みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】

2013-02-23 09:07:42 | 脱原発
<原発被曝の健康被害> 驚愕すべき事態が周辺で発生している【福島原発事故チェルノブイリ症候群】

☆放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
☆これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。

☆「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。

☆<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
☆いうところのチェルノブイリ症候群である。

☆福島県で早くも、幼児への甲状腺がんも見つかってきている。
☆間もなく2年。3年から4年になると、これが 数倍に膨れ上がるだろう。

☆幼子の居る家庭の心配はただ事ではないだろう。
☆「さまざまな体調の狂いに対して放射能被曝が関係している」
☆と疑ってかかるべきかもしれない。

☆<中高年を直撃> 体力的に衰えている中高年に被曝の影響は
☆より急ぎ大きく出るだろう。

☆健康的弱者に被害は、より大きく出るだろう。
☆被曝の脅威を侮るなかれ、である。 中高年のうつ病も多発しているようだ。

☆老人の奇行が目立つ。おかしな言動も。精神が狂い出している。

☆<呼吸器にダメージ>

☆「牛乳はブレンドされて販売されている。
☆これをほとんどの日本にいる市民は飲まされている」というのだ。

☆市民の「無知の無知」を幸いとばかりに政府と自治体、
☆そしてマスコミ宣伝も手伝って全国に拡散させている。
☆官僚など為政者の脳が狂ってしまっている。

☆<医者は原因を逃げる>

☆思い出してしまった。アメリカ学者のブログである。
☆それは「都心の高層住宅のエアコン・フィルターを測定したら、
☆実に高濃度の放射能汚染が確認できた」というものだ。

image

本澤二郎の「日本の風景」より
……………………………………………

<東電原発被曝の健康被害>

3・11から数カ月後に原子炉溶融(メルトダウン)判明で、
多くの国民は事態の深刻さに気づかされた。
他方、政府・マスコミは、パニックを恐れて真相を隠し続けた。

そして嘘つき野田首相 による嘘の「収束宣言」に国民は騙され、
再び警戒心を緩めてしまった。

だが、放射能被曝による健康被害は、既に現れている。
これから本格化するとも認識すべきではないだろうか。

「風邪か」 と信じ込んでいた中高年の隣人が「肺がん」と診断されたのだ。

<頻発するチェ症候群> 驚愕すべき事態が周辺で発生している。
いうところのチェルノブイリ症候群である。

福島県で早くも、幼児への甲状腺がんも見つかってきている。
間もなく2年。3年から4年になると、これが 数倍に膨れ上がるだろう。

幼子の居る家庭の心配はただ事ではないだろう。
「さまざまな体調の狂いに対して放射能被曝が関係している」
と疑ってかかるべきかもしれない。

3・11以後に現れた健康被害というと、筆者の場合、目の様子がおかしい。
「パソコンのやりすぎ」と言われて、
それを信じてきたのだが、時期的にみると、
被曝も災いしている可能性もある だろう。

糖尿病が悪化、失明の危険から急きょ、
手術をした40歳前後の女性も、近くで確認した。

「風邪が2カ月も続いた。こんなことは過去に
経験していないという知り合いもいた。筆者の風邪は1日で治した。

理由は免疫力を高める「強ミノ」を打ったせいである。

「病は気から」というが、正しくは「免疫力の低下」による。
チェルノブイリ症候群は、持病など体力が低下している部分に、
真っ先に襲いかかる。甲状腺がんに限らない。

それぞれの個人の弱 点に致命傷を与えてくるのだ。

<中高年を直撃>
体力的に衰えている中高年に被曝の影響は、より急ぎ大きく出るだろう。

健康的弱者に被害は、より大きく出るだろう。
被曝の脅威を侮るなかれ、である。 中高年のうつ病も多発しているようだ。

老人の奇行が目立つ。おかしな言動も。精神が狂い出している。
脳障害も起きているのだろう。油断できない。

一段と癇癪持ちになる老人が目立って増えている。
異様な行動を取る老人らである。
精神の不均衡から現れる疾患について、本人も周囲も気付かない。

「加齢のせいだ」と片付けてしまいがちだが、
加齢に放射能被害が加わることで、症状は急速に悪化する。
この1、2年以内の 健康異常に東電福島原発放射能が関係している、
と決めつけるべきではないのか。
瞬く間に精神と肉体を破壊する。

この深刻な事態に医療はついていっていないと断定したい気分である。
無知の無知が健康被害をより大きくさせている。

<呼吸器にダメージ>

一般に目・口・鼻から被曝する。目だと白内障が子供にも出るという。
鼻に被曝した知り合いは、鼻血に驚いた。
マスクを使用することで、症状の悪化を食い止めている。

放射能を口や鼻から吸い込むと、まず消化器系に被害が出てくる。
当たり前であろう。

「治りにくい風邪」もその一つだ。
「咳をする。止まらない」という症状だと、肺がやられている。
確かに都会の交通量から、
PM2・5という超微粒子が大気中にまき散らされている。

