サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆

2008年03月18日 | 座布団シネマ:か行

前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督がメガホンをとり、『手紙』の沢尻エリカと『いま、会いにゆきます』の竹内結子が初共演を果たした。運命が巡り合わせる切ないドラマに胸打たれる。[もっと詳しく]

伊吹の存在を隣にいるかのように、観客もまた錯覚したいのかもしれない。

雫井脩介は僕はまだ映画は未見なのだが、大薮春彦賞を取った「犯人に告ぐ」が、「樹の海」(04年)の滝本智行監督によって、映画化もされた。とても注目のサスペンス作家だ。
この「クローズド・ノート」は、迫真に満ちたサスペンス・タッチの雫井脩介のいつもの文体と異なっている。
少しミステリアスでファンタジーめいたラブストーリーだ。どちらかといえば、乙一の小説作法に近く感じる作品と言ってもいいかもしれない。
実際は、雫井脩介の亡くなった姉が残した記録や教え子の綴りをもとにして、この小説(映画)のとても魅力的な真野伊吹というヒロインの原型としている。
この作品は、おそらく亡き姉に捧げたオマージュといっていいのかもしれない。



監督は行定勲。「世界の中心で愛を叫ぶ」(04年)のヒットを契機に、「北の零年」(04年)、「春の雪」(05年)という文芸大作を任されるようになり、その1カット長回しの手法とともに、すっかり中堅監督の貫禄が出て来た。
竹内結子、沢尻エリカ、伊勢谷友介という人気どころを揃え、主題歌は書き下ろしでYUIという布陣、興行収益では一人勝ちの東宝から配給されており、結果としても10億円の興行と手堅いヒットを果たしている。
この作品の披露会で、沢尻エリカのふてくされコメントに非難が集中したというハプニングはあったが、それはそれで、別のお話だ。



僕はこの作品を通底する基調音のようなものは、「出会い」の神秘性、運命性、共時性ということではないかと思っている。
といっても、「ハーレークインロマンス」のような、近代的なドラマツルギーを基本とした波乱万丈の恋愛劇かというと少し違う。
新しく小学4年生を受け持った女教師の学園成長物語でもなければ、その女教師のアパートの後釜に偶然引っ越してきた同じく小学校教師志望の女子大生の青春ドラマということでもない。
画家である不器用だが人のいい青年をめぐる恋の駆け引きでもない。
女教師は、不遇の交通事故で短い生涯をとじてしまうのだが、その事実に物語の最高潮をもっていこうとしているわけでもない。



「出会いというのは運命の糸でつながれているから、あるのだと思う。限りあるめぐり合いの中で出逢うのだから、それは奇跡だと言ってもいい」

女教師真野伊吹(竹内結子)が4年2組のお別れ会の日、3月22日にノートに記した言葉である。
そのノートをたまたま部屋に置き忘れてあったのだが、女子大生である堀井香恵(沢尻エリカ)が読むことになる。
読み聞かせる相手は、伊吹が心を寄せた恋人である隆(伊勢谷友介)であり、同時に香恵が思慕することになった石飛リュウ(ペンネーム)であった。

たまたま同じ部屋への居住が前後し、たまたま小学校教師と教師志望者という同一性があり、たまたま万年筆によって書かれた伊吹のノートと万年筆屋でバイトする香恵という接点があり、その万年筆を契機としてたまたま心を寄せたのが同一人物であった・・・。
こうした出会いの「たまたま」は、運命の糸で繋がれており、それは奇跡としかいうしかないものなのだ。



ありえなさそうなことなのか、それともこの世界には、そういう奇跡がほとんどは気づかれないまま、偏在してあるのか。
こうしたテーマをもっとも得意とするのは、ここ数年の韓国映画であるかもしれない。
とはいうものの、あざといこれでもかというような、ありえなさそうな運命の交錯、秘密めいた複雑な家族環境、難病や突然の事故などによる不幸の連鎖などを、視聴率稼ぎのために執拗に繰り出してきた韓国のある時期のドラマとは異なり、もう少し静かに運命の不思議さを挿入するような作品群のことを指している。



