」こそ、その関心の的なのです。

端的に申し上げましょう。米国はその軍事技術を駆使することで、我が国政府及び東京電力が全く把握出来ていない「三号機の炉心がメルト・スルーし、どの深さまで地中に落ちていってしまったのか」を把握し始めています。

そしてこれが公表された暁には、「フクイチ」の問題がこれまでの我が国当局が見せてきた対応のように、

徐々に声を静めて行けばよいような代物ではなく、正に文字どおり「人類全体の存亡にかかわる問題」であるという事実が露呈し、

私たち日本人が「なぜこれまでこのことを隠してきたのか」と万邦の人々から非難囂々となることを米国は今から知っているのです。

ある時から福島第一原子力発電所とその周辺では不可思議な霧が晴れることがなくなりました。

その理由も米国は知っています。「二号機」のみならず、「三号機」におけるこうした決定的な事態の進展とその放置により、地下水だけでは足りず、施設周辺の大気中にある水分まで反応し始めてしまったということなのです。

その結果、トリチウム汚染水は当初想定をはるかに超え、無尽蔵に産出されてしまっているのです。

総理、貴職はこのことを必ずや既に知っているはずです。仮に知っていないのだとすれば貴職にこの最重要な情報と分析を知らせようとしない官僚集団をすぐさま解任すべきでしょうし、仮に貴職自身がこれを把握しているにもかかわらず「隠蔽」を指示しているのだとすれば、国民との関係において決定的な背信行為です。

いずれにせよ誠にもって忌むべき事態ですが、小生は貴職に対する最後の望みとしてこの2つの内、最初の事態であることを辛うじて期待しています。

==========

【原発事故継続中】3号機から再び湯気!核爆発をした3号機は危機的な状態!福島原発の地下水観測孔では水位が上昇!1.8mから2.9mに!|情報速報ドットコム

3号機が即発臨界による低レベル核爆発というのは今や常識~それが地下で起こる可能性も!? | wantonのブログ


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

猛毒トリチウム水を大気に、海洋に、地層に放出!経産省が福島原発の汚染水…空に海に放射能!死の国へ日本/トリチウムは、すでに、福島第一原発から水蒸気となって、雲となり雨となり、日本中に降りそそいでいる!そして海には、垂れ流し…!


海に流出した放射性物質(トリチウム)は 『雨となって』ぼくたちの頭上に降り注ぐ!! 小出裕章氏

福島、どうして5,6号機の敷地から大量の湯気が出ている!燃料デブリが露出して地下水と反応して水蒸気が!2つの原子炉には問題は生じていないはず!これはいったい…/原子炉の上だけ大量の水蒸気が発生するということは原子炉周辺の地温が高いということになり、地温が高いのは地中に高温物質がある、ここでは燃料デブリが露出して地下水と反応していると見られます。


福島原発、恐ろべきトリチウムは全く報道されない!いまも放射能漏洩はトテツモナイ量!東京が壊滅する日/広瀬隆…「 東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命」「原子力緊急事態宣言」が発令中!現在も大量放射能放出が続いている!


東電も認めた!フクイチの地下から危険な中性子放射性・猛毒トリチウム殺人水蒸気!東京に日本各地に…


東京に日本列島に襲来!フクイチ発「猛毒トリチウム水蒸気雲」福島原発が噴出する濃厚な放射能雲 「核の冬」


フクイチ終わりなき危機!今も際限なく放射能を放出し続け、高放射能の汚染水が太平洋に!大気に雲に雨となり…日本の国民は毎日放射能に、汚染したものを食べているのです!果てしない福島原発事故の危機…


過酷事故から5年「汚染水たれ流し」の実態!福島第一原発「ノーコントロール」殆どの日本人は日々、被曝している事すら知らない、被曝を軽視している!


フクイチ核燃デブリ「地底臨界」を収束できる能力と技術をもつのはロシアしかない!恐怖の中性子線やトリチウム… 飯山一郎氏…/ Dr佐野千遥…日本よりロシアで有名な物理学者だ。物事の本質をズバリ!と見透かす天才学者である。 


ロシア、福島第一原発の汚染水を最大限効果的に浄化する装置を日本に提案!決定は、日本側にかかっている!安倍・官僚・原発ムラは果たして?/猛毒トリチウムを除去する技術、浄化の効果は日本側が必要とするものより100倍も高い水準!


フクイチで新たな恐怖!核燃デブリ「地底臨界」危機進行中!東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に突き進む! 核燃デブリが地中へ抜け落ちていく? 100t超といわれる大量のデブリ塊はどこへ行ったのか?そして膨大な崩壊熱で水蒸気爆発が繰り返され、新たに生まれた放射性物質が地上へまき散らされる…。質量がケタ外れに多い福島第一原発のデブリが「地底臨界」すれば、東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に突き進む!海外の研究者や政府関係者が不安視、苛立つ最悪の「地底臨界」危機進行中…!どう見ても、どう考えても大変なことになっている福島第一原発


日本人は全員観るべき!フクシマ原子炉には以前から【亀裂があった】ドイツ公共放送の番組「フクシマの嘘」紹介!動画と書き起こし!この原発の中心部材には重大な欠陥があった! 福島原発事故やその背景!拡散希望


国民負担【8兆円超を検討】原発の廃炉・賠償で!電線の使用料金に上乗せする形で、すべての利用者から徴収!さらに費用が足りなくなれば上乗せができる!ますます悪魔化する原発ムラ、安倍政権! 原発が安いというのは嘘だった!


台風で福島原発の【凍土壁が溶けている】効果なしと指摘された汚染水対策を強引に推し進めた安倍政権と東電の罪!溶けて消える、税金320億円!半永久的に税金略奪システ…収束に本気でない原発ムラ!誰が国益を損ね、国民の健康を軽視し、汚染水流出という国際的非難に当たる行為を放置し、さらに東京五輪の"障害"をつくり出しているのか、これでもう明らかだろう。現在の政府、電力会社に任せていたら、本当に日本は崩壊してしまうかもしれない。


日本政府は、被曝した被災者たちを、助けないで放置している状態である 。ドイツ博士。兵頭に訊こう

がん放置療法のすすめ!何もしないことが有効な治療法となる場合がある!癌は代替え療法、がん対策に有効な食べ物や運動、過労ストレス、放射能対策で癌は消えていくのではないか!抗がん剤、手術、放射線治療は危険!血糖値を急上昇させる食事は万病の元!


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国民のマスコミ鵜呑み度... | トップ | 9月26日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む