先日も親類が来て窓際を拭いていて驚きの声を上げた。
「白い雑巾が真っ黒になった」という。

筆者は既に確認している。
都心の大気は車から放出される微粒子で汚染されている。
環境省と自治体の怠慢である。業界の圧力に屈しているせいなのだ。

そこに放射能が連動すると、突然、肺がんが起きることになろう。

「止まらない咳」は要注意だ。

<ブレンド牛乳?>
いうところの内部被曝の脅威に無関心ではいられない。
微量でも五体に深刻な影響を与える。特に中高年に対して。
若者には将来襲いかかることになろう。

無知の無知を決め込んでいた筆者は
「年寄りは覚悟するしか生きられない」と諦めの境地にいたのだが、
周囲に不可解な病状が現れてくると、そうもいっていられない。

政府は原発継続路線のため、真相を隠し続けているのだから、
市民は自己防衛をするしかない。
こんな情けない政府・自治体を恨んでも仕方がない。
民度以上の体制など手にできないのだから。

せめてマスコミが頑張ってほしいのだが、
金縛りにかかっていて真実を報道できない。
事情通が意外な情報を持ち込んできた。

「牛乳はブレンドされて販売されている。
これをほとんどの日本にいる市民は飲まされている」というのだ。
言われてみて思い当たる市民は多いだろう。
東北産の牛乳が店頭から消えてしまって いる。
福島の酪農家はほぼ全滅しているようだ。

しかし、それ以外の酪農家は、いまも続いている。
それなのに? 事情通は
「放射能汚染牛乳と、
汚染されていない牛乳を混ぜて販売されている」と断定する。

「乳製品は健康にいい」と言われるが、
ヨーグルトも完全ではない、というのだろうか。
要するに、東北や首都圏の人たちに限らない。
列島に住む人間は全て内部被曝の対象者なのだ。

しかも、ご丁寧に人道的観点と称して
放射能汚染がれきを全国にばらまいてしまっている。
そこで も被曝拡散である。

さらに、それも利権がらみときている。
福島の50キロ圏内に人は住んではならない。健康に生きられない。

従って放射能瓦礫は、そこに保管するしか方法はないというのに、
市民の「無知の無知」を幸いとばかりに政府と自治体、
そしてマスコミ宣伝も手伝って全国に拡散させている。

官僚など為政者の脳が狂ってしまっている。

<医者は原因を逃げる>

困ったことに病院も医師も真実を隠している。
真相究明に走る勇気ある医師は、年配の一部のものだけである。
彼らの証言やデータを報道しないマスコミによって、
ネットで調べないと、正義の医師の声を察知することが出来ない。

医の倫理など存在しない日本なのだ。真っ当な医学者がいない。
こんな日 本なのである。

<北風にマスク>

友人は「北風にマスクを」と訴えて、自身も実行している。
筆者も数日前から実践するようにしている。
近所に、風邪も引いていないのにマスクをするおじさんがいた。
「おかしな人だ」と思っ たりしていた。馬鹿は自分の方だった。

首都圏民は放射能にずっとさらされている。特に北風の時は。
「北風にマスクをしよう」と叫びたい。花粉症の季節だ。
花粉症にPM2・5、プラス放射能にさらされる都民も情けない。

思い出してしまった。アメリカ学者のブログである。
それは「都心の高層住宅のエアコン・フィルターを測定したら、
実に高濃度の放射能汚染が確認できた」というものだ。

「疑ったらきりがない」という市民もいるに違いない。
しかし、この健康な地球に存在してはいけない核を甘く見てはならない。
疑ってかかれ、である。

2013年2月21日7時45分記

「ジャーナリスト同盟」通信 :
本澤二郎の「日本の風景」(1285)より転載引用
http://blog.livedoor.jp/jlj001/lite/archives/52022227.html

image

低線量汚染地域からの報告、26年後【甲状腺がん、心臓疾患、 白内障、慢性疾患の増加】放射能汚染

☆子供の甲状腺がんはもちろん、大人や子供を問わず、
☆循環器系疾患をはじめ、消化器系、神経系・感覚器系、
☆および呼吸器系疾患などあらゆる病気が、
☆事故後顕著に増えている。

☆チェルノブイリから26年後のコロステンの現状は、
☆目をそらすことなく凝視すべきだろう。

☆しかし、子供たちの75%以上が何らかの
☆疾患を抱えているという「現実」はあまりにも重すぎる。

☆特に、健康な子供たちが
☆ほとんどいないという驚くべき事実には、心が痛む。

☆本書は、低線量被曝でも健康に大きな影響を及ぼしうる、
☆というチェルノブイリの痛切な経験から日本人への警告の書である。

今日の驚きブログより 詳細はコチラ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5ed93daffdd08f8ee5241c6cb50f8e02/?cid=f7835ea1757dadc7333898ccd550674c&st=0

福島の子供10人,甲状腺がん【更に200名程度の二次検査対象者がいる!既にチェルノブイリ超え】

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba75ec9f231b13f5b9f5c628a2298213


原発が放出する放射性ガスや放射性物質の粒子は『日本の美しい山脈に降り注ぎ!ガン、糖尿病など』
今日の驚きブログより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ba711e70289ff158e37ec36c8a28ec1c

image

image



ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月22日(金)のつぶやき その2 | トップ |  電気代値上げ国民負担で【電... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む