たとえば、クァク・ジェヨン監督の心に残る作品であるが、ソン・イェジンが若き日の母親とその娘を一人二役で演じる名作「ラブストーリー」(03年)がそうだ。
たまたま見つけた母親の若き日のラブレター。そのラブレターで書かれた母親の娘時代の悲恋とラブレターを読む娘の現在の恋が、ファンタジックなシンクロを果たし、運命的な糸で繋がれた不思議な出会いが恩寵のようにもたらされる・・・。
「ラブストーリー」では母子という時間、「クローズド・ノート」では出会ったことのない同じアパートの同室の女性の前後した時間という違いはあるが、、「出会い」の神秘性、運命性、共時性という基調音には通底するものがある。

「クローズド・ノート」は、釜山国際映画祭に招待され、野外に集まった5000人の観客の前で上映され、幕後はスタンディングオベーションの嵐であったという。
歴史劇ではこうした「運命」は、東西を問わず貴種たる登場人物たちの物語の構造上の骨格として、不可欠なものとしてある。
けれども、いま僕たちの前に提出されているのは、「ラブストーリー」にせよ「クローズド・ノート」にせよ、普通の生活者にたまたま恩寵のようにもたらされたものとして記述されている。



理性を働かせれば、そんな共時性など、きわめて低い確率でしか存在しない、ということになる。
そんなことは分かっている。けれどもたぶんどこかで、もしかしたら自分もそんな運命のような「出会い」の蓋然性がゼロではないこと、少しでも多く無意識に見積もりたいという心性を排除することは出来ないことを、了解しているのだ。
そして、その恩寵は、もしかしたら伊吹や香恵や隆のような、透明で内側からの情熱に照らされている者に、彼らが持つ「こころね」に宿るのかもしれない、という予感のようなものを持っているのだ。
宗教でも、ヒューマニズムでもなく、ふだんは捻くれものの僕でさえ、羞恥を感じながらも、そう思いたくなるときもあるのだ。
それは静かな心の向かい方であり、「愛と感動と涙」ということで大騒ぎをする業界人たちの繰り出す世界とは、そうした情緒の押し付けとは、実は対極にあるもののような気がする。



いまどきあんな素直な笑顔ばかりのクラスなんてあるのかい、という揶揄も飛んでも不思議ではない。
原作がもっていた緻密な構成と余韻とを、映画では説明過剰にしすぎたのではないか、という批評も出るだろう。
行定監督は、もう初期のリリシズムには戻れなくなってしまったんだなあ、というコアなファンの嘆きもあるだろう。
でも、クラスの一人ひとりに伊吹賞を与え、登校拒否の少女を見捨てることが出来ず、一見冷たそうに見えるけど心の芯が太陽のように温かで陽だまりのような隆の存在を思い、生きてて良かったと万年筆で丹念にノートに記す真野伊吹のような存在を、僕たちはどこかで信じたいのだと思う。



勝手にノートを読んではいけないと思いつつ、伊吹に同化していく香恵。
気後れのため決して伊吹の正面像を描けず、香恵に仮託して描きあげた光差す窓からこちらを見て微笑む伊吹の肖像画の前で号泣する隆=リュウ。
先生の面影を忘れられず真っ青な空に伊吹の真似をして紙飛行機を飛ばす教え子の子どもたち。
そう、彼らと同じように観客は、大丈夫といって、こぶしで自分の心臓を軽く叩いて勇気を出す伊吹が、自分のそばにいて、大切なのは「心の強さよ」と、励ましてくれるかのように錯覚したいのかもしれない。

「出会い」の神秘性、運命性、共時性はたぶん、いつでも、いつからでも、だれにでも、ひとしなみに、微笑みかけるのだと思いたい。








 



 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 08284「象の背... | トップ | 異邦人/アンソニー・ミンゲラ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (KGR)
2008-03-22 10:25:35
興味深く読ませていただきました。

ここまで考えて作品を見る人がいるなんて、
監督もうれしいんじゃないでしょうか。

「万年筆」については監督自身にも思い入れがあるんでしょうか。

KGRさん (kimion20002000)
2008-03-22 13:21:08
こんにちは。

「万年筆」に関しては、原作者に愛着があるんでしょうね。それにしても、あの万年筆屋のロケーションは良かったですね。
こんばんは! (咲太郎)
2008-03-22 22:26:57
TBありがとうございました。
真野伊吹先生の太陽のような存在。
きっと何処かにこんな先生がいるのでは?
と思わせる普遍性。
それがこの作品の共感を呼ぶ理由のひとつであるのは、確かだと思います。
印象に残る画が多く、映画館で観るべき映画のお手本のような作品だと思いました。
咲太郎さん (kimion20002000)
2008-03-22 22:44:43
こんにちは。
竹内結子さんが演じたから、良かったと思いますね。
離婚して、映画界に戻ってきてくれて、良かったなあ。
ほんのりできるいい作品 (ともや)
2008-03-24 03:32:00
こんばんは、kimion20002000さん!
ともやはちょっと天の邪鬼な子なので、宣伝で感動作とか称される作品って苦手なんです(苦笑)。
いい作品と感動作は決してイコールでは無いとも思ってます。
多分この作品は感動作とは対極の位置にあるんでしょうね。
感動させようなんて思ってない。
ただこんな不思議な絆っていうものがあるんだ…って。
そういう意味でもすごく好感の持てる作品でした。
何だかんだバッシングされようとも、沢尻エリカっていうのは、ものすごくいい女優さんだと思います。
早く復帰してほしいですけどねぇ。
ともやさん (kimion20002000)
2008-03-24 05:29:45
TBありがとう。
そうですね、沢尻エリカはいい女優の資質を持っているだろうと思います。
これからが、楽しみですけど、まだまだ「女王様」って、騒がれるでしょうけどね(笑)
ラブストーリー (か こ)
2008-03-30 16:10:24
先日はトラックバックをありがとうございました
「ラブストーリー」も好きな映画の一つで、そういった意味では共通している雰囲気があるなと思い出されました。
奥深く見ている鑑賞レポ、素敵ですね。
かこさん (kimion20002000)
2008-03-30 20:08:47
こんにちは。
ラブストーリーは、なかなか心に残った映画でした。
ソン・イェジンのすっかりファンになってしまいましたよ(笑)
こんばんは♪ (AnneMarie)
2008-04-05 21:34:47
いっきに記事を拝見しました!

この映画は全然興味なかったんですが、エリカ様の「別に」発言のおかげで、気になってみた映画です。
「別に」発言はそれなりに宣伝効果があったのでは…、と思ったり。

んで、失礼ながら意外にもホロリさせられた映画でした。
「ラブストーリー」も好きな映画です。
AnneMarieさん (kimion20002000)
2008-04-05 22:26:06
こんにちは。
エリカ姫は、ヨーロッパで年上おじさんとすっかりリッチに遊び歩いているようですけどね。
宣伝になったかどうかは、微妙ですね。
こんにちは。 (まさみ)
2008-07-03 20:26:36
今更なのですが、クローズド・ノート
DVDで観まして・・・
読み応えある記事でしたのでTBさせてもらっちゃいました。

”出会いの奇跡”
その不思議には、感慨深く思いを巡らせてしまいますね。
さりげなく描かれた内容に、珍しく染み入るものを感じた映画でした☆
まさみさん (kimion20002000)
2008-07-03 20:49:44
こんにちは。
映画の質としては、それほど高い評価は出来ないと思います。けれども、感慨をもって見ることが出来た映画なのではないでしょうか。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-02-20 23:36:02
出会いの奇跡に視線を向けた素晴らしい記事ですね。

中学が統合された時のこと。
貼り出された生徒名の中で唯一目を引いた名前の女性に初恋をしたわけですが、何という神秘なのだろう、と僕は未だに思っていますよ。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-02-21 00:48:53
こんにちは。

そんなの、たまたまの後付でしょ、なんて言われたとしても、やっぱり「奇蹟」を信じたいという気持ちは残りますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「クローズド・ノート」他人のストーリーを知った先にみるそれぞれの人生価値観 (オールマイティにコメンテート)
「クローズド・ノート」は雫井脩介原作の映画でとあるアパートに引っ越してきた女子大生が前の住人が残した日記を偶然読んだ事で筆者の歩んだ想いを共有し、その真実を知るストーリーである。今ではBlogなど日記を入力する習慣が当たり前になったが、その数多くの日記の中...
クローズド・ノート 49点(100点満点中)07-270 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
マンゴー、マツタケ、マンドリン♪ 公式サイト 雫井脩介による同タイトルの携帯小説を映画化。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ヒットを飛ばした行定勲。 過去と現代のそれぞれに、世代の異なる人気女優をヒロインとして配置して、両者を平行して物語を展開...
映画 【クローズド・ノート】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「クローズド・ノート」 雫井修介の同名小説の映画化。 おはなし:女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引越しした部屋で前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。挟まっていた写真を見ると、前の住人(竹内結子)はどうやら小学校教師らしい。教師志望の香...
「クローズド・ノート」ちょっと長すぎ (ももたろうサブライ)
監督 行定勲少しあらすじ 大学生の香恵は引越したアパートで前の住人が残したノートを見つける。そのノートを書いたのは小学校教師の伊吹で、学校での悩み、隆に対する恋心がつづられていた。 香恵はアルバイト先の客でイラストレーターの石飛にひかれる。石飛は窓際に...
クローズド・ノート/沢尻エリカ (カノンな日々)
エリカ様ってば、プロモーションとはいえテレビに出過ぎでしょ。行定監督で138分という長尺、そして過剰な宣伝。こういうのが揃うと経験則上かえって不安になるんですよねェ。そんな風にネガティブなイメージで臨むのも映画をより楽しむ私なりの術だったりもしますケド(照...
クローズド・ノート (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
クローズド・ノート スタンダード・エディション行定監督得意のセンチメンタルでノスタルジックな恋愛映画。物語終盤には驚きが用意されているが、これは最初から読めるオチなので効果は薄い。偶然に頼りすぎるし、女の子好みの設定に甘さがあるが、誠実な教師役を繊細に...
クローズド・ノート、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
霞が関、イイノホールでの公開。 実は運悪く、10日に試写会が3本も重複。 体は一つしかないので、どれを見るか迷ったが、 ちょっとした理由があってこの映画を選択した。 *** 竹内結子、沢尻エリカ、伊勢谷友介。 「セカチュー」の行定勲監督作品 *** 引っ...
クローズド・ノート (ikumu's note)
クローズド・ノート 試写会に行ってきました。 雫井脩介原作を行定勲監督,沢尻エリカ主演とそうそうたるキャストで映画化したもの。 大学生の香恵(江尻エリカ)は引越してきたアパートでノートを見つける。それはそのアパートに依然住んでいたと思われる小学校の...
クローズド・ノート (Akira's VOICE)
人も万年筆も出会いを求めている。
クローズド・ノート (竹内結子さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆竹内結子さん(のつもり) 竹内結子さんは、現在公開中の映画『クローズド・ノート』に真野伊吹役で出演しています。 映画『クローズド・ノート』は1冊の日記を軸に、ヒロインの女子大生(沢尻エリカさん)が真実の愛に出会うまでの恋物語とその過程で成長していく...
心の力を信じている (CINECHANの映画感想)
260「クローズド・ノート」(日本)  教育大生の堀井香恵は、引越し先の部屋で偶然一冊の日記を手にする。日記には新任小学校教師の真野伊吹の学校生活と、隆という男性への恋と苦悩が書かれていた。  一方香恵もアルバイト先のイマヰ萬年筆にやって来た画家兼イラ...
映画「クローズド・ノート」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 18日、内幸町のイイノホールにて「クローズド・ノート」を鑑賞した。 客入りは8割ほどで女性観客が多い。主権は角川書店。 映画の話 女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。ある日、香恵は画家の石飛(伊勢谷友...
若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (映画) (Prism Viewpoints)
ラストの唐突感は、『天国の本屋 ~恋火~』よりもマシだが、 三段跳びの、小さくても重要な「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed ...
映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説) (Prism Viewpoints)
映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed N...
映画「クローズド・ノート」 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介、黄川田将也、永作博美 「香恵は引越し先で、前の住人が置き忘れていったノートを見つけた。ふとノートを手に取り読んでみると、それは教師をしていた女性、伊吹の日記だった。生徒に対しても恋愛にも前向きに
クローズド・ノート(映画館) (ひるめし。)
私と彼女を結ぶ、世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート (ダイターンクラッシュ!!)
10月27日(土) 13:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『クローズド・ノート』公式サイト 映画の内容より、舞台挨拶での沢尻エリカの不遜な態度で有名になった作品。亀田のおかげで露出度が激減したが。 ...
クローズド・ノート~清純派・沢尻エリカ! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
クローズド・ノートですが、沢尻エリカは舞台挨拶とは別人のようでした。普通の清楚な大学生という感じで、引っ越し先で前の住人の日記を見つけます。この家を外から覗いている男がいるのですが、バイト先の万年筆屋で偶然再会します。(映画・クローズド・ノート感想、以...
何も心に残らない。『クローズド・ノート』 (水曜日のシネマ日記)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだ女子大生の物語です。
「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。
2007-58『クローズド・ノート』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 58『クローズド・ノート』 評価:★★★☆☆ → ☆☆☆☆☆(沢尻エリカの態度に不愉快なため) YUIの歌っている主題歌「LOVE&TRUTH」も感情を盛り上げてくれますが、場外で話題を作った映画。 折角...
陽 ~「クローズド・ノート」~ (サナダ虫 ~解体中~)
行定勲監督作品、沢尻エリカ主演の、 映画 「クローズド・ノート」を観た。 雫井脩介の同名小説を映画化。 教師を目指す大学生の香恵(沢尻エリカ)は、引越先の部屋から一冊の日記帳を発見。 その日記帳の持ち主は、前の住人・伊吹(竹内結子)が忘れていったもの...
クローズド・ノート(CLOSED NOTE) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
行定勲監督の「クローズド・ノート」(CLOSED NOTE)を訳せば、「秘密のノート」「打ち切られた日記」だろうか。この映画的には、どちらも正解で、竹内結子さんは、つまりそういうことなんだろう。彼女の悲しすぎる結末――。「春の雪」同様、竹内結子には悲恋が似合う。
クローズド・ノート☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告でいっぱいネタバレしているような気がする『クローズド・ノート』観てきましたけど・・・エリカさま 舞台挨拶でやらかしてたんですね^^;;まぁ、主役だけど主役じゃないような気もするヒロインだったしなぁ引っ越した部屋で、前の住人のものだと思われるノートを...
【映画】クローズド・ノート (新!やさぐれ日記)
■状況 109シネマズ佐野にて無料観賞券で観賞 ■動機 雫井脩介映像化企画第二弾 ■感想 沢尻エリカは正しい事を言っている ■あらすじ 香恵(沢尻エリカ)は引っ越した先で、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。そのノートは日記になっており、香恵は...
『 クローズド・ノート Closed Note 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  クローズド・ノート 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本【2007年9月29日公開】 [ 上映劇場  ] 監督:行定勲 脚本:吉田智子 原作:雫井脩介「クローズド・ノート」 【キャスト】 沢尻エリカ 伊勢谷友介 竹内結子 板谷由夏 田中哲司 サエコ ...
クローズド・ノート (八ちゃんの日常空間)
でも泣いちゃいました。
「クローズド・ノート」 (てんびんthe LIFE)
「クローズド・ノート」イイノホールで鑑賞 これも小説が原作の映画化。映像化しやすい内容でありそうなことは推測されますが、こういうのやっぱり行定監督はうまいと思います。景色の美しさ、光と影のコントラスト。全体的にとても美しい映画でした。ラストの紙飛行機...
あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVE&TRUTH」を歌うYUI。以前お伝えした通り、この作品の時修館教育大学マンドリンクラブ 第38定期演奏会のシー...
クローズド・ノート (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 携帯サイトで連載されていた雫井脩介原作の同名小説を映像化。 1冊のノートを介して展開する人間模様を描いた物語。 母親ができちゃった再婚をしたために一人暮らしをすることになった女子大生の堀井香恵(沢尻エリカ)。...
クローズド・ノート (風我)
いけないと思いながらも読んでしまった“日記”が彼女の運命を変えていく・・・ 母親の再婚を機に一人暮らしを始める教育大生の堀井香恵(沢尻エリカ)。引っ越した先のアパートの部屋で、前の住人、真野伊吹(竹内結子)が残したノートと出逢う。そしてその部屋の窓を見...
『クローズド・ノート』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『クローズド・ノート』鑑賞レビュー! 私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆… ある1冊のノートから始まる 見えない「彼女」と運命のめぐりあわせ… 2007年/日本 公開日::::2007年9月29日(土) 上映時間::::138min(2時間18分) ...
ノートとマンダリンと紙飛行機と (炸熱~歌キチ、愛をうたう~)
私は沢尻エリカさんが好きです。 よって、かなり偏った見方をしているかもしれない ということを、初めにお断りしておきます。 沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介、そして行定 勲監督 このメンバーで期待しないわけがありません。 いつものように...
『クローズド・ノート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲  □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」角川書店刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエ...
クローズド・ノート (B-scale fan's log)
公開中 行定勲監督 沢尻エリカ主演     出演 伊勢谷友介、竹内結子、     永作博美、板谷由夏 主演女優は元から興味はありませんでしたが、 この監督、この共演者に惹かれて鑑賞しました。 予想どうりの高水準の出来。 しかし・・・、 満足度 3.5 <キ...
クローズド・ノート (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「クローズド・ノート」の感想です
心 の 力  (こころ の ちから) (観劇レビュー&旅行記)
沢尻エリカが主演して今話題の「クローズド・ノート」を見た。 題名を見て、「リング・ラセン」や「デス・ノート」のような、スリラーも...
クローズド・ノート イイノホール 2007.9.13 (◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~)
あらすじ:教育大に通う女子大生・香恵は、引越しの時に前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。しかし、日常の忙しさから、いつしかノートの存在を忘れていた。ある日、バイト先へ万年筆を買いに来た画家の石飛に恋をする。しかし、相談相手の親友ハナは留学中、...
クローズド・ノート (ネタバレ映画館)
マンドリンしながらバイトしてまんねん。
クローズド・ノート (future world)
‘エリカ様騒動’で、この映画本来の持ち味・面白さを感じることが出来るのか・・・ まぁ、仕方ないか・・・‘不快感’のベールを纏ったままの観賞となりますな。。 一冊の他人の日記~その書き手の想いと自分の現実をシンクロさせて、 巧みな構成で切なく描かれて...
クローズド・ノート(2007) (かこぶろ。)
公開は来週29日(土)から。 今月の報知の試写会は、行定勲監督の。 「Love Letter」がとても好き。 酒井美紀さん、柏原崇くんがとても良かった。 「Go」も「セカチュー」も好き。 自然の美しさや、表情を大切に撮っているような印象があります。 原作の雫井脩介さんは、...
クローズド・ノートのニュース (最新情報!世の中どうなってるの?)
《2008/03/28発売》 『クローズド・ノート スタンダード・エディション』原作:雫井脩介×監督:行定勲×主演:沢尻エリカで、色々な面で話題となった大ヒット映画がDVDで登場!1冊のノートがヒロインの恋や人生をミステリアスに変えていく運命的なラブストーリーを、切...
「クローズド・ノート」 心の力で切り拓く (明日へのヒント by シキシマ博士)
この映画を観たのも少し前なんですが、ちょと忙しくてレビュー出来ないうちに、ぼちぼちと公開期間が終了の劇場も出てきてますね。 でも、丁寧に作られた良質の映画だったので、遅ればせながらですが少し書き記しておこうと思います。
クローズド・ノート (afternoon tea)
試写会で見ました。 絶対シラけるなー。 とウスウス思ってました。 だって、予告でなんとなーく全体図が掴めてしまったのです。 予想を裏切らない展開でした。 雰囲気は全然よい感じです。 インテリアとかもめっちゃステキです。 だけど、なんだか感動できない・・...
クローズド・ノート(日本) (映画でココロの筋トレ)
観る予定じゃなかったんだけど、ちょうどいい上映時間だったっていう理由で観ました~。 「クローズド・ノート」 ( → 公式サイト  ) 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、永作博美、板谷由夏、サエコ 上映時間:138分  女子大学生の香恵(沢...
クローズド・ノート (創作といろいろ)
映画「クローズド・ノート」をDVDで観賞しました。 これ、思っていたよりもずっと良い作品でした。 教師志望の大学生・香恵が引っ越してきたアパートには 以前住んでいた人のノートが残されていた。 そのノートの主は伊吹という小学校教師で 学校での出来...
『クローズド・ノート』。 (*Honey Cafe Diary*)
エリカさま 目当てで劇場鑑賞してきました。 公式HPはコチラ 。 今回彼女がやらかしちゃった言動は 見るに耐えないものだったけど・・・ 一番ビックリしたのはその後の周りの反応だったかも。 集中攻撃。バッシング。 あらぁー。 日本人の気質を見た気が...
クローズド・ノート [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「クローズド・ノート」(行定 勲:監督/雫井脩介:原作)  を観てきました♪    映画そのものと別なところで  話題になってしまってますが^^;;、  観客の入りはわりとよいみたいでした^^  原作を読んでいないので、  「ノートを介して時空を超え...
クローズド・ノート (mama)
2007年:日本 原作:雫井脩介 監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、黄川田将也、篠井英介、竹内結子、永作博美、サエコ、石橋蓮司、中村嘉葎雄、田中哲司、板谷由夏 女子大生の香恵は、引越し先のアパートで前の住人が置き忘れた1冊のノートを見つける。...
映画評「クローズド・ノート」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり
~*『クローズド・ノート』*~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本映画、行定勲監督、雫井脩介原作、沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、板谷由夏、田中哲司、サエコ、黄川田将也、永作博美、石橋蓮司、篠井英介、中村嘉葎雄出演。 ≪DVD観賞